ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

学生さんから、嬉しいご報告をいただくことがあります。今日もとても嬉しいご報告がありました。

 

「頑張ったら、成功した」「夢がかないそう」「目的の進路に、進めた」「これから~を頑張りたい」

 

私にメールを下さるとき、それは、ご報告に加えて、これからの「決意表明」のような文章だったり、します。

 

そんな「前を向いて進む」若い人のご報告を聞くとき、幸福を感じます。夢に向かうキラキラした瞳が、メールの文脈からも、感じられます。

 

若い人の背中を押したり、そっと支えたりすることは、少し年上である私たちの役割なのでしょう。

自分に伝えられる何か、私の場合はテクニカルライティングなのですけれど、それを使って、本当に微力ですが、若い世代を支えていきたい、とそんな風に、思っています。

 

そんなことを思いながら、本日の学生さんからのご報告に、感謝していました。

 

 

さて、学生さんに限らず、もしも、テクニカルライティングを学んでみたい、テクニカルライタ/翻訳者になってみたい、自宅で自由に仕事がしたい、ゆくゆくは独立したい、などの思いを抱える方がいらっしゃれば、もし私にできることがあれば、お手伝いしたいと思っています。

 

そんなことで、2015年も、まずは少しですが、講座を企画しています。弊社ホームページには、12月の一週目後半あたりに、新しいセミナーの情報を掲載する予定です。

 

ただ、本日の学生さんと全く同じで、その「夢」を実現するかどうかは、ご本人次第です。

私を講師として学ぼうと思ってくださる方がいらっしゃるとすれば、素早く講師から吸収できるところを吸収し、そして、優に、超えていっていただく必要があります。

講座からも、集中的に、学べるところを学んでいただき、どんどん、卒業していただくとよいと思っています。

 

それぞれのご受講者が良いところを持っていらっしゃるので、講師から学べるところは吸収し、ご自身の強みについては、さらに自信を持って、ご自分で伸ばしていかれるとよいと思います。

 

先の学生さんと同じに、色々な意味で、優に超えられた、と感じるとき、そしてまぶしい背中を送り出すとき、私はとても嬉しく感じます。

最近のセミナーでも、そんな予感を感じる学習者の方々がちらほら見えていて、嬉しい限りです。

 

さて、私自身も、進化したいと思っています。ですから講座では、進化のペースがどちらが速いか、競争、ですね。

私も真剣勝負で、頑張ります。

コメントは受け付けていません。

pagetop