ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

大阪セミナー ご受講者の声


大阪開催技術英語基礎セミナーを終え、アンケートに記載いただいた、皆様の声を、読ませていただいていました。

 

色々なご意見が、ありました。

 

●アンケート結果の全貌は、明日以降、弊社ホームページにアップする予定ですが、一足お先に、「声」を整理したものを、ここに記載いたします。

 

*全員文の声を拾いますが、読みやすいよう文言を簡略化する(適宜、~します。→~する。に変更)とともに、概ねの内容別に、見出しをつけます。

 

<講座の全体的な感想>

•とても勉強になる良い講座でした。英訳作成を、リライト練習を通じて向上させていくというユニークな講座だったと思います。

•簡単そうに見える文でも、読みやすさや簡潔さを重視すると訳すのが難しかったり、先生のリライティングを見て「あー、そんなにシンプルな文章になるのか!」と驚いたり、とても学ぶことが多いセミナーだった。一方、従事している特許翻訳関連の仕事ではまだ直訳、ミラートランスレーションの傾向が強く、またクライアントがその傾向を強く望んでいる現状もあり、なかなか実務に直結させるのは難しいようにも思えた。

•全5回を受講して、テクニカルライティングの基礎、概要はつかめたと思う。あとは繰り返し実践することが必要だと痛感している。その背中を押していただける何かを頂けたらさらに嬉しい。

•翻訳の仕事では和訳が多いため、今回のような機会はブラッシュアップによかったです。

•英訳の基本勉強をしてこず、さまざまな教本ですべて独学してきたに過ぎませんで、五里霧中だった。基本のキから分かり、非常にありがたかった。結論として、3Cの決まりごと、短い文章、主語をそろえるなど、重要かつ必要なテクニックがわかった。

•非常に役に立つ情報、コツを惜しみなく教えていただいてありがとうございました。演習があったことも大変良かった。

•分野的には難しかったですが、英訳のスキルの面で勉強になった。

•毎回、目からウロコポイントやヤル気注入ポイントが山盛りで大感謝です。

•EPWINGの辞書に依存していますのでこれを使えない教室での日英はハードルが高かった。

•簡潔な英文を書くことの重要性がよく分かった。そのための方法や勉強のやり方はとても参考になった。

•講義の度に、勇気を頂きました。

•いつもmotivationを高めていただいております。ありがとうございます。

•英語のことだけでなく、勉強する姿勢について、色々と励まして頂き、本当に感謝しています。

 

<弱点が見えた>

•2回しか受講しておりませんが、自分の訳の弱点が見えてきた気がします。

•日本語に引きずられる癖を今回も認識。視点を揃える!=主語を意識して、一貫性を持たせることをもっと意識していきたい。

•視点の揺れが課題です。また、流れを受ける、がよく理解できた。

•自分の課題が明確になった、良いセミナーだった。自費で参加した価値があると思う。

•自分の中でもやもやとしていたことが、何がもやもやしていたのかが分かってきたような気がする。

•語の選び方など細かな部分まで、全てが参考になりました。いただいたテキストやアドバイスを、今後何度も復習して実力を付けたいと思います。ありがとうございました。

•自分は文法ができないと言われてきました。でも短い文をクリアにかこうとすることは良いと言われてきました。この講義を受けて、言われてきたことがよくわかった。

 

<難しかった・スピードが早かった・習得できなかった>

•今の私には難しすぎましたが、理解できる部分は勉強させていただき、また、翻訳にあたっての向き合い方のイメージが見えてきた気がする。

•スピードが早く時々ついていくのが大変でしたが、毎回密度の濃い内容だった。しっかり復習したい。

•私の英語力不足のせいですが、スピード(説明やリライト)が速くてちょっとついていけなかった。

•英語を訳す量をこなしていないため大それたことは言えませんが 洗練された文章を書く技術(コツ)が把握できなかった。

 

<講座の改善案>

•3C英訳のための役立つ表現を具体的にもっと教えて頂けたらより良かったかとも思った。

•冠詞や単複など、単文の文法エクセサイズ(?)ドリル(?)のようなコーナーがあるとうれしい。

•月1回のペースだと連続性がとぎれてしまうので、隔週くらいのペースがよかった。

•最後の回のように課題にしていただけるとありがたかった。

 

<今後の決意表明>

•日本語にひきずられない訳し方を意識していきたい。

•学んだことを活かして、最初から3Cの英訳ができるよう努力する。

•トライアル挑戦しつつ、スキルアップしていきたい。

•特許ならコレ、マニュアルならコレ、お客様/ユーザ向けにはコレ、というように自分でスタイルを変えて、多種多様な文書に対応できる翻訳者にならねば、と改めて思った。

•セミナーに出席したことにだけ満足して終わるのではなく、これから自分でいかに勉強して練習を重ねていくことが大事なのかが分かった。

日本人的な英訳をしてしまうのですが、先生の講義を受けて、少しですがコツがわかった。通常仕事では和訳しかしないので、忘れないよう英訳を引き続き勉強したい。

•今後、これを礎に、さにNative English情報を蓄積し、引き出しが増やせればと思う。心から感謝いたします。

•勉強の方法は少し分かったような気がするので、いつも心がけながら努力したいと思う。

•先生のような方でも細切れの時間を使って自分に課した勉強をなさっていることに大きな刺激を受けた。道は遠いですが、少しずつでも前進してゆきます。

 

 

色々なお声をくださいまして、ありがとうございました。

講座の改善や、今後の講座企画に、皆様の声を反映できるよう、努力します。

pagetop