ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

翻訳はこんなにもむずかしい?―今さらながら、わかったこと

日英技術翻訳の仕事は難しい。

 

いつかラクになるのか? と思ったことはありませんか。

 

→いえいえ、次から次へと、難題がふりかかります。

 

いつまで経てば、扱う技術分野すべてを網羅できるのか。

 

→日進月歩の技術を扱う特許をはじめとした文書を翻訳するのですから、決して分野をすべて網羅する日は来ないでしょう。

 

いつまでも勉強で、いつまでも「頭の奥が痛くなる」技術翻訳の仕事。

 

これが技術翻訳の醍醐味なのですけれど、「いつまで、いつまで難しい?」と思ったことはありませんか。

 

私自身は特許に限らず、一般技術文書を翻訳することもあるのですが、「なぜ? This does not translate. Why?」

 

「英語にならない。なぜ?」

 

と思うことが最近もありました。

 

原文の日本語が「日本語らしい文章」であればあるほど、第1ドラフトで英語になりにくい。

 

頭の奥が痛くなり、「私の日英翻訳・リライトキャリア20年はどこへ行った?」「なぜ第1ドラフトの日英翻訳に苦しむ?」

 

こんな風に感じる案件がいくつかありました(特許ではない)。

 

そこで、今さらながら、確認したことがあります。

 

それは、日本語が「ぼんやり」していて、英語が「はっきり」しているから。

 

日本語が「行間を読ませる」「空気を読ませる」言葉で、英語は「行間を読ませない」「文字を読んだままの情報が伝わる言葉」だから。

 

こんな当たり前のことを、再確認したのです。

 

自分の英語力が足りないわけでも、日本語理解力が足りないわけでもない。技術も調べ尽くした。

 

ただ、「違う」のです。日本語と英語が。

 

Different.

 

「アメリカを代表とするローコンテクストな文化」と「日本を代表とするハイコンテクストな文化」

 

なお、low context は「文脈が少ない」、high context は「文脈が多い」。

 

*****

ローコンテクストな文化では「良いコミュニケーションとは厳密で、シンプルで、明確なものである。メッセージは額面通りに伝え、額面通りに受け取る。」

 

対するハイコンテクストの文化では「良いコミュニケーションとは繊細で、含みがあり、多層的なものである。メッセージは行間で伝え、行間で受け取る。」(「異文化理解力〈エリン・メイヤー〉」より)

*****

 

日本語をもとに英語で表現するときには、このギャップを埋めなければならない。

 

Different.

 

 

この「違い」を、この先も追いかけていきたいと思う。

 

両言語のギャップを埋めた本当の橋渡しをする。

 

つまり、弊社でピカイチの技術翻訳を提供すること。

 

なおかつ、そのコツをユニバーサル化(万人に利用可能に)したい。

 

そんなことを考えながら、なかなか手強かった文書を翻訳していました。

 

Many tasks are ahead of me.  まだもう少し、頑張りたい。微力でも、次の世代に役立つ知見をもし見い出し残せるとすれば。

執筆の不思議:ノッテる本と、苦しい本


You’re always writing.

 

本の原稿校閲をお願いしたネイティブの方に言われました。

 

最終原稿の英文チェックをネイティブの方にお願いすることがあります。

 

執筆を終えて脱稿したあと、自分と編集者以外の方、理想は英語ネイティブ1名、日本語ネイティブ1名、に「他人の目」を通していただきたいと考えるためです。

著者の独りよがりになったり、誤ったことを書いてしまったりしないために。

 

未発表の原稿を人に見ていただくのは結構緊張しますし、勇気がいるのですが、発表してから悪いと知るよりは、まだいい。

 

チェック結果が戻りました。

As always, incredible job you have done! I am amazed at your ability to write clear, concise and correct English!

ひとまず、安堵しました。3Cまで引用したお優しいコメントに感謝。

 

 

さて、そんな風に私の生活の一部となった執筆活動。

 

これが不思議なのですが、1.「書かなければならない」とミッションを感じて行う本と、2.「書きたい」と素直に感じて開始する本の二種があります。

 

前者はいつも、苦しい、苦しい執筆活動となります。後者はどんどんノってきて、執筆が止まらなくなります。

 

いずれの書籍も自らテーマを定めて企画を提出して行うため、誰かに書かされているという書籍はないのですが、それでも、ひとたび執筆を開始すると、前者と後者が自分の中で分類されます。

 

先日提出したのは前者。苦しみながら、執筆しました。こんな本があったら便利だと思う、書かなければ、という観点から、執筆を行いました。

 

そして今書いている本は、後者。こちらも苦労はするものの、「ノってきた!」と感じたら、どんどん書ける類の本です。

 

会話もメールも英語は3語で伝わります(白い本)」は後者。アウトラインが決まった後はノリノリで、はじめ出張先のホテルである程度を一気に書き上げ、その後は毎週通っていた土曜日の通学電車の中で(大学院で知財を少し勉強していたとき)どんどん執筆しました。「電車の中で書いた」とか言ってしまうと軽い感じになってしまうのかもしれませんが、毎週の電車の中とお昼休み、その時間だけは仕事やプライベートから離れて「自分が自由に書いて良い時間」と決めて集中して書きました。

その数年後の「英語は3語で伝わります【どんどん話せる・・・】(黄色い本)」は苦しい類のほう、前者でした。

 

さて、今書いている本は、どちらかな?、と思いながら2月頃より少しずつ書きはじめていました(コロナ禍の昨年は緊急事態を避けながらお打ち合わせに行ったり、編集者とのオンライン打ち合わせを重ねていました)、アウトラインが決まるまでは、結構模索しながら何度も書き直しました。アウトラインが決まった今、ノリノリのパターンの可能性があります。翻訳業務の合間を縫ってどんどん仕上げています。楽しい。

 

この楽しい本が終わったら、また苦しい類の本に戻る予定をしています。そちらははじめる前から本当に苦しそう。しかし必ず書きたいと願っている内容なのでexcitingに思っています。

 

Yeah, I am always writing. I do enjoy writing.

 

執筆という、もう1つの自分の仕事に出会えたことは幸運でした。

 

お手に取ってくださる方のお役に立てる内容とできるよう、さて、もうひとがんばり。

 

学生授業へのエンジン(日常ブログです)


学生への授業を続けています。今期も3大学+1大学(7月開始)を担当していますので、結構な時間数を授業や準備に使っています。対面授業は減り、今年もオンラインの授業が半分以上です。

 

学生の顔は見えにくいが、心の声は聞こえやすい、というのがオンライン授業の特徴でしょう。チャット機能を使って声を提出してくれる学生が多いため。

 

対面とオンラインの両方を同時期に行っていると、対面では「あなたの心のイイネが見たい(応答ボタンや授業中のチャットへの書き込みがないため)」と思う。

 

一方、オンラインでは「空(からっぽ)に向かって話している感じがする。少しでいいから顔が見たい(最近のZoomは顔出しNGがスタンダードになってきました。理解しています)」。

 

複数大学や複数種の授業に加えて、対面とオンラインが混在するので、少し混乱し、そんな風におかしな心理状況になることがあります。

 

 

対面とオンラインの利点と欠点を淡々と使い分けながら、混乱しないよう気をつける。

そのようなわけであまり余裕がなく、今期は各大学にあまり感情移入をしない授業を行ってきたように思います。

とにかく間違えないように、淡々と。

 

しかし本日、また私の感情移入が発動・・・。

 

学生達はやはり、素晴らしい。各大学、それぞれ特徴はありますが、必ず光る、力を持った学生達がいるものです。そしてその力は、授業開始時ではなく、ある程度授業が進んでから徐々に露呈されるのです。(逆に、開始時に目立っていた学生達は途中でフェードアウトしたりするのは興味深い。これもあらゆる人間関係に言えるでしょうか。関係は少しずつ築きながら、そしてコツコツと深めて行くほうが長続きするように感じる。)

 

「この学生達のためなら、私、必死で働きます!」

 

学生達の役に立ちたい。自分の持てる、例えばリライトテクニックとか、日々の英語に親しむための工夫とか、これまで少しだけ長く生きてきた分、「英語の学び」に関する知恵やコツがあるとしたら、それらを伝えられたらいいなと考えます。

 

エンジンかかるの、遅。

 

残る授業、効果的に学んでいただけるよう、もっと働きます。

 

授業を担当させてもらって、ありがとう。



pagetop