ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

これまで、目の前に来る新しいことに対して、Noと言わないで、仕事をしてきました。

少し難しそうでも、また果てしなく難しそうな仕事でも、また少し時間的に厳しそうな仕事でも、よほどのことが無い限り、新しい仕事に対して、Noとは言わない。

 

目の前に来たら、とにかく受け入れ、その後、最大限の努力をすることで、なんとか形を作る・・・。

すると、帳尻合わせのように(?)、なぜか、出来そうにないと思っていたことも、なんとか、出来るようでした。

 

しかし最近、それでは自分の体がもちそうにないことに気づきはじめ、少しだけ、自分をコントロールするように、なっていました。

 

いくつかの基準を自分の中で決め、その基準に照らして、YesかNoかを、最近は、決めるようにしています。

 

その基準は主に、「その仕事の目的」と「時間的な余裕度」です。

 

今、1つ、オファーがありました。Noと言おうかなあ、Yesと言えば、なんとか出来るのだろうけれど、少し色々と難しそうで、時間的にも無理があるなあ、と思う、オファーでした。

 

しかし、私は、一瞬の迷いもなく、Yesを、言ってしまいました。

無理をせずに、プランBを選ぶこともできたと言うのに、プランAで即答のOKを出し、詰め込んでしまいました。

 

自分というのは、芯の部分が、10年前と、15年前と、少しも変わっていないことに、驚いてしまいます。

 

なお、即答した理由は、その仕事を行う「目的」が、自分の今後の目的に合致していたためです。

 

「目的」、これがきっと、私にとっては、一番の原動力になるのだと思います。

 

さて、また必死で頑張らなければいけないと思うのですが、何かに押されて(自分で自分を押しているかな)、前に進んでいきたいと思います。

コメントは受け付けていません。

pagetop