ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

最近、英文特許クレームについて、触れてきました。

 

結局、クレーム英訳とは、「発明の本質をどれだけ理解しているか」、そして、「そのクレームで確保したい権利範囲をどのくらい理解しているか」、だと思います。

 

これは、ネイティブが書いても、日本人が書いても、弁理士の方が書いても、翻訳者が書いても、同じことが言えるのでしょう。

 

つまり、ネイティブであっても、発明の本質を理解していなければ、英語表現が、意図する権利範囲を表さない可能性は大いにあり得る。発明の本質と確保したい権利範囲を理解した上で、英語表現がそれを再現しているか、を入念にチェックしなければならない。

 

 

弁理士の方であれば、発明の本質と確保したい権利範囲を熟知されている状態でしょうから、そこから、翻訳者が訳した英語がそれをきちんと再現しているかを、チェックされるのが良いと思います。

 

つまり、和文と英文を横に並べて訳抜けをチェックされることに加えて、英文クレームだけをじーっと眺めて、1つのストーリーが通っているか、そしてそれが正しいか、を確認されるのが、良いと思います。

 

 

そしてそれは、翻訳者であっても、同じ。

 

発明の本質、そして確保したい権利範囲は何か。

 

できる限り、和文作成者、弁理士の方、そして発明者にまで心を寄り添わせることで(そしてもちろん入念な下調べで)、それを特定した上で、自分の英語表現力を駆使して、英語に訳す必要があると思います。

 

そう、努力、が必要・・・。

 

「努力」、という土俵、これだけは、ネイティブ(ネイティブ翻訳者・ネイティブ知財担当者など)でも、日本人弁理士の方でも、日本人翻訳者でも、同じ立場に立てる。

 

そう、「資格」が無くても、「努力」、という点だけは、同じ土俵に立つことができます。

 

 

翻訳者は、知的財産に関する資格を何も有していないからこそ、「日々の努力」という点で、もっと、もっと、頑張らないといけない、と思っています。

 

 

●発明の本質を理解する努力、発明者・弁理士の方、つまり「和文」、が確保したいと思っている権利範囲を理解する努力・・・。

 

 

翻訳レートに見合わないからそこまで出来ない?

 

・・・NO

 

レートに関わらず、そこには「料金」が発生しています。1円でも料金が発生している以上、適切な価値をお客様にお届けする必要があると思います。

 

 

それに「努力」は気持ちの問題でもあって、気持ちを変えるだけでも、仕上がる英文が、変わってくると思います。

 

 

 

翻訳者さんたち、共に頑張りましょう。

私も試行錯誤ですが、頑張ります。

コメントは受け付けていません。

pagetop