ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

私のheart brokenな思い出と『英語論文ライティング教本』


ユー・イングリッシュTwitterでは、『英語論文ライティング教本』を紹介をしてきました。ご紹介もそろそろ終盤です。

 

先日、この書籍に関する嬉しい出来事がありましたので、ブログを書きます。

 

まずはこの書籍の執筆背景です。

 

過去に京都大学で10年間、授業を担当した時期があります。

理系の大学院生、M1からドクターまでが対象の論文英語のライティングの選択科目。

 

はじめ派遣講師として出向して担当していました。

のちに、非常勤講師になる手続きを京大の先生が進めてくださいました。

 

「頭の切れる」学生たちとともに、とても密度の濃い時間を過ごしていました。

 

アンケ―トで「大学で受けた授業の中で一番勉強になった」と複数名に書いてもらったときは、目を疑いました。

おそらく学生たちには、がっちりと研究歴のある学者の先生方の授業に囲まれる中、私のような外部講師による授業が逆に新鮮にうつったかな、などと思っていました。

 

自分が大学生の頃、専任ではない非常勤の先生が、仕事の合間を縫ってビジネスの現場からやってきてスピード感のある授業をされたのが印象的だったので、自分も自然に「時間効率」を授業の中で目指しました。それが功を奏したのかもしれません。

 

大学講義では、1つの授業90分、または15回程度の講座全体を、イメージとしてはサーカスのショーの進行役のように組み立てることを目指していました。出し物はシンプルなテクニカルライティングの世界です。

手を変え品を変え、聴衆を飽きさせずに没頭させる、ということを目指していました。

 

スピード感に最もついてきてくれたのは、京大生でした。

「早口で進行が早いけど、もっと早くても別に良い」と言ってくれたのも、京大生でした。

 

そんな京大での授業は、大学改革という名のもと、私の担当がなくなりました。

例年のように4月から担当すると予定していたところ、工学部が英語専任講師を雇うことに変更したので、非常勤の雇用はありません、と。

 

突然のことで、かなりheart-brokenでした。

他大学の担当コマ数が増えて同日の大学掛け持ちが増えていたので、仕事としてはそれでよいのですが、しかし、京大生には、もう、会えない・・・。

 

その年には同時に名古屋大学の授業も、同じ改革とのことで該当科目が廃止となり、非常勤の担当が終了しました。

名大のはじまりは、数回の単発の講座担当のあと、テクニカルライティングを気に入ってくださった名大の先生が非常勤講師へとお手続きくださったことでした。数年担当したのち、科目廃止のため終了しました。

 

 

そんなことで拍車がかかり、私の10年の授業を急いで書籍にしました。

 

「想い」があふれました。

どうか、学びたい人が、これからもテクニカルライティングを学べますように。

 

そして、どうか理系学生にテクニカルライティングを教える英語の先生が日本の各大学に増えますように。

一般英語ではなくテクニカルライティングを教える英語の先生が増えますように。

 

そんな想いで書いた書籍が『英語論文ライティング教本』。

 

執筆途中、京大生へのheart-brokenで涙しながら原稿を書いた部分もあるくらい、実は、想いの詰まった書籍なんです。

 

日々難しい研究に取り組んでおられる理系の方々にとって、英語が難しいものであるはずがない。

方向性さえ正しくして学習を行えば、必ず、短期間で自身の研究を英語で正しく書く力を自分で身につけられるはず。

そのような自分の考えと、そして研究者である理系学生への尊敬の念、10年間の想いを詰め込んで書いた書籍でした。

 

そんな書籍は分厚くなりすぎて、文字も小さく、内容を詰め込みすぎた、と反省していました。

これを最後まで読める人はいるのか・・・?自分でも、読み通すのが危ういくらい。

 

実際に、「文字が小さく分厚くて読み切れなかった」、というお声を聞くことがありました。

執筆を終えたものの、誰かが読んでくれているのだろうか。

 

 

そうしましたら、先日、見知らぬ研究者の方が書評を書いてくださったお知らせが届きました。

ここに掲載させていただきます(雪氷82(2)-2020より引用)。

 

読んでくださる方が、いるんだ。

 

とても嬉しい気持ちになりました。

 

 

 

京大生にも、いつか届くといいな。

 

さらには、誰か英語の先生が私の教科書を使って、京大生などに教えてくれないかな。

 

 

そんなわがままな願いを持ちながら、今日は久しぶりに自分の「英語論文ライティング教本」で感じていた理系研究者への想いや尊敬の念を思い出していました。

 

 

さて、そろそろWebでの大学授業もはじまります。

理系卵の皆さんに適切な英語力をつけていただける授業をお届けできるよう、初心に戻って頑張ります。

 

 

目下の興味は、Web授業で学生に飽きずに90分または拡張の105分集中してもらうにはどうすれば良いか。

在宅の受講生の元気が出たり意欲がわくような授業、かつ効果的で効率的に学んでもらえる授業の形があるか、模索します。

 

新しい形の授業の機会をいただけるのはありがたいこと。

Every cloud has a silver lining. ・・・厳しい情勢ではあるけれど、今できることを精一杯に頑張りたいと思います。

【4月23日15時】英語論文のWebセミナー(無料)のお知らせです


クラリベイトは、イノベーションを加速するために信頼性の高い知見と分析を提供する世界的リーディングカンパニーです」(クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 HPより)

 

同社のHPでは、ブログなどを通じて、様々な情報を発信されています。

 

今提供なさっているのはやはりCOVID-19に関する論文やブログ記事が多く、心がざわついたり、心が痛んだりすることも多い一方で、情報をいただけることに感謝します。

 

 

さて、1か月ほど前、同社のブログに様々な他の話題が取り上げられていた頃。https://clarivate.jp/blog/category/blog/page/2/

 

そちらのブログに中山がお邪魔いたしました。

 

同社と企画を進めてきましたジョイントWebセミナーに先立つ記事を執筆させていただきました。

 

*****

英語論文を読もう―シンプルに英語を読み解くコツを「英語は3語で伝わります」の著者が伝授します!

*****

 

 

来る4月23日(木)、予定通りにWebセミナーを開催させていただきます。

 

*****

<Webセミナー> 【研究生活でつまずかないために!】あなたが「本当に読みたい」英語論文を早く的確に探す方法

【開催日】2020(令和2)年4月23日(木)15:00-15:45

【講 師】

  • 中山 裕木子 (株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役)
  • クラリベイト ソリューションコンサルタント(サイエンス事業部)

【主 催】クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社

【対 象】研究者・大学院生・URA・図書館員・研究推進の方など

【参加費】無料(事前登録が必要です)

お申し込みはこちら

チラシのPDFはこちら→0423_Webinar_Invitation

 

中山の担当時間は30分。「英語は前から前から読む」ということをお伝えさせていただきたいと思います。

 

ご自宅から、気分転換にWebセミナーに参加してみようかな、と思ってくださる方がいらっしゃいましたら、どうかよろしくお願いいたします。

 

また、「大学の授業がはじまらない・・・」という理系学生の方々にもご参加をいただけるととても嬉しいです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ありがたいセミナーの機会(Correct me always 講師業より)


先日、久しぶりに東京でのセミナーを担当させていただきました。

JMA(一般社団法人日本能率協会)と日本工業英語協会の共催セミナーにて、登壇させていただきました。

多くの素晴らしいご受講者に恵まれたことに感謝しています。

 

セミナー講師業というのは、本当にありがたい場と考えています。

 

自分のこれまでの歩みを皆さまの役に立てようと努力する場である一方で、自分の至らない点を毎回毎回、発見する場でもあるためです。

 

 

constituteという単語が出てきました。

 

そこで、constitute=構成する、は元々の意味は「~の一部をなす」という意味であることをお伝えしました。

 

その説明のための例文として、その場で思いついたのが次の例文。

 

 

Solar power generation constitutes XX% of the entire electric power produced in Japan.

 

 

ところが私、このXXのパーセントの値がわからなかったんです。

 

 

何パーセント?どなたか、教えていただけない? と受講者に目配せ。

 

応答がないので、20%? 30%? less than that?などと・・・。

 

→→→

太陽光発電の日本での割合は、far less than thatです。

 

 

この点、ご受講者から指摘いただきました。

 

講座が終わってから、再度、詳しく教えてくださいました。

 

6.5%     six point five percent

 

 

そこで正しくは、

Solar power generation constitutes less than 10% of the entire electric power produced in Japan.

 

Solar power generation constitutes 6.5% of the entire electric power produced in Japan.

 

 

セミナーは、コンテクスト(文脈)が悪いと興ざめすると思うのです。

ですからこの点の無知を深くお詫びいたします。

(講座中に思わず20%? 30%?と言ったのは、2011年以前の原子力発電が30%程度を占めていたことをエネルギーつながりで思い出し、それが口に出てしまいました。なお、現在の原子力発電はless than 1%)

 

 

6.5%は私にとって忘れられない数値となりました。

 

そこで、再度もう少しこちらにデータの引用を記載させていただき、覚えておきたいと思います。

 

 

画像の出典:https://www.isep.or.jp/archives/library/11784

 

 

 

 

今回のセミナーでも、様々な気付きをいただきました。

 

ご受講生からの質問:「日本はこれから「ものづくり」=工業、から、ITソリューションの時代へと変化をとげる可能性があるのですが、どうお考えですか」やTOEICに関するご質問も、非常に興味深く思いました。

 

自分の考えを伝えさせていただきました。

 

丁度「工業英検」も来年は「技術英検」と名称変更がありますが、「ものづくり」=「工業」という基盤に支えられてきた日本が、今後も「ものづくり」を軸にしつつも、おっしゃる通り、次の時代へとシフトするのでしょうね。

つい先日も別のセミナーでの参加者が、「我が社は技術製品のメーカーですが、製品よりもむしろソリューションを販売しています」とおっしゃっていました。

 

なお、TOEICは私は1年前にちょっとした出来心から一度受けましたが、とても骨太の試験になっていると感じました。

時代がITなので、一般英語に加えて、IT関係の内容も以前よりも多く含まれていることを感じました。

ですから受講生のご質問「TOEICにも今後、技術者向けTOEICといった複数種類が出てきますか?」という質問については、複数種類よりもTOEICも時代に合わせて内容が現実的に、つまりIT寄りになっていくのではないか、と考えています。

 

 

さらなる受講生からの質問は、「動詞のニュアンスを間違えたくないのですが、どうやって勉強したらいいですか?」というものでした。

自分がこれまでに行った、また現在も行っている方法をお伝えしたのみでした。

このことへの説得力のある解決法を見いだせるよう、今後の課題とします。

 

 

様々な考えを知ることは、本当に勉強になります。

 

そのような機会をいただける講師業は、とてもありがたいです。

 

Correct me

whenever you find me wrong.

 

Thank you.



pagetop