ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

京都の3語セミナーはfull of 佐藤さんのfans


京都のNHKカルチャー教室で3語英語の講座を担当させていただきました。

 

京都での3語英語のこのようなセミナーははじめてでしたが、特に深く考えずに、次のようなスライドも準備をして、いざ、セミナー会場へと向かいました。

 

 

 

 

3語の英語では、簡単な動詞を使った3語の練習をしていただくのですが、それに加えて、文法もどんどん練習いただきます。

 

助動詞や副詞でニュアンスを加えたり、分詞や前置詞で情報を加えたりします。

 

 

 

近隣である大阪からのご参加者も少し意識しつつ、文法の説明を予定。

 

 

 

 

 

 

・・・ところが今回、セミナーご参加者25名のうち、多くの方々が京都のラジオDJであられた佐藤弘樹さんのファンであったことに、驚きました(佐藤さんのことはこちら)。

 

講座開始前から、佐藤さんがラジオ・ワンポイントイングリッシュで使ってくださっていた私の書籍『英語は3語で伝わります』に付箋が沢山ついているものを見せてくださり、佐藤さんのレッスンが突然ここで終わってしまった・・・、と複数の方がお声がけくださったのです。

 

拙著『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』100例文中の85例文目

 

 

そんなことで、京都にて集ってくださったご受講者のみなさまに、思わず、We all miss Mr. Sato.などといったセミナーの開始となり、We thank him. We love him. などと、私も思わぬ展開となってしまったわけです。

 

しかし、We will enjoy this opportunity, OK? などと、開始時から、みなさんどうし、そしてみなさんと私との連帯感も相まって、とても素敵な時間を過ごさせていただきました。

 

 

助動詞の説明の箇所では、私は自分の書籍の終わりのほうの助動詞の例文について、佐藤さんがどのように解説されるかなってとても楽しみにしていたんです、などと振り返りまで・・・。

 

そうしましたら講座が終わって、「佐藤さんきっと、大丈夫、いい説明だった!、ってお空で言ってますよ。」などと受講生に合格をもらって、本当にありがとうございます。

 

 

思わぬ追悼の場を経験させていただき、京都の方々の深い愛情が伝わってきました。

 

 

さて、セミナーはみなさん、とても活発に3語の英語を話してくださいました。

 

演習では、Everyone just cannot stop speaking about themselves!

 

タイマーがなっても、私が少しお声がけをしても、They never stop speaking in English!

 

積極的なお姿に、感銘を受けていました。

 

 

 

さて、90分のノンストップセミナーが終了。

 

 

そうしましたら、サインをください、と拙著を持ってきてくださる方が複数名。

 

サインとともに、英語で何か書いて。

 

英語の言葉を沢山書いて。

 

いくつでもいいから思いつくもの色々書いて。

 

などと言ってくださったので、次のような言葉をいくつか書いたりして。

 

 

Enjoy the beauty of English!

Love ♥ English!

Practice makes perfect.

 

長い言葉でもいいから、何か英語の勉強に渇をいれる言葉を、とのことで、次の言葉も。

 

Success is a continuous journey.

 

そして、「私にも、今からでも、英語、できますか?」

「年齢がどうしても気になっていて、今からでも、できますか?」

 

とおっしゃったので、上記に1つ、書き加えました。

リクエストのままに、バラバラと5つも書いてしまった。

 

さて、仕上がったサイン

 

 

Age is just a number.

Enjoy the beauty of English.

Love ♥ English!

Success is a continuous journey.

Practice makes perfect.

Yukiko Nakayama 2019. 11. 2

 

 

 

*****

Age is just a number. 年齢はただの数字(アメリカの言い回しと思います)

Enjoy the beauty of English.  Love ♥ English!   英語という言葉を楽しんで

Success is a continuous journey. 続けること

Practice makes perfect.  鍛錬あるのみ

*****

 

京都のみなさま、今日は素敵な時間を一緒に過ごさせていただいて、本当にありがとうございました。

 

Love ♥ Kyoto

Yukiko Nakayama

英語の理解を深めるためにも柔軟な頭―講師業より


本日の学生の質問。

 

I could pass the exam.  試験に受かったの?受かってないの?

couldには仮定法の意味があるから、「できた」か「できていない」かが分からない。

 

このことを、理解しているんです。

 

(私:よく勉強していますね~)

 

しかし、先生のTEDトークで、I couldn’t speak English.って言ってましたよね。

あのcouldn’tは、「できなかった」のか「できなかったわけではない」の両方を表してしまう、ということにはならないのでしょうか。

 

(私:5年前のTEDxですか。あー、見ましたか)

 

 

中山解説:

couldには仮定法「できるはずなのに」や「できたはずなのに」の解釈の余地があるのに、なぜcouldn’tにはそんなニュアンスがほぼ残らないのか。

それは、人間が使う「文脈」の問題である、と考えています。

 

「できたはずなのに」

「できるはずなのに(もう少し時間があれば・もう少し頑張れば・私にだって)」

 

これらは、人間生活において、よく生じる状況なのでしょう。

 

 

「できないはずなのに」

「できなかったはずなのに(~であれば)」

 

一方こちらのほうは、そもそも、使う状況が少ない。

 

単に「できなかった」= I couldn’t do it.のほうは、使う状況が遥かに多い。

 

ですからI couldn’t speak English.と言っても、「私は英語が話せないかもしれない」や「話せなかったかもしれない」という意味にはならず、「話せなかった」という単純過去の意味になります。

 

 

couldn’tが仮定法の意味になるのは、とても限られた、例えば次の文脈を思いつきます。

 

 

How are you today?       (調子はどう?)

Couldn’t be better.            (最高だね=これより良くなることなんてないくらいだよ。)

 

 

couldn’tを仮定法の意味で使う文脈は、これくらいかな、と思います。

 

 

そんなことを、学生へ話していたら、学生は「あー、確かに」と納得した様子でした。

 

 

英語は言葉ですから、人が便利に作っている。

人が使う状況を少し考えてみると、色々なことが見えてきます。

 

英語は「勉強すべき教科」ととらえて頭が固くなってしまうと、行き詰まってしまうことがあります。

 

すべての表現が同じように説明できるわけではない。それぞれの単語が異なる意味を表すので、扱いも変わるのです。

 

 

似たような話をもう一つ。

「できない」を表すcannotとcan not。

 

can notは強意、と辞書にあります。

cannot は普通の表現です。

 

人にが「それはできない!」と言わなければいけない状況は多くあるでしょうから、cannotという自然なトーンの表現と、can notでnotを強調する表現の二種に分かれたのでしょう。

 

I cannot take this job.(この仕事、無理です)

I can not take this job.(この仕事、私には絶対無理です)

 

一方、mayの場合にnotを強調する表現は特に無いので、maynot と may notの2つの表現は必要がない。ですからmaynotは存在しないのです。

 

ところがmaybeは存在しています。「may be(~かもね)」という文脈が人の生活において多くあるためです。

canbe(なりえるだろうね)という表現は無いのに。

 

 

そんなことを考えるとき、言葉を理解することは楽しいな、と感じます。

 

 

翻訳文の英語を扱うときも、同様のことをいつも考えています。

 

なぜこの単語はOKなのに、この単語はダメと感じるのか。自分が持つ違和感はどこからくるのか、それらを自分なりに分析しながら、表現を選んでいます。

 

 

気がつくと固くなる頭を意識的に柔らかくして、物事の本質を捉えること。

難しいけれど、仕事をする上で大切と考えています。

セミナー色々が終わりました(感想)


8月から9月にかけて、セミナーに色々とお呼びいただいていました。

ここに一部の感想を記載いたします。

 

●3語英語セミナー(名古屋)

名古屋での3語英語セミナーでは、色々な年齢層の方々にお越しいただき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

「元気な日本」を思わせてくれる、学習意欲の高い方々に恵まれました。

シニア層もいらっしゃるとお伺いしておりましたが、シニアの方々のパワーも素晴らしくて、中山の特急講義についてきていただき、誠にありがとうございました。

 

お別れ際には英語でひと言くださった方も多くて、Thank you.やI had fun.に加えて、「また会いましょう」、と英語でもおっしゃってくださいました。

 

英語で「また会いましょう」って、意外に難しいですよね。

 

See you next time….とおっしゃり、next timeでいいの?という感じに迷っておられたので、私は次のように相づちをお返しました。

 

I’ll see you soon!(また会いましょうね!)

 

あと、「また会いましょうね」は、予定が確実に決まっていない場合には、次の表現もよいと思います。

 

See you around!(またどこかで!)

 

3語英語のセミナー、皆様を少しでも元気にできたことを願っています。

 

同様のNHK様カルチャーのセミナーは、京都でも開催させていただくことになりました。

機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

 

NHK文化センター 京都教室 英語は3語で伝わります

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1182732.html

 

 

●3語英語の夏~これから

3語英語は、若い方々へも伝える取り組みが増えるといいな、と思っていましたところ、この夏は、ある県の教育委員会様にお呼びいただくことができ、高校生300名ほどに講演をしてきました。

「グローバルな発進力」に関してとてもアクティブな取り組みをなさっていて、感銘を受けました。

 

グローバルな発進力、という意味での「英語プレゼン」について、若い人達を対象とした取り組みは素晴らしいことです。

現役で英語を学んでいる高校生達の英語力はやはり素晴らしい、と今回も思いました。

英語プレゼンといった「体験」を通じて自信が付いたり、周りの友人や先生から褒めてもらったりできれば、受験勉強の英語力も高まると思います。

 

発進力について、より時間をかけた学びの環境が高校といった現場でも整っていくといいですね、と感じていました。

 

 

 

●名古屋技術英語セミナーでのご質問回答

JSTCの名古屋セミナーでは、色々な分野の短文英訳を通して文法を総復習するセミナーを担当させていただきました。

 

いくつかご質問があがっていましたので、ここに触れさせていただきたいと思います。

 

前置詞、to不定詞、分詞、関係代名詞・・・、と文法基礎を学んでいけば、こんな風に、少しずつ文を長くしていくことも可能です。

 

例文

To make wafers, silicon is purified, melted, and cooled to form an ingot, which is then sliced into discs called wafers.

(https://www.intel.ca/content/www/ca/en/history/museum-making-silicon.html)

 

ご質問:

calledの後ろの名詞は、無冠詞単数形になりませんか?

 

講義内回答:

はい、ならないと考えています。

calledは分詞ですし、用語の定義というわけでもないので、後ろの名詞は、基本的に通常の名詞と同じ扱いをします。

ここでは「インゴット」をスライスすると複数のdiscsが生じますのでdiscsが複数形で、discs = wafers(ウェハー)ですので、wafersも複数形です。

 

 

このcalledの後ろが無冠詞単数形にならないのか、という質問は、何度か受けたことがあります。

しかしもともとは、次のような文と同じですよね。

 

Carbon Monoxide (CO) is called a silent killer. This colorless, odorless, tasteless gas can be found in many common fuel-burning appliances.

(https://myemail.constantcontact.com/Carbon-Monoxide–The-Silent-Killer.html?soid=1129150017763&aid=soGtX0eLSNw)

 

ああ、この英文も、とても良い!

a silent killer(数える名詞での定義)、colorless, odorless, tasteless(無~という表現)、can be found(意図した受け身)、などポイントが盛りだくさんです。

 

 

なお、先のcalledについては、弊社ネイティブ顧問にも念のため確認をしましたが、同じ意見でした。

名古屋セミナーでは、ネイティブの意見の取り入れ方、といったお話も少しいたしました。みなさんに参考にしていただけるといいなと思います。

 

先に「定義ではないから」、としましたが、定義というのは例えば次のような場合です。

 

The term working memoryが用語の定義の部分です。

 

The term working memory is used most frequently to refer to a limited capacity system that is capable of briefly storing and manipulating information involved in the performance of complex cognitive tasks such as reasoning, comprehension and certain types of learning.

(http://www.scholarpedia.org/article/Working_memory)

 

ちなみに、このThe term working memoryは、私たち日本人が書くと必ずThe term “working memory”となります。もちろん引用符があっても良いのですが、The term working memoryといった書き方も英語では見られるので、引用符が個人的に好みでない私は、そのまま書いてしまうことが多くあります。

 

・・・英語の話は尽きません。

 

 

さて、名古屋セミナーでは、資料を一から作りましたので結構な準備期間でした。

私はいつも資料の倍量を実際は作っており、減らしたのですが、それでも詰め込み過ぎてしまいました。

 

名古屋の方々はいつもレベルが高くモチベーションも高く素晴らしい方々なので、少々張り切ってしまいました。時間が足りなくなってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

資料を減らして英語の雑談話を色々入れてもらうのもよかったかも・・・といったアンケートの声もありました。

ありがとうございました。

 

 

●あとは、少し遠方の土地にも、企業様にセミナーにおじゃましました。

明るい光が素晴らしい土地で、人格の形成というのは、太陽の光とか、空気感とか、そういうことが影響するんだろうな、というように、そちらの地域の方々はとても親切で暖かい方々ばかりでした。

 

次のようなご受講者のお声も、とても嬉しいものでした。

 

***

晴らしいセミナーの機会を与えて頂き感謝いたします。

 

参考資料も英語の資料を作成するのに非常に有意義なものですし、

リライトも、普段自分の英作文を直接添削してもらえる機会はないので大変貴重でした。

 

先生は本職の翻訳業務以外にもセミナーなどで本当にご多忙だと拝察いたします。

そのような中 セミナーの翌朝には資料を送付下さったり、3回も教えに来て下さったり

惜しみなく知識を伝授してくださる姿に感銘しました。

 

セミナーの内容は 押さえておきたい重要なエッセンスが詰まっていて、目からウロコ的な貴重な情報もふんだんですべて吸収したい内容でした。叶うなら1日だけでなくもっとたくさん学びたいです。

***

 

ありがとうございました。またお会いできますように。

 

 

●東京方面では、翻訳会社様へとお邪魔をしました。大手の翻訳会社様にてセミナーをさせていただく機会が昨今増えました。多くの翻訳者様にお目にかかれて光栄です。

 

予想していた通りの素敵な会社様で、翻訳者を大切にし、人を大切にされているトップの方のお人柄が、一体感のある会社像へとつながっているのだろうなと、ご様子を垣間見させていただきました。

 

こちらの会社様では、ご依頼時から最後のお別れまで、社長ご自身が本当に丁寧にご対応くださったことが印象的でした。多くを学ばせていただきました。

 

セミナーでは、こちらもまた張り切りすぎてしまい、詰め込みんだ資料となりました。

 

男性陣のベテラン翻訳者の方々からは、「テンポが早かった」とのご意見もいただきながら、「楽しかったですよ!」と笑顔で言っていただいたのはとても嬉しかったです。

女性ベテラン翻訳者には、「3分翻訳」が単純に楽しかった、とお声をいただき、演習を少し入れてよかったです。

 

 

お別れ際に社長から、「とてもユニークなセミナーでした。」とお声がけいただきました。

 

ユニーク、とは最高のお褒めの言葉。

多くの失礼もあったというのに、ご配慮ありがとうございました。

 

 

 

さて、今年の年度もあと半年、みなさま良い日々を過ごされますように。

 

私も後半戦に向けて、そろそろエンジンをかけて行きたいと思っています。

pagetop