ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

大学院で授業をしていますと、修士2年生は、就職活動が大変そうなことがあります。

例年、スーツで頑張る学生さんを、見守ってきました。

 

数年前、だんだん、つらくなってくる、ある学生さんがいました。

徐々に笑顔が消えました。

焦りが見えていました。

授業には来てくれていましたが、随分、つらそうでした。

 

私は、心で「頑張れー」と、エールを送っていました。

その当時、私はあまり、学生さんに、話しかけませんでした。

 

でも、授業の中で、就職活動が忙しい時に「息抜き」に英語に来てくださいね、という声は、かけつづけてきました。

実際、「息抜き」になるような授業内容も、当時工夫をして、用意していました。

 

 

さてさて、本年度の学生さんも、就職活動で、休みがち。

 

 

先日「どうですか?」と軽く声をかけると、

 

 

「心が折れそうです」

 

 

うーん、若者よ、悲しいことを言う。私は心が痛いです。

 

「あなたは素晴らしい」「若くて研究しているあなたは、十分に、素晴らしい」「高いポテンシャルがある」「明るい未来がある」

 

だから「心、折れないでー」

 

就職面接って言うのは、たった15分や30分やそこらで、「自分」というものを分かってもらうように、アピールしなくてはいけない。

 

とっても良い学生さんであっても、時に、それが伝わらなかったり、違うように伝わってしまったり、することがあるのでしょうね。

 

かくいう私も、面接や人前で何かをすることが大の苦手でしたので、そのような状況が、よくよく、分かります。

 

 

面接官様、理解して、一押し学生ですよー、お願いよー。・・・と、研究指導されている先生方も、祈るような気持ちで、学生さん達を、送り出しているのでしょうね。

 

 

さてさて、「若者達よ、心、折れないで。」

 

 

お節介講師である私は、自分が思うところの「どうすれば良いか」「どんなテクニックが役に立ちそうか」「会社重役の面接官に勝つ(?)ために」「短時間の面接でアピールして、バリバリ働き会社へ貢献する姿を見せるためのコツ」、を英語の授業の時間に、延々と伝え続けたのですけれど・・・。

 

暑くるしくて、うるさい講師でしょうね。

英語の授業中にこんな雑談をしていたら、大学側にも、怒られそうですね。

また、授業終了後も、もう一度5分も余分にそのことに時間をもらいましたから、さらに、怒られそうです。

 

 

私がただ一つ、伝えたかったこと。

ただ一つ、言えること。

 

 

「若者よ、大丈夫、大丈夫ですよ。」

 

 

(万が一面接がダメだったとしても、単にご縁がなかっただけ。あなたの魅力を見誤った担当者が悪いのです。)

 

 

自分でコツコツと努力していれば、そして将来に希望を持って歩んでいれば、そう、必ず、道は開ける。

 

大丈夫、大丈夫・・・。

 

心折れないで、若いあなたは、絶対、大丈夫。

 

 

*****

みんな、希望がたくさんあるよー。

未来は明るいよー。

大丈夫ですよー。

*****

 

 

そんなことを、英語の授業という媒体を通じて、自分よりも若い人たちに、伝えていけるといいな、と思っています。

 

ですから今は、できるだけ、学生さんには声をかけたいな、と思っています。

コメントは受け付けていません。

pagetop