ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

「なぜ英語が好きなのですか」と尋ねられることが多くあります。ですから、その「想い」を、ここに英語で表してみます。

 

「想い」を伝えるためには、日本語よりも、英語のほうがストレートで簡単です。そのことこそが、私自身が、英語を好きになった理由です。

 

 

Afterword

I fell in love with English when I was 13. I liked the sound of English. I fell in love

with writing in English when I was 18. I liked the logical way of thinking and sequencing information in English. My shyness, hesitation, or reluctance to speak out, was replaced by my strong urge to convey information logically. I was a completely different person in English.

 

My initial passion for the logical way of thinking in English, in my teenage years, all came back to me when I started to work as a professional patent translator and learned Technical Writing in English, or writing correctly, clearly, and concisely.

 

My work as an instructor of Technical Writing is powered by my strong love for English. I want many people, including engineers and scientists, to find the beauty of English and love English. I want many English professionals, including translators of Japanese patent documents to English, to enjoy the beauty of English and deepen their love for English.

 

Keep writing and enjoy.

Yukiko Nakayama

 

 

 

拙著「外国出願のための特許翻訳英文作成教本」の原稿では、こんなAfterword(あとがき)を書きました。

 

「英語ライティングの楽しさを経験する人が、一人でも増えますように」、と願って書きました。

 

 

さて、本日ここに、このAfterword(あとがき)の原稿を共有させていただいたのは、拙著p401、このAfterwordに、誤記が生じてしまったためです。

 

2段落目で、…when I started to work as a professional patent translator and learned Technical Writing in English…としていたのですが、校正の最終段階で、私が余計な修正指示(learned→started to learnに修正)を出版社に出したことにより、修正指示が上手く伝わらず、不要語が入ってしまいました。(なお、著者である私ですが、今回、最後の修正後の原稿を、最終確認することが、許されませんでした。何度かお願いをしましたが許されず、その点、非常に残念に思っていました。)

 

 

実際の拙著で、次の誤記が生じています。著者である私の責任を重く感じ、ここに、お詫びと訂正をさせていただきたく、お願い申し上げます。

 

訂正:

P401, 2段落目

and started to learned technical writing(誤記)

→and learned technical writing(訂正)

 

 

 

出版社のホームページに、正誤表を掲載してまいります。

 

読者の皆様に、お詫び申し上げます。

 

コメントは受け付けていません。

pagetop