ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

4月から9月まで、私のほうは、オンラインのセミナーの機会が続いていました。大学様向け・企業様向け・一般の方々向け、をひと通り経験させていただきました。

 

そしてユー・イングリッシュの9月の共催セミナー×2(『米国特許出願のための翻訳セミナー』『伝わる英語論文を書くための英語のコツ』)につきまして、ご参加くださいましたみなさま、誠にありがとうございました。

 少しでもお役に立てる情報をご提供できたことを切に願っています。

 

 

Webセミナーの形は様々で、対面と同じくらいインターラクティブなものから、講師の声だけによる一方的なものもあります。

 

いずれにしても、Webセミナーには利点があると考え、結構好みながら行ってきました。

 

ひと区切りつきました今、改めて、コロナ時代をはじめて振り返りました。

 

思えば私、コロナ時代に入ってから出歩くことがなくなり、電車にも乗らなくなりました。

出張で多く移動していたのに、3月以来、私は一度も電車に乗っていない。

そして、これまでになく事務所に出社しているので、机は付箋だらけ。

 

また、4月以降に新しく出会った方々とは、オンラインのままであることにも、気付きました。

生の声を聞かず、画面越しの関係です。

「一度、お電話でもしてみようか」などとおかしなことも思いました。なぜ「おかしい」かというと、お電話とzoomは、電波上の声であることは、同じだから。

 

コロナ時代の変化に順応してきたと考えてきた自分でしたが、本日、初めて思いました。

 

会いたい。

 

そう、セミナーの受講生に「会いたい」。お客さんに「会いたい」。新しい方々とも、できればzoom上の画像補正が入ったフェイクな?姿ではなくて、リアルなほうがきっと自然で良いのでしょう。

 

気付くのがかなり遅かった私。

 

きっとみんなそんな人恋しさを感じながら、コロナ禍の時期を過ごしていたのでしょうね。

 

必死さ忙しさで、これまで考えたことが無かったことでした。気付くと秋になり、はじめて思いました。

 

また対面のセミナーが出来るようになればいいなあ、と。

 

 

 

そんな願いを頭の片隅に置きつつも、ユー・イングリッシュセミナー2021については、現在はオンラインにて検討をしています。

 

いつか対面セミナーが可能になったときには、両方の形がそれぞれの利点を生かして整っていくのでしょう。

 

 

 

さて、ユー・イングリッシュオンラインセミナーについては、詳細が決まれば掲示をさせていただきます。

 

また本当にお会いできる日々が来るまでみなさま Stay safe and healthy.

コメントは受け付けていません。



pagetop