ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

例年この時期は学生の論文アブストラクトを添削しています。

 

今年はまずは1大学の50名分、受領メールの返信をしているとき、「メールを返信して学生のファイルを保存するだけでも、日々の業務としては結構な時間を使う・・・。これを一つ一つ添削して評価するには、結構な時間がかかるだろうなあ・・・」と考えていました。

 

例年、同じことを思うのです。

 

ところが、ひとたび添削をはじめてみると、「英文をもっと見たい、素晴らしい!」などと、楽しみにしている自分がいます。

 

業務の合間を縫って、特許翻訳リライトの集中が切れたときに、一度に二人分ずつくらいファイルを開いて添削をします。

 

その都度、学生に伝えたいことが、まだもう少しある・・・といつも思います。

 

普段の授業中の英作と違って、自分の技術について語る学生達の英文。

そう、学生達のアブストラクトは、いつも「輝いて」います。

 

特に今年の学生たちは、私が授業で伝えていることを、きちんと活かして、自分の力で書いてきてくれています。

 

何のツールを使って書いてもいいけれど、先輩や先生の英文とGoogle翻訳は使わないでね、他人の英文やGoogle翻訳の添削に時間を使いたくないので、と事前に伝えました。

 

何を使って書けばいいか、というネット検索の方法なども、前もってある程度伝えてあるので、学生達は、きちんとまじめに、適切な手段を使って書いてくれていることが分かる英文でした。

 

学生のアブストラクト添削はrefreshingな(元気づけられる)ひとときでもあります。

そして私の持てる何かがあるならば、それを使って彼らの役に立ちたい、と願う瞬間でもあります。

 

 

特許翻訳者か技術英語講師か、なんて自分のスタンスを選ぼうとしたことも過去にはありましたが、特許翻訳業務と技術講師業務を両立することが自然であると今は納得しています。

 

 

50名分の添削、意外と大丈夫ですね~私、と今年も思いながら、楽しくリライトとコメントをしています。

 

 

継続は力なり、ふと力が抜けた瞬間に感じる All things are difficult before they are easy.でした。

コメントは受け付けていません。

pagetop