ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

ここ最近の英英辞書Collins COBUILDに関する記事つながりで、またもう少し、辞書の定義に着目してみます。

 

その前に、英英辞書に関する個人的な苦い思い出。

 

「英英辞書を引きなさい」

学生時代には、何度と無く、いわれた言葉です。

 

その都度、

「引かないといけないんだろうな~」
「きっと英英辞書なんて引いてたら、カッコイイんだろうな~」

「一度引いてみようか」
「英語の定義が分かったような、分からないような・・・」
「ああ面倒・・・」
「別に引かなくても、いいか」
「あれ?英英辞書、どこに行った?」
「新しい辞書購入」

→ 同じことを繰り返す

 

このような状態は、いよいよプロの技術翻訳者として英語を書き始めてからも、続いていました。

 

New shorter, Longman, Oxford, 色々な英英辞書にトライしては、短期間で挫折。

「引いたほうがよいのは分かっているけれど・・・」

 

そんな私に一筋の光をくれたのが、CD-ROM版の英英辞書Collins COBUILDです。

なお、収録語数の関係から、技術系の単語には大変弱いですが、一般語の定義が明快で分かりやすくなっています。

 

●試しに、テクニカルライティングの3つのC、のうちの”Correct”を引いてみましょう。

 

Correctの定義
If something is correct, it is in accordance with the facts, and has no mistakes.

 

「当たり前」のことが「当たり前」に書いてあるところが、良い!

 

●次に、”Clear”を引いてみましょう。

 

Clearの定義
Something that is clear is easy to understand, see, or hear.

 

分かりやすい!

 

 

さてさて、最後に”Concise”です。

これが、最高に、良い定義なのです。

 

少しもったいぶって、Conciseの定義については次回のブログに書くことにします。

 

それまでに読みたい方は、ネット上のEnglish Cobuild Dictionary↓で是非引いてみてください!

 

English Cobuild Dictionary:

http://dictionary.reverso.net/english-cobuild/

コメントは受け付けていません。



pagetop