ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

原点に戻ります。

テクニカルライティング(Technical writing in English)とは、情報を伝える英語、実務の英語、会社などの機関が作成するあらゆる文書(マニュアル、仕様書、提案書、報告書、論文、特許文書など)に使う英語のことです。

 

「伝える」ことが目的の文書、誤りはご法度、Correctが最も重要です。

技術文書に少しでも誤りがあると、文書全体の品位・質が落ち、文書の中身が疑われることになります。

 

そして次に大切なのが、ClearとConcise。

文書が複数の解釈を与えず、誰が読んでも「明確に」内容が伝わることが重要です。

そして、忙しい読み手に読んでもらうため、それから明確に内容を伝えるためには、「簡潔性」も必須の条件となります。

 

Clearであり、Conciseであることが、Correctになる可能性も高めます。

 

これが、テクニカルライティングの「3つのC」です。

 

  • Correct          正確に書く
  • Clear             明確に書く
  • Concise         簡潔に書く

 

 

今日は、原点に戻りました。次の記事では、1つ前の記事に続いて、Collins COBUILDの”Correct, Clear, Concise“の定義を読みます。

コメントは受け付けていません。

pagetop