ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

Teaching is learning: 「be動詞」について考えたこと


理系学生への授業を続けています。

 

2006年に大学での講師業を開始して以来、この15年休んだ年はなく、複数大学での授業を続けてきました。

やめてしまうことは簡単ですので、できるだけ難しいほうを選んで、これまで仕事をしてきました。

 

理系学生の理詰めの質問や指摘に直面することは、私にとって、技術英語を見直す良い機会になってきました。

 

振り返ると、様々な指摘や質問を投げかけてくれた学生たちや教員の先生方の姿が浮かびます。冷や汗をかきながら、毎週、英語の宿題を持ち帰ったことも思い出します。

 

■例えば「状態」を表すstate, status, conditionの違いに気付いたのは、ある学生からの指摘がきっかけでした。

 

「超伝導」の話をしているときでした。「超伝導」とは現象phenomenonでもあるわけですが、超伝導体の状態でもあるわけです。「金属の状態」を表すのに、ある学生がconditionという単語を使ってきました。

 

私は英文構造に焦点を当ててその場でのリライトをしていまして、condition→stateに修正することを失念したまま授業を進めました。

 

直後、別の学生が指摘をしました。

 

「超伝導という現象は、何か外的に変化するようなものではなくて、その物質自体が発現するものですから、conditionではなくstateです。」

 

・・・確かに。

 

その後、「状態」に関する考えをとりまとめました。

私が考える「状態」の使い分けはこうです。

 

■stateとは、the state of being、つまり「そのものの状態」。the state of piece(平穏な状態)などから理解を深めてもよい。

使用例は「運転手の状態」「金属の状態」「装置の状態」など。

 

■statusとは、カタカナ語「ステータス」ともあるように、何らかの分類(category)に分けられるもの。例えばコピー機の「スタンバイ状態」などと「名前が付けられる」ような状態を表します。

 

■最後にconditionは、good condition, poor condition(良い状態、悪い状態)のように、「良い~悪い」というように「あるspectrum(範囲)」があり、そのうちの複数状態のうちの1つの状態(つまりlevelのようなイメージ)を指します。

conditionについて少しわかりにくい書き方をしてしまいましたが、もっと気楽に考える場合には、conditioned airは「調整した空気」、「エアコン」はair conditionerです。「あるspectrumの中で望ましいほうへと調整をする」というconditionという動詞と関連付けても、名詞のconditionは理解がしやすい。

ですから名詞のconditionは「温度」とか「湿度」のようなパラメータにも使う。また一方で、自分の「体調」というときにphysical conditionと表したりもするわけです。

 

 

こんな風に、自分なりに理由付けをするきっかけとなるのは、自分に生じる疑問に加えて、他人による指摘も多かったです。

その「他人」として、物事をいつも理詰めで考え、日々難しいテクノロジーの疑問への理由を見出そうと努力をされているの理系研究者は、私にとっては最高の協力者となってきました。

考えるきっかけを与えてくれる上に、自己分析によって英語の世界を解読する力も素晴らしい。

 

 

さて、まえがきが長くなりましたが、今回は、つい数日前、150名くらいの理系学生に英語論文の講義をしたときに得た「気付き」です。これ、長年のモヤモヤが解消した質問でした。

 

 

講義中の私:英語論文ではつい「主語が大きく」なってしまいますので、動詞を早く出しましょう。頭でっかちな主語を避けましょう。

 

学生の質問:頭でっかちな主語を避けるとのことでしたが、このような文は良い例として示されることがあります。これは例外なのですか。頭でっかちが例外かどうか、どうやって判断すればよいのですか?

 

ダメな頭でっかち例1:________________ is presented.

ダメな頭でっかち例2:________________ has been developed.

 

許容な頭でっかち例1:________________ is unclear.

(~は不明瞭である)

許容な頭でっかち例2:________________ is a challenge.

(~は難しい)

許容な頭でっかち例3:________________ is the subject of interest.

(~は注目されている)

 

 

許容な頭でっかち例3(~は注目されている)などは、論文でも多く目にすることがあります。頭も大きいが、述部も若干大きくして、the subject of interestと「the」も使って固く表現しているのでOK、などとこれまで学生に説明したことがあります。この説明、説得力があるような、無いような・・・。

 

さて、今回質問を受けた直後には、「頭でっかち+受け身」をまずは避けてみてください。例えば、ダメな頭でっかち例1:________________ is presented.であれば、無生物主語を立てて、The paper presents ________________.としたり、We have developed ________________.とすれば避けられることがあります、と解説をしました。

 

 

しかしその後、改めて考えた私の気付きは、次の通り。

 

■そのカギは「be動詞」にあります。

 

be動詞というのは、「状態」を表し、主語を定義します。

 

I am a translator.で「自分」=「翻訳者」と定義します。

I translate technical documents.と比べて、静かに状態を定義する分、しっかりと主語を受け止める、というように考えられます。

 

ですから、主語が長くなっても、その主語をしっかりと受け止めて、それを定義する述部、つまりC(補語)の部分へと、情報を受け渡してくれるのです。

 

________________ translates technical documents.のように主語が長いと、読み手は他動詞が出てくる頃にはすっかり疲れてしまった上に、そこから他動詞と目的語による「ダイナミックな動作」を読まなくてはいけない。負担が大きい。

 

一方で

________________ is _____________.という表現では、be動詞が「力持ちな手」を広げて、主語を支えてくれる。そして、「述部とはイコールですよ!」と表してくれるので、読み手は安心して述部を読めるのではないでしょうか。述部が長い場合であっても、短い場合であっても、大きな難なく読める。

 

そんな風に「頼りになるbe動詞」も上手く使いこなしたいものです。

 

■頼りになるbe動詞の姿を論文から見てみましょう。

However, knowledge of preferences and uses of UGS by urban dwellers is still lacking.

(lacking = 形容詞・不足している)

タイトル:Environmental and socioeconomic factors influencing the use of urban green spaces in Coimbra (Portugal)

SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT、巻792、記事番号148293、発行OCT 20 2021

 

なお、due toでバランスを取っているような場合もあります。

Historically, preventing and controlling pandemics in cities has always been challenging due to various factors such as higher population density, higher mobility of people, and higher contact frequency.

SUSTAINABLE CITIES AND SOCIETY、巻72、記事番号103034、発行SEP 2021

 

加えて、be動詞をremainに変えたSVCも魅力的です。

Assessing and quantifying the options for SI remains a challenge due to its multiple dimensions and potential associated trade-offs.

ECOLOGICAL INDICATORS、巻129、記事番号107870、発行OCT 2021

 

 

上記はWeb of Scienceというデータベース(クラリベイト社提供)を使って検索した論文からお借りしました。

 

 

このように、毎回の学生の疑問を自分の中で咀嚼して、次の講義ではもう少し上手く学生の質問に答えられるように準備をしておく。それが、これまで私が行ってきた方法です。

Teaching is learning.です。

 

 

さて、次のオンラインセミナー(無料)では、上記を少し解説に取り入れる予定です。

先日質問してくれた学生が参加してくれるとよいのですが・・・(講義内での回答の補足になれば、と願って)。

 

*****

2021年9月16日(木)14:00-14:45 

オンライン開催『英語論文アブストラクトの執筆が上手くなるには』

https://interest.clarivate.jp/202109_16_webinar_wos(お申し込みサイト)

お申し込みをいただけましたら、録画の配信もあります。

どなたでもご参加いただけます。使用する資料は開始1時間前に配布させていただきます予定です。

*****

 

関連して、クラリベイト社のブログにもお邪魔しています。

関連ブログ:https://clarivate.com/ja/blog/wos-uenglish-collaboration-2021_09/

 

 

みなさまにお会いできますことを楽しみにいたします。

Webセミナー【和訳・英訳 第2期】サンプルセミナーを行います


2021年ユー・イングリッシュWebセミナー第2期の募集を開始させていただきました。

和訳と英訳の両方から学ぶテクニカルライティング

https://www.u-english.co.jp/seminars/2021/1.html

 

テクニカルライティング、つまり実務の英語ライティングを習得するにあたって、英語の理解だけでなく、日本語の理解も大変重要と考えています。

 

私、中山は翻訳者と技術英語講師としての20年間に英文ばかりを扱ってきました。そこで、英文のリライトはもはや自分の一部になっています。

 

自分が訳したもの、他の人が訳したもの、訳ではなく日本人著者が直接書いた英文、いずれの場合も、およそ英文を読むと同時に、どこをリライトすればよいかが浮き上がります。

 

ClearとConciseの観点から、英文が話しかけてくる。「ここを変えて」「私は本当は文の前のほう」「ここが長いんです、困った」「ぎゅうぎゅうに表現が詰まって、息苦しい・・・」などと。

 

Correctの観点においても、「冠をかぶりわすれていまして、なんだかフワフワ浮いて飛んでいきそう・・・」とか、逆に「theがたくさん入って、文が流れない。読む人の目を何度も止めてしまうので、なんとかして」、また「ここの前置詞は不適なので交代お願いします」といった声が聞こえることがあります。

 

さて、そんな風に私が英→英リライトを手がけてきた頃、今回も講師をお願いしています中村先生は、平行してどこかで日→日リライトのスキルを磨いておられたのかな、と思っています。

 

私は日本語が下手なのですが、中村先生は日本語が大変上手い。

ご自身の頭の中にあるロジックにしたがい、スラスラと日本語をリライトされることを目の当たりにする機会があり、こういったスキルは皆に共有してもらうことで世の中の役に立つのではないか、と考えました。そして、ユー・イングリッシュセミナーをお願いするに至りました。

 

さて、和訳・英訳セミナー第2期の参加者の募集にあたりまして、今期もサンプルセミナーを行います。

 

和訳と英訳から学ぶテクニカルライティング サンプルセミナー(無料)

6月24日(木)開催:

第1部 和訳:13時30分~14時15分(担当講師 中村泰洋)

第2部 英訳:14時30分~15時15分(担当講師 中山裕木子)

各質疑応答5分を含む

 

Zoomウェビナーで行います。こちらよりご登録をお願いいたします。

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_fI5ZxvPCT82DwTvXVTDIag

 

 

7月よりはじまります本番のセミナーのご受講をご検討の方も、そうでない方も、気軽にサンプルセミナーを覗きにきていただけると嬉しいです。

 

ご参加いただけます皆様に、楽しい時間と、そして何か一つでもお役に立てる内容を見つけていただけるようにと考えています。

 

皆様にお会いできますことを楽しみにしています。

English! コロナボキャブラリーのお話


久しぶりのブログ更新となります。みなさまお元気でしたでしょうか?

私、中山は英語チャレンジを続けながら、日々を過ごしています。

 

さて、このパンデミックyearにて目にしたのは、新しい英単語。

 

言葉は人が便利に使うものですから、時代ととともにゆるやかに変わりますが、激動の1年だったために、その変化を実際に感じることができたことは興味深かったです。

 

いくつかご紹介。

 

■まずは「ソーシャル・ディスタンス」=「社会的距離」

 

本題の前に、基礎を確認。

 

このソーシャル・ディスタンスという言葉は、名詞で使うとWe must keep a social distance.

このときdistanceは例えば1.5メートルなどと「値」を想定しているので、必ずaが付きます。We must keep a social distance of 1.5 m.

 

一方、動名詞にして、social distancingとすると、We must maintain social distancing.などと表現。このときはdistance = 「距離を取る」という動詞を名詞の形に変えた動名詞のためsocial distancing「社会的距離をとること」は不可算、無冠詞。

 

さて、基礎を終えたので本題。

 

面白いなと思ったのが「distance」を自動詞で使う場合の表現です。

 

We must social distance.といった類のsocialまでをまとめた動詞表現が使われるのを(主にニュースで)多く聞いたのです。

具体的には、People are expected to social distance and wear face masks.など。

 

はじめ耳にしたときは、「あれ?distanceを今自動詞で使った?しかもsociallyではなく?」と耳を疑いました。

通常であればWe must socially distance from other people.などと「socially = 副詞」を使って表現するはずですが(physically distanceのように)、2021年、social distanceは1つの動詞を作ろうとしていました。

 

 

social distance「社会的距離を(他人との間に)取る」の自動詞表現。

随所で耳にしながら、「ハイフンは入っているのだろうか」「そのうちsocial-distance(社会的距離をとる)→socialdistanceなどと一語の動詞になる日はくるのか(多分来ない)」「Ngramviewerで確認する日がくるのか(わからない)」などと一人で興味深く想いを膨らませました。

 

 

■そしてここ1週間ほどの私のヒットは「マスク」という単語です。

 

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)がfully vaccinated Americans(ワクチン接種を終えたアメリカ人)のマスク着用(および社会的距離)について、方向転換したガイダンスを出したニュースが賑わいを見せていました。

 

outdoorsのみならず、indoorsでもマスクmandateが取り払われた。way too earlyという反応する人いれば、I’m so excited.と喜ぶ人も。

 

そこで使われたのが、動詞の「mask(マスクを着用する)」と「unmask(マスクを外す)」。

 

unmaskは辞書を調べると「仮面を取る」や「正体を露わにする」などしか載っていない辞書が多くて、ネイティブ英語圏がマスク文化ではなかったことが伺い知れます。

 

しかし今、「マスクを取っていいのか」という議論が続く中、「mask(マスクをつける)」と「unmask(マスクを外す)」、特にunmaskのほうの動詞使いが多くのニュースで見られました。

 

→「英語はやはり動詞が好きだなあ」と実感していました。

 

他にも、形容詞maskless(マスクなしで)も多く使われました。

 

→「英語は否定の内容の肯定表現が好きだなあ」と実感していました。

 

他にもマスクのボキャブラリーを沢山拾いました。

 

マスク着用の義務

mask mandate

 

マスク着用の義務を取り払う

lift/remove mask mandate

 

マスクを外す

take off/remove/ditch/shed your mask

 

*ditchとshedはとても面白いですね。ditchなどは、はじめとても口語的?そのニュースキャスター固有?と思ったのですが、他のニュースキャスターも続いてどんどん使っていたので、とてもアメリカらしいと思いました。

 

 

■さて、コロナボキャブラリーをさらにいくつか。

 

vaccine rollout

ワクチンの接種展開

 

vaccinated/unvaccinated

ワクチン接種済み、未接種

*unvaccinated children(未接種の子ども達)がいる場所では大人はマスクを外すか否か、の議論のところでunvaccinatedが何度も使われました。子供は現時点ではワクチンを受けられないため。

 

vaccine hesitancy

ワクチンを受けたくないこと

 

mass vaccination site

大規模接種会場

 

one-shot/dose vaccine

1回打つタイプのワクチン

 

two-shot/dose vaccine

2回打つタイプのワクチン

 

milestone

顕著な数

*hit a milestoneなどとして「ある数に到達した」という意味で使われましたが、それが「良い意味」のときと「悪い意味」の時が平等にあったのが、面白かったです。

良い意味とは「ワクチン摂取率X%達成」、悪い意味とは「感染者数が~に到達してしまった(COVID-19 cases reached a milestone of ____.)」。

なお、悪い意味のときにはgrimが付くときもありました。hit grim milestonesなど。

 

 

blood clots

血栓

 

 

少し難しいもの。

jeopardized

= in danger

*The J&J vaccine(ジョンソン&ジョンソンのワクチン)で血栓が報告され、数日間のpause(接種停止)の時期がありました。そのニュースのとき、The J&J vaccine is jeopardized.という文脈で耳にしました。

「この単語は私にとってnew!」と思わず書き留めました。

→のちにjeopardy(名詞)が実際にTOEICに出てきたので驚きました。ボキャブラリーはコツコツ増やすことが大切とわかりました。

 

 

さらに、もう1つ

curfew

夜間の外出禁止

 

*知っている単語でしたが、実際に自分で発音をしたことがなかったので、耳にしたとき勉強になりました。自分でも発音もしっかりと練習しておきました。

 

 

 

非ネイティブ・ネイティブ問わず、言葉はアップデートをする必要があると考えています。

そのように考えると、私たち非ネイティブも、非ネイティブだからわからない、非ネイティブだから知らない、とあまり気負わなくてよくなり、逆に心が軽くなると感じます。

 

仕事から離れたときの私の「英語の楽しみかた」のお話でした。

お読みいただき、Thank you!



pagetop