ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

翻訳者はもっともっと努力(クレーム英訳)


最近、英文特許クレームについて、触れてきました。

 

結局、クレーム英訳とは、「発明の本質をどれだけ理解しているか」、そして、「そのクレームで確保したい権利範囲をどのくらい理解しているか」、だと思います。

 

これは、ネイティブが書いても、日本人が書いても、弁理士の方が書いても、翻訳者が書いても、同じことが言えるのでしょう。

 

つまり、ネイティブであっても、発明の本質を理解していなければ、英語表現が、意図する権利範囲を表さない可能性は大いにあり得る。発明の本質と確保したい権利範囲を理解した上で、英語表現がそれを再現しているか、を入念にチェックしなければならない。

 

 

弁理士の方であれば、発明の本質と確保したい権利範囲を熟知されている状態でしょうから、そこから、翻訳者が訳した英語がそれをきちんと再現しているかを、チェックされるのが良いと思います。

 

つまり、和文と英文を横に並べて訳抜けをチェックされることに加えて、英文クレームだけをじーっと眺めて、1つのストーリーが通っているか、そしてそれが正しいか、を確認されるのが、良いと思います。

 

 

そしてそれは、翻訳者であっても、同じ。

 

発明の本質、そして確保したい権利範囲は何か。

 

できる限り、和文作成者、弁理士の方、そして発明者にまで心を寄り添わせることで(そしてもちろん入念な下調べで)、それを特定した上で、自分の英語表現力を駆使して、英語に訳す必要があると思います。

 

そう、努力、が必要・・・。

 

「努力」、という土俵、これだけは、ネイティブ(ネイティブ翻訳者・ネイティブ知財担当者など)でも、日本人弁理士の方でも、日本人翻訳者でも、同じ立場に立てる。

 

そう、「資格」が無くても、「努力」、という点だけは、同じ土俵に立つことができます。

 

 

翻訳者は、知的財産に関する資格を何も有していないからこそ、「日々の努力」という点で、もっと、もっと、頑張らないといけない、と思っています。

 

 

●発明の本質を理解する努力、発明者・弁理士の方、つまり「和文」、が確保したいと思っている権利範囲を理解する努力・・・。

 

 

翻訳レートに見合わないからそこまで出来ない?

 

・・・NO

 

レートに関わらず、そこには「料金」が発生しています。1円でも料金が発生している以上、適切な価値をお客様にお届けする必要があると思います。

 

 

それに「努力」は気持ちの問題でもあって、気持ちを変えるだけでも、仕上がる英文が、変わってくると思います。

 

 

 

翻訳者さんたち、共に頑張りましょう。

私も試行錯誤ですが、頑張ります。

クレームのチェック: Is It Sketchable?(発明を描けますか?)


さて、先のブログでは、クレームのチェック方法として、「頭にマップを描けるか」、ということを、お伝えいたしました。

 

拙著『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』にも、次のようなことを、記載していました。

 

******

クレームが完成したら発明を手元で描いてみましょう

クレームを訳し終えたら、完成した英語を読んで、クレームに記載した内容が手

元で描けるかどうか、調べるとよいでしょう。

 

 

Is It Sketchable?(発明を描けますか?)

After drafting your claim, you or a friend should be able to make enough sense out of it to sketch your invention. If this isn’t possible, the claim is unclear and needs to be reworked.

(クレームが書けたら、書いた人または他の人が発明を描けるように筋が通っていなくてはいけない。それができない場合、クレームが明瞭でないため、書き直す必要がある。)

Patent It Yourself, 14th Edition, Other Techniques in Claim Writing

 

外国出願のための特許翻訳英文作成教本』より

******

 

さてさて、Is it sketchable?(発明を描けますか?)

・・・駆け出し特許翻訳者の頃(今も同様ですが)、英文クレームが完成したら、心新たに机に向かい、真っ白の紙と英文クレームを用意して、自分の訳した英文を読みながら紙に描いていた頃を思い出していました。

スムーズに描けるか?これで、英語が審査の邪魔をせず、審査官が中身(内容)をすぐに審査できる英文になっているかどうかが、チェックできると思います。

 

 

さて、先のsketchable?という表現を拙著で引用したPatent It Yourselfという書籍も、なかなかの、良書でした。平易に書かれていますし、実務者向けのことが載っていて、とても勉強になりました。

AmazonのKindle版(電子書籍)(17th edition)もあり、そちらも便利です。

 

 

 

*****

それから、拙著『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』ですが、Amazonでの入荷が遅れていて不便、というご報告を受けることがあります。(入荷部数がきっと、極少なかったのでしょうね。)

 

もしもAmazonなどからご購入が難しく、私の方からご購入を希望される方がいらっしゃれば、弊社にご注文いただくことも、可能です。(恐れ入りますが、お振り込み手数料をご負担いただきます。送料はかかりません。)

 

ご注文の流れは、次のようになります。

①お問い合わせフォーム(http://www.u-english.co.jp/inquiry/)より、ご注文冊数と送付先ご住所をご連絡いただく

②弊社より、お振り込み先をメールでご連絡

③お振り込みの確認後、書籍を丸善出版社よりご送付

 

ただ、発送に少しお時間をいただくことがあります(1週間など)。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

特許クレーム(特許翻訳)はパズル!


英文特許クレームをチェックするとき、まるで「パズルの組み立て」のように、感じます。

 

「この要素」と「この要素」が「このように関連」していて、それが続く従属クレームでは、このように具体的に限定されていく・・・。そして、「クレーム中のこの要素」は、「明細書のこの部分」を指していて、明細書ではこのような例示があるけれど、クレームではこのような権利範囲を意図しているために、このような表現になっている・・・。

 

頭の中で、英語を読みながら、マップ、を組み立てる。

 

まずは、そのマップが正しく描けるか、が、そのクレームが上手く表現されているかどうかの目安として、大変重要だと考えます。

 

そして、マップがスムーズに描けた上で、それぞれの要素同士の関連が本当に正しく英語で表現されているか、各種表現に誤りは無いか、言葉に過不足が無いか、和文が意図していた権利範囲が英語で適切に表現されているか。

 

さらには、審査官が文句を付けてきそうな表現は無いか。そして、権利化された後、競合者が揚げ足を取りそうな表現、権利行使が阻まれるような表現はないか。

 

・・・・・・

 

これらのチェックを終えたあと、「よし、このクレームは大丈夫!」、と、そんな思いで、英文クレームを、納品をすることになります。

 

 

(ちなみに、このような頭の中のマッピング作業が、「面白い!」、と思える人は、特許翻訳者に向いていると思います。逆に、「わけが分からない」、と感じる方は、特許翻訳にはあまり向いていないのかもしれません。)

 

pagetop