ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

やめられない、とまらない

という仕事が人にはあるものでしょうね。

 

私の場合は、やはり翻訳。

 

 

なお、私の仕事には、講師業、翻訳業、執筆の3つがあります。

 

講師業は講座の資料作り、講義スライド準備、英語添削、そして当日の講義。

 

執筆は合間を縫って、気の向くままに、色々なテーマを書いています。

出来るだけ早朝と夜中は毎日少しの時間でも執筆に当てたい。また出張するようになれば、移動中も執筆に当てたいです。

 

 

そして、翻訳・・・。

最近はもっぱら社内の英英リライトに徹している毎日ですが、ユー・イングリッシュ全員+外注様にお願いをしても、人手不足になることがあり、さて、私も第一翻訳者として担当。

 

特許翻訳、これをはじめると、私は目の前が見えなくなります。

 

楽しいというか、楽というか、きっと、「楽しい」と「楽」って、漢字が同じだけあって、気持ちも同じなんだろうな、なんて・・・。

「楽(らく)」というと翻訳に対して失礼ですが、なんていうか、自分が自然体で、ストレスゼロ。

苦しさもゼロ、とにかく手がとめられないのです。

「ちょっとだけね」と自分に言いわけをしながら、ファイルを再度開く、の繰り返し。

 

今回の案件は重複が多かったので、途中繰り返しの作業も多かったのですが、それでも、自分で訳したもののリライトは、楽しみもひとしおでした。

 

平日は忙しいので、週末を使って、一気に完成してしまった・・・。

週末予定していた他の仕事を放置して・・・。

 

騒ぐ、心が、騒ぐ。もっと、もっと、翻訳をしたいのよ!

 

 

そして、ああ愛しの翻訳原稿、本当はもう少し一緒にいたいけれど、状況が許さないため、一旦社内の別の工程へと手渡したいと思います。

 

 

特許翻訳ができる幸せを、再確認をする一日でした。

 

 

 

さて、そんな嬉しさ、楽しさ、を糧にしながら、今日もone step forwardを目指して、自分にお声がかかる少々苦しい類の種々の仕事へと戻り、頑張りたいと思います。

 

ありがとう、特許翻訳!

コメントは受け付けていません。



pagetop