ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

翻訳はこんなにもむずかしい?―今さらながら、わかったこと

日英技術翻訳の仕事は難しい。

 

いつかラクになるのか? と思ったことはありませんか。

 

→いえいえ、次から次へと、難題がふりかかります。

 

いつまで経てば、扱う技術分野すべてを網羅できるのか。

 

→日進月歩の技術を扱う特許をはじめとした文書を翻訳するのですから、決して分野をすべて網羅する日は来ないでしょう。

 

いつまでも勉強で、いつまでも「頭の奥が痛くなる」技術翻訳の仕事。

 

これが技術翻訳の醍醐味なのですけれど、「いつまで、いつまで難しい?」と思ったことはありませんか。

 

私自身は特許に限らず、一般技術文書を翻訳することもあるのですが、「なぜ? This does not translate. Why?」

 

「英語にならない。なぜ?」

 

と思うことが最近もありました。

 

原文の日本語が「日本語らしい文章」であればあるほど、第1ドラフトで英語になりにくい。

 

頭の奥が痛くなり、「私の日英翻訳・リライトキャリア20年はどこへ行った?」「なぜ第1ドラフトの日英翻訳に苦しむ?」

 

こんな風に感じる案件がいくつかありました(特許ではない)。

 

そこで、今さらながら、確認したことがあります。

 

それは、日本語が「ぼんやり」していて、英語が「はっきり」しているから。

 

日本語が「行間を読ませる」「空気を読ませる」言葉で、英語は「行間を読ませない」「文字を読んだままの情報が伝わる言葉」だから。

 

こんな当たり前のことを、再確認したのです。

 

自分の英語力が足りないわけでも、日本語理解力が足りないわけでもない。技術も調べ尽くした。

 

ただ、「違う」のです。日本語と英語が。

 

Different.

 

「アメリカを代表とするローコンテクストな文化」と「日本を代表とするハイコンテクストな文化」

 

なお、low context は「文脈が少ない」、high context は「文脈が多い」。

 

*****

ローコンテクストな文化では「良いコミュニケーションとは厳密で、シンプルで、明確なものである。メッセージは額面通りに伝え、額面通りに受け取る。」

 

対するハイコンテクストの文化では「良いコミュニケーションとは繊細で、含みがあり、多層的なものである。メッセージは行間で伝え、行間で受け取る。」(「異文化理解力〈エリン・メイヤー〉」より)

*****

 

日本語をもとに英語で表現するときには、このギャップを埋めなければならない。

 

Different.

 

 

この「違い」を、この先も追いかけていきたいと思う。

 

両言語のギャップを埋めた本当の橋渡しをする。

 

つまり、弊社でピカイチの技術翻訳を提供すること。

 

なおかつ、そのコツをユニバーサル化(万人に利用可能に)したい。

 

そんなことを考えながら、なかなか手強かった文書を翻訳していました。

 

Many tasks are ahead of me.  まだもう少し、頑張りたい。微力でも、次の世代に役立つ知見をもし見い出し残せるとすれば。

ラジオの一日でした

ラジオ番組にお邪魔をしてきました。拙著「会話もメールも英語は3語で伝わります」をご紹介くださるとのことでした。

 

AM放送とFM放送、という雰囲気の違う2つの番組でしたが、「音声」だけで、コミュニケーションを取る「ラジオ」という媒体は、ますます秒刻みに「テキパキ」進行なさっていて、興味深かったです。

「厳しさ」と「愛」の両方を感じる皆さまのお仕事ぶりが、勉強になりました。

 

●AM放送のほうでは、10分という生放送の枠の中で、司会の方が、とても上手に進行してくださいました。ありがとうございました。

(高嶋ひでたけのあさラジ)

 

 

●FM放送のほうは、「英語を勉強したい」という女優さんにお声がけいただき、お呼びいただいたようです。とても美しい、素敵な方でした。

 

私はその方の「声」に魅了され、

 

I like your beautiful voice!

① ②      ③

 

Everyone loves your voice!

①              ②        ③

 

Your voice attracts listeners.

①                 ②           ③

 

といった「3語の英語(3つの要素=主語・動詞・目的語 を並べる英語)」ができあがりました。

 

「3語の英語」は動詞が決め手です。

 

 

こちらは4月15日(土)の朝9時から放送のようです。

東京方面の方がいらっしゃったら、女優さんの「美しい声」を、是非に、お聞きいただければと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

Morning Cruisin’

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書籍出版への想い

今回の書籍は、軽い内容で、一般の方向けに、書きました。いえ、書くつもりでした。

都合で一年前の自分のブログを見ていましたら、丁度ここで↓、企画書を、出版社(ダイヤモンド社 様)に、送っていました。

 

一年前のブログ(http://www.u-english.co.jp/blog/?p=1169)

 

頭に浮かんだアイディア構想から、丁度一年、一応の「形」になりました。

 

今回はこれまでの2冊の書籍に比べると、少し軽い気持ちで書き始めたのですが、しかし結局、いつも必死に、なってしまいます。

 

前著(外国出願のための特許翻訳英文作成教本)のような「悲壮感(?)」が表れているような本ではありませんが、自分としては、それなりのことを乗り越えて、仕上げたつもりです。

 

 

本を書くことへの想い・・・

 

それは、人それぞれなのでしょうけれど、私の場合は、これまでやってきたことを、使いやすい形にまとめて、どんどん公開していくこと、です。

 

これまで自分が曲がりなりにも一生懸命工夫をしてきたことであって、もしかしたら他の人にも使ってもらえるかもしれないアイディア、それを公開して、残して行くことです。

 

また自分も、一つの形にまとめることで、過去の軌跡を利用しやすくなりますし、また一方で、過去をきれいに清算して、前に進んでゆくことができます。

 

さてさて、なんとか無事、出版されまして、紙の書籍を手にすることができました。

 

 

books for blog

 

book

 

やはり、「紙」は、良いです。

紙の手触り、好き。

 

世の中の「書籍離れ」が進んでいるでしょうから、もうギリギリ紙の本は最後かな、などと思いながらも、「紙」の書籍にこだわっていました。

 

(今回の書籍は、時代の流れもあり、Kindle版も出しました。なお、前著「外国出願のための特許翻訳英文作成教本」は、「紙」にこだわって、電子化をしませんでした。しかし、最近読者の方々からご要望をいただくことが多々あるので、前著のKindle版のリクエストをしているところです。前著のKindle化、されるかな・・・。→追記:その後、今からの電子書籍化は難しいとの回答が、前著出版社よりきました。)

 

 

さて、今回の書籍ですが、ダイヤモンド社様のウェブ記事でも、かなり多くの内容が読めるようになっていますので、もしよしければ、ご覧ください。

 

(私が語っている風に、なっています。内容は、おおむね書籍からの抜粋となります。)

 

第1回 “英語は3語で伝わります”特許翻訳者が教える「やさしい英語」(2016.10.12)

http://diamond.jp/articles/-/104230

 

第2回 日本人に最適な「3語の英語」。特許翻訳者のテクニックを紹介!(2016.10.13)

http://diamond.jp/articles/-/104287

 

第3回 日本人の英語は「長くて、難しい」3語でしっかり伝わります。 (2016.10.14)

http://diamond.jp/articles/-/104367

 

・・・連載は6回まで続く予定です。

書籍はじめの、極簡単な、導入部分だけとなりますが、よろしければ、覗いてみてください。

 

 

ダイヤモンド社 さま について・・・。

「広い読者層を持っておられる出版社」ということを知っていたので、今回の一般向け書籍を、お願いしてみました。

 

今回の新たな発見は、同社の編集者様の熱心さ・・・。

著者が自分の書籍に「熱い想い」を抱くことは普通のことなのですが、編集者様も、「想い」をシンクロしてくださっているようだったことには、驚きました。

出版社としての、販売戦略が当然あるでしょうから、それを上手い形で盛り込むご提案をされながらも、私の著者としての、やっぱり譲れない部分、というところも、よく受け入れてくださっていました。

お互いに要望を調整しつつも受け入れながら、上手く歩み寄れた結果になったのではないかな、とも考えています。

(なお、前著「外国出願のための特許翻訳英文作成教本」は、出版社による口出し(?)はほぼゼロでして、内容からレイアウトデザインまで、ほぼ私の生原稿を使わせてもらったのですが(えっと、タイトルのみ、出版社によるものです。)、しかし今回の書籍は、レイアウトや内容の見せ方などに、編集者の方が、工夫してくださいました。なおいずれも、それぞれに、目的にかなった良い執筆環境でした。)

 

今回の編集者様、大きな組織の中で、自分の仕事に「誇り」と「責任」を持って行動・尽力される姿が、勉強になりました。

 

さて、この書籍の話は、このくらいにしておきます。

 

ちょっと暇つぶし、に上の記事(書籍の冒頭より抜粋)を読んでいただける方は、どうかよろしくお願いいたします。

 



pagetop