ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

随分広く技術分野の翻訳を経験した、と思っていても、知らないことが沢山あります。

 

案件ごと、仕事ごとに、新しい技術に出合う、といってもよいくらいです。

 

例えば比較的新しいスタッフが訳している案件は、そのスタッフが、自分が特許の経験が比較的浅いから、知らない技術分野が多く、調べものをたくさんしなくてはならない、ということではないです。

 

新しい翻訳者も、ベテランと思われる翻訳者も、そして自分も、常に、翻訳やリライトの過程を通じて、その技術を新しく学び、調べる時間が多く必要です。

 

翻訳やリライトが終わるころには、技術の中身を英語・日本語の両方で、理解ができ、説明ができるようになっているものです。

 

 

そして第一翻訳者にとって大切なことは、Be professional about the topic you are translating.

 

ですから、私のリライト時には、第一翻訳者に、できるかぎり、技術のことを口頭で教えてもらうようにしたいと思っています。

 

第一翻訳者が、最もその技術内容についてよく調べ、よく理解をしているためです。

 

これまでの経験と知識や勘に頼る自分ではなく、その翻訳にしっかりと向き合い、実際に訳した第一翻訳者のことをいつでも信頼し、教えてもらうようにしたいと思っています。

 

 

ですから翻訳者は、

Be professional about the topic!

 

 

ときには知財担当者や技術者とも語り合える、または提案ができるほどに、Be professional about the topic!

 

そしてリライタの私も、エンジンがかかるのが遅いながらも、リライトが終わる過程において、being professional about the topic.となっていくことができるのです。

 

 

今回のリライトでは、今やっと、技術内容の理解ができてきました。

第一翻訳者に教えてもらった内容と、自分が理解した内容、調べた内容、がつながってきました。

 

 

こうなってくれば、あとは、もう大丈夫です。リライトの出口が見えた。

 

第一翻訳者の特徴をとらえ、必要箇所を修正します。読みやすい英文、正しい英文へと導くのがリライタの仕事でしょう。

 

Learning is a gift.

 

 

何年たっても新しいことを学べる翻訳の仕事は、素晴らしい。

 

 

初心者もベテランも、みなが「自分、自分」と推すのではなく、みなが謙虚であり続けたい。そして目的に向かって日々努力し、翻訳とリライトを通じて学び続ける、そして願わくば仕事を通じて幸せになり続ける、そんな会社でありたいと願っています。

 

コメントは受け付けていません。

pagetop