ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

私の仕事への向き合い方


これが出来たら、素晴らしい。

これは今の世の中には、ないだろう。もしあったら、役に立つだろう。

 

と思うアイディアがあるとします。

 

しかし、自分にはこれを行うだけの、包括的な知識が無い。

 

これを行うには、A, B, C, D, Eが必要。自分が持っているのは、AとEのみ。では、BCDはどうする?

といった場合があります。

 

そんなとき、通常はおそらく、自分はAとEを担当して、残りのBCDは別の人に協力を求めるのでしょう。

チーム、という考えです。

 

しかし、BCDを別の人にお願いすると、A-Eの一貫性が保てない。

また、BCDが自分の意図したものになるとは、限らない。

 

そんなとき、私は考えます。

 

弱い心がささやきます。

自分はBCDを有していないのだから、このプロジェクトには、不適では?

身を引きなさい、あなたには、出来ないのだから・・・。

 

適任じゃないよ。BCDを持っている人が、他にいるんだから・・・。

 

 

やめてしまう、身を引く、というのは、実は最も簡単な選択肢。

最も簡単で、楽な選択肢なんです。

 

すると次に、強い自分がささやきます。

 

よくよく考えてみて、BCDを持ってる人には、AとEが無いんだよ。それなら、BCDを持っている人とあなたは一緒じゃない。あなたにはAとEがあって、BCDが無いんだから。

 

そこで、冷静な自分が、考えます。

 

果たしてA-Eまでを持っている適任者は、いるのだろうか・・・?

 

冷静な自分が出した判断は、AからEまですべてを持っている人は、いない、かもしれない。

または、もしいるとしても、別のプロジェクトに忙しくて、これに時間を割いて取り組もうという物好きではないだろう。

 

 

そのようなわけで、flawed、つまり欠陥、欠損だらけの自分ですが、BCDの部分は、「ヤル気」だけで、補わせていただくことにします。

 

そう、役に立つもの・ことができるかもしれない、という意欲にて、その部分、なんとか情報収集して、補わせていただきます。

 

今回は、あるプロジェクトに当てはめて、このようなことを考えていたのですが、私の仕事の選択は、いつもこのような過程を経ていることに気付きました。

(簡単な例では、技術翻訳者は理系であるべきか?文系であるべきか?の論争にも当てはまりそうです。)

 

弱い自分が「やめておけば?」とささやきます。しかし、強い自分と冷静な自分が判断をして、自分を前に押し出します。

 

なぜか仕事というのは、いつも自分の能力よりも少し難しいものなのです。

「完全に自分にできる仕事」であれば、きっと平易で楽なのだろうな、と思うのですが、難しい仕事を経て、自分を押し上げていくしかないのが現実です。

 

仕事=お金をいただくこと、とは、きっとそういうことなのだと思います。

自分が持っているものだけをただ簡単に手渡していくだけなら、お金をいただくだけの価値が得られない。残念ですけれど。

 

さて、そこにServe!というビジネスの基本があるのでしょう。

 

We cannot serve ourselves. (自分にserveするような仕事には、価値がない)

We must serve others by maximizing what we have and developing and offering even more than what we have.(自分の持てるもの、望ましくは自分が持てる以上のものを、他の人にとって価値があるものへと変えて提供する)

 

きっと、それがビジネスの基本なのでしょう。

 

 

頭の整理ができたところで、さて、頑張ります。

 

ブログを読んでくださり、いつも誠にありがとうございます。

 

翻訳者募集のお知らせ


スタッフが会社を去るとき、会社はどのような気持ちなのでしょう。

 

経営者にとって、スタッフが会社を去るときは、とてもつらい、と聞いたことがありました。

 

 

確かに・・・。

 

長く勤めたスタッフが会社を去るとき、心が折れるでしょう。

 

 

さて、その先は、もう大丈夫。経験値ができればもう大丈夫、慣れるよ、などとも、聞いたことがありました。

 

 

しかし次も、やはり心が折れるでしょう。

 

 

ユー・イングリッシュにチームとして関わってくれた人材、どうもありがとう。

 

今、幸せかな?

 

余計なお世話でしょうけれど、とにかく健康かつ幸せであって欲しい、というのが私の心です。

 

 

 

 

そして、現在のチームユー・イングリッシュ、いつも本当にありがとう。

 

私、中山、一人一人に大変感謝をしています。

 

 

人というのは、本当に、みんな違って、みんないい。

 

おこがましいですが、それぞれの「光るところ」を見つけて、その輝きが増すような仕事をできる限り割り当てさせていただきたいと思っています。

 

 

 

さてさて、空いていた一つの空席、今回募集を開始いたしました。

 

 

コロナに負けず、働きたい方、ご応募いただけますことを心待ちにしています。

 

 

ユー・イングリッシュ 採用情報   https://www.u-english.co.jp/recruit/

論文アブストラクトのパターン―4月のWebセミナーより


大学でのWeb授業がはじまりました。

 

1週間、3つの大学で授業を行いまして、まずはzoom授業の特徴をある程度把握することができ、また自分の授業スタイルも確立できそうに思っています。

 

今週の反省は、zoomで音声が途切れやすいので、通常の授業よりもゆっくり・はっきり話すこと。

学生にはイヤホンの使用を促すこと。また、できる限り、合わせて共有画面にタイプして視覚からも理解を促すこと。

また、クラスメートに自宅を覗かれたくない人もいると思うので、それから講義スライドのキャプションを受講者が取るときの映り込みを避けるため、受講者が顔出しをするのは、私は講義の前後、挨拶をして皆で集まるときだけ、としています。受講者の顔出しに関しては、まだ課題です。

 

受講側の学生も、慣れない環境で大変でしょう。

自宅でのリラックスした環境と、講師とのマンツーマンに近いダイレクトな授業、というミスマッチに慣れるまでやや大変かと思います。

zoomの利点を活かしつつ、できるだけ学生がストレスや違和感を覚えることなく、参加しやすく、学びやすい授業にしたいと考えています。

 

 

さて、学生に論文アブストラクトの書き方を指導することがあります。

ライティングのコツを伝えつつ、各自の分野のアブストラクトを持ち寄ってもらって議論をしたり、皆でクラスメートの異分野の論文を読むことも取り入れます。

 

ライティングに加えて、読んで真似たいパターンを探してみる、というインプットのほうも平行して行うべきと考えています。

持ち寄っていただくアブストラクトは「読みたいもの」ならどれでも良いのですが、インパクトファクターの付与されたジャーナル(例:Nature)に掲載された論文は、表現をそのまま吸収したいものが多いです。

一方で、論文によっては(おそらくジャーナルによっては)、反面教師のようになり、「このようには書かないでおこう」ということになり、表現を吸収する授業から、表現をリライトをする授業に早変わりするような場合もあります。

いずれにしても、現実の英語論文を読むことは大切と考えています。

読むことを通じた学生の気付きについても、大切にしたいです。

 

 

さて、英語論文のアブストラクトの書き方は様々ですが、内容を展開するためのある程度の英語表現のパターンが見えてくることがあります。

 

アブストラクトの内容は、原著論文の場合、「課題→理論/実験→得た知見→結論」です(ACSスタイルガイドより)。

 

そこで、およそ次のように内容が展開されます。

 

*****

冒頭1-3行:導入・課題【現在/現在完了】

中程:行った実験/理論【過去/現在】

終わり:得た知見や結論/今後【現在・助動詞や推論を表す動詞】

*****

 

「動詞」に着目をして、前から前から英語を読むという方法で行うと、素早く読むことができます。

 

動詞を見るときには同時に「時制」と「助動詞(あれば)」も目に入ります。

頭の中で動詞にハイライトを付けてざっとアブストラクト全体を見るだけでも、アブストラクトのどこに何が書いてあるかがおよそ分かります。

 

日本語のように漢字を頼りに斜め読みすることが英語ではできませんが、代わりに動詞を探して全体を眺めること、そして全体を把握したら、読みたい文を前から前からぶつ切りにして読むことで、素早く読み進めることができます。

 

●動詞に頭の中でハイライトをする

 

 

 

・・・

このような「英語の読み方(上のアブストラクトサンプル付き)」を、先の4月:クラリベイト主催Webセミナー『【研究生活でつまずかないために!】あなたが「本当に読みたい」英語論文を早く的確に探す方法』にて、提示させていただきました。

 

セミナーでは、英語は前から前から読む、ということをお伝えさせていただきました。

 

録画が公開されていますので、よろしければご覧いただけましたらと思います。

 

 

https://youtu.be/3iVESJqdxD8

 

 

本セミナーは、秋に第2弾を担当させていただく予定があります。個人的には、秋に向けて、種々の論文から英語表現のテンプレートを作りたいな、と考えているところです。

 

 

さて、無事に学生達に会えた5月。

 

研究者の方々が日本の素晴らしい技術を世界に発信されるお手伝いができるよう、私もエンジンをかけて、努力していきたいと思います。



pagetop