ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

2014年4月2日に会社を設立しましてから、1年1年を無事に過ごすことができて、感謝しています。

 

2020年、チーム、ユー・イングリッシュはコロナ禍を力強く過ごしました。

 

昨年4月と5月は受注が落ち込みました。

企業様がコロナ対応に追われて、発注を延期しておられる印象でした。

加えて、私、中山の企業様向け対面セミナーが軒並みキャンセルになりましたので、その点も影響がありました。

 

しかし、年間では数十件の翻訳受注増でした。

先行き不透明で苦しい中、チーム、ユー・イングリッシュ、頑張ってくれて本当にありがとう。

 

ここ1年は、外部協力者(外注翻訳者様)も加えたチームを模索しました。

具体的には、案件の技術説明(技術内容のプレゼンと申し送り)を外部協力者にも行っていただき、より密接な関係を築きたいと願いました。

 

ご協力くださった方のお一人の言葉。

「ユー・イングリッシュのチームに入ることができて日々がバラ色になりました。」

 

思わず
「私たちもバラ色になりました、ありがとうございます。」

と言葉を返しました。

 

随所で助けていただき、協力者の方々には感謝の気持ちで一杯です。

 

 

さて、「バラ色」を保つためにはどうすれば良いか。

 

社内に対しても社外に対しても、ユー・イングリッシュが「バラ色」である部分があるとすれば、その部分をどのようにして時間を経ても保っていくか、または新たな「バラ色」を提供できるか、このことは経営者としての私の永遠のテーマとなりそうです。

 

真摯であること、努力し続けることが重要になってくると思います。
(あらゆる人間関係に対して言えることです。もちろんその前提には相手への尊重・尊敬の気持ち)

 

 

さて、話は変わり、ユー・イングリッシュ社内には最近新しいスタッフ2名が加わり、一歩ずつ、前に進んでいるところです。

 

そして、twitterでも社内スタッフがつぶやいているかと思いますが、今年度はネイティブコンサルの先生にも大変お世話になりました。

 

私たちは英訳翻訳者。いつでも、いつまでも、英語力をアップしたい。

Witに飛んだ楽しい説明で、日本語と技術の深い理解によりユー・イングリッシュのメンバーを助けてくださったようです。

 

そんな弊社ネイティブコンサルのお一人が次の言葉をくださいました。

 

Everyone is so nice and so good at English—you have assembled an incredible team!

It is truly my pleasure to work with such diligent and nice people like everyone in ユー・イングリッシュ !

 

 

 

気付くと、ユー・イングリッシュはan incredible teamになっていました。ありがとう。

 

 

もうすぐ4月、ユー・イングリッシュは8年目に入ります。

末広がりで、高みを目指していきたいと思います。

コメントは受け付けていません。



pagetop