ユー・イングリッシュ

?= $title; ?>

11月の大阪開催基礎セミナーで、講義内の雑談で、前置詞に触れることがありました。話しかけたまま終わってしまいましたので、気になっている方がいらっしゃるかもしれませんので、ここに、記載しておきます。

 

お店の掲示例:

The shop is closed until Monday.

 

 

この場合、お店はいつ、開きますか?

月曜日でしょうか?火曜日でしょうか?

 

 

複数の方からいただいた予測:

「お店は火曜日に開く。つまり、月曜日まで、閉まっている。」

 

さて、このお店が実際に開いたのは:

「月曜日。」

 

 

「え?」・・・という感じでしょうか?

 

そう、前置詞は、その前置詞が表すイメージを、理解することが、大切です。一つ一つの前置詞を正しくとらえ、理解することが必須です。

 

個人的には、前置詞at, in, onにはじまり、of, by, with, over, under, above, below, それからacross, throughなどと、前置詞の深い理解が、比較的スムーズに、進みました(これらの技術英語で大切な代表前置詞については、拙著や各セミナーでもよく扱うため、説明を割愛します)。

 

そんな中、私が理解するのに時間がかかったものは、「untilはその時点を含むか」です。

 

私のuntilの結論です。

 

*****

untilの結論:

– 「継続の終了時」を示す。

– 「その時点自体は含むけれど、すべて突き通すほどは含まない」、と解釈するとよい(場合がある)。

–  解釈に悩む場合には、untilを使わず、より明確な表現を選択する。

 

 *****

 

上の例(The shop is closed until Monday.)の場合、「月曜日になる時点」は含むけれど、「月曜日すべてを突き通す」ほどは含まない、つまり月曜日ずっと休みである訳ではない。したがって、月曜日の、例えば朝10時、などには、「開店」している、ということになります。

(なお、別の文脈では、別の解釈がある場合もあるので、注意が必要です。)

 

 

 

加えて、技術英語の観点からは、曖昧に解釈が揺れる表現は使わない、ことが重要でしょう。

 

たとえば技術英語では、次のように具体的に書けば、明快でしょう。

 

The closedown period starts on XX(日付) and
ends on YY(日付). The shop will be open on ZZ(日付).

 

 

または、先の例であれば、次のように書くことができるでしょう。

The shop is closed now. It will reopen on Monday.

 

(このようなことを考えることになったきっかけについて、次のブログに記載しておきます。)

 

コメントは受け付けていません。

pagetop