ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

こころときめくNature誌!


最近、毎日少しでも時間を作って、自然科学誌Natureより、英文を個人の目的で収集していました。とても、勉強になります。

 

前からNatureを読むのは好きでしたが、今回、英文を収集しながら、その「魅力」に、とりつかれています。

 

もう危険なくらいに、Natureの英文に、心が入りこんでいます。

 

●動名詞による無生物主語のSVO

Reconfiguring these gate sequences provides the flexibility to implement a variety of algorithms without altering the hardware.

Nature 536, 63–66 (04 August 2016)

 

Understanding the amazingly complex human cerebral cortex requires a map (or parcellation) of its major subdivisions, known as cortical areas.

Nature 536, 171–178 (11 August 2016)

 

●抽象的な名詞や手法を主語にしたSVO

The ability to determine the structure of matter in three dimensions has profoundly advanced our understanding of nature.

Nature 463, 214-217 (14 January 2010)

 

Light- and ink-based three-dimensional (3D) printing methods allow the rapid design and fabrication of materials without the need for expensive tooling, dies or lithographic masks.

Nature 540, 371–378 (15 December 2016)

 

●SVCもgood

Reconstructing the history of tropical hydroclimates has been difficult, particularly for the Amazon basin—one of Earth’s major centres of deep atmospheric convection.

Nature 536, 171–178 (11 August 2016)

 

●SVもgood

However, achieving the global agenda will depend heavily on successful national-scale implementation, which requires the development of effective science-driven targets tailored to specific national contexts and supported by strong national governance.

Nature 544, 217–222 (13 April 2017)

 

 

主語動詞に焦点を当てただけでも、こんなに素晴らしいのですが、それ以外の他の細かい表現についても、語り出すと、きっとかなりの時間を、かけてしまうと思います。(セミナーができそう・・・。)

 

 

「SVO」を中心として、SV、SVO、SVC、この3つの英文の組み立て方法が、重要です。

シンプルイングリッシュの、重要ポイントです。

 

 

なお、英文を精査するとき、「この表現はまねをしよう」「この表現は、自分は使わないようにしよう」という自分の判断基準が確立すると、英文を見るときの世界が変わります。

 

そしてどんどん、自分の指針にあった表現を、ぶれることなく、吸収していくことができるようになると思います。

 

また、細かいことに立ち止まらず、大ざっぱに、どんどん良い表現を吸収していくことが可能になり、英語ライティング力の向上に役立つと思います。

 

(「英語ライティングの向上」といえば、5月28日の工業英検1級、みんな、どうだったかな。今回は試験形式が新しくなり、リピーター受験者の方にも何らかの新しいスタートとなると良いのですが・・・)

 

 

さて私の判断基準は、

 

  • 正確、明確、簡潔であること
  • 読み手のための英語であること

 

という大きな軸に加えて、

 

  • 自分は非ネイティブであること、ネイティブのみならず、世界のノンネイティブに伝わる、勤勉なノンネイティブ(特に日本人)ならではの英語、つまりノンネイティブによる高品質英語、を目指すこと

 

また、

 

  • できるだけ正式に表現すること、カジュアルに崩すのは、いつでもできることなので、まずは、どこにでも出せる正式な表現を心がけること

 

 

これらを心に留めて、取捨選択をしながらNature誌を読むと、本当に、ドキドキと、心が「ときめき」はじめます。

 

 

個人的に、今の自分の仕事についてとてもありがたいと思うことは、損得も考えず、誰に対する気兼ねもなく、ただ心にしたがい、興味にしたがい、仕事を進めていけるということ。

 

勉強が仕事であって、仕事が勉強である。これは、本当に、ありがたいことです。

 

 

Learning is a gift, again!

 

ありがとう、Nature!

授業4コマ連続


4コマ連続の授業というのは、結構、骨が折れるものです・・・。

 

昨年私は、朝に奈良で2コマ、その後移動して午後に京都で2コマ、という別の大学での4コマを、同日に担当していまして、そのときはさすがに、「大丈夫か自分?」と問いかけていました。

 

しかし、やってみると意外に大丈夫なもので、どちらの大学でも、本当に楽しんで、授業をすることができました。

 

いつも授業中は元気ですが、その曜日は特別に、どちらの大学でも、元気でした。

 

移動のドライブもなかなかの距離でしたが、それも意外に、気分転換になっていました。

自分は結構「タフ」だなと、そのとき、思っていました。

 

今年は業務の矛先を少し変えていますこともあり、昨年に比べて大学講義をかなり減らしています。

同日の授業は1種類2コマで、とても丁寧に、授業に取り組めています。

 

 

そういうわけで、「4コマ連続」、というのは、今年は「教える」ほうではなくて、「受講する」ほうの授業です。

 

今年は、4コマ連続の授業を受講するように、組み込んでいます。業務の邪魔にならないよう、業務外の時間に入れています。

 

Never too late.(何事もはじめるのに遅すぎるということはない)をモットーにした、この種のトライは2回目・・・。いつまで出来るかな・・・。

 

Never too late. は本当だけれど、しかし、若い学生達のように自分に使える時間がふんだんにあるわけではないことも、事実なのです。

 

大人になればなるほど、Focus!(一点集中)が必要で、あまりに「寄り道」をすることを自分に許してはいけない・・・。

 

さてさて今回のトライについて、この先、修了できるかな? できないかな? それはまだ、分かりません。

 

できたとしても、できなかったとしても、しかしトライしたことには無駄はないと考えています。

 

いつも心に留めていること、それは、今もし、途中で何かを終えてしまった(または終わってしまった)としても、そこまで歩んだことに無駄はない、十分に良かった、と思える状態を、常に、保つようにしています。(学びだけでなく、何事に対しても、そう思っています。)

 

つまり、何に取り組む時も、「無事~できたら」、といった先の何かを目指すのではなく、今この瞬間に、いつもこれまでの過去を、清算できるような状態を、心がけています。

 

 

さてとにかく今期も、自分なりに、ほんの一歩でも、前に進めることを願っています。

 

****

本日は国際的な「条約」の授業。

魅力ある先生の、本日の言葉:

「条約を守るように、法律が組み立てられている。したがって、条約を理解しておくと、法律の理解がうまくいく。」

 

 

なるほど!

 

 

そして、実は本日、一つの長年の疑問に、自分なりの「答え」が出ました。

この「条約」と「各国の特許法」との関係を考えた時に、「PCT出願の逐語訳のあり方」、に関して、一つ、自分なりの解にたどり着きました。(私は特別に理解が遅い)

マニアックな劣等生の質問に追い回される講義担当の先生は、大変、かもしれません。感謝。

 

Yes, Learning is a gift!

****

 

・・・自分が学びたいと思う以上、いくら劣等生でも、どんな環境でも、「心」だけは自由です。ですから誰にとっても(自分にとっても)、学ぶことは、許されていることだと考えています。

 

 

*****

Live as if you were to die tomorrow.

Learn as if you were to live forever.        (Mahatma Gandhi)

****

 

 

そしてついでに若返りも、目指そうか・・・。

 

****

Anyone who stops learning is old, whether at twenty or eighty.

Anyone who keeps learning stays young. The greatest thing in life is to keep your mind young.                                                 (Henry Ford)

****

「やる気のある方」のご協力求む


翻訳に関して伸び悩んでおられる方を、目にすることが、あります。

 

とても良い翻訳者なのに、悩んでおられる。

 

本当に素晴らしい翻訳者で、もっと、もっと、良い英文を書く力をお持ちなのに、なぜかその先の一段階へと、進むことができず、伸び悩んでおられる(ように見える)。

 

それも比較的長い間、「その先への一歩(大幅な一段階)」を登ることを、されていない・・・。

 

個人的には、なぜだろう、と不思議に思っていました。絶対に出来る実力をお持ちなのに、なぜ・・・と。

 

しかし最近、少しずつ、「わけ」が分かってきました。

 

「世の中の仕組み(?)」が分かってきた、というか・・・。

 

また同時に、何事も自分の尺度で計ってはいけない、ということも、分かってきたのですが・・・。

 

 

そう、「先に進めない」という方は、ご自分の意志で、先へ進むことを、止めておられるようなのです。

 

 

「躊躇してしまう」

「自分には出来ないと思ってしまう」

「また、優先事項がそこにはなく、人生において、別のことを優先しておられる」

 

 

「そういうこと・・・」、と、今さらながら、理解をしました。

 

「出来ない」「難しい」という方は、本当に「したい」とは思っておられない、という場合があるということが、今さらながら、分かってきました。

(なお、「したい」と思っていないことをしなければいけないのは、誰にとっても苦痛なものですから、それを求めることは、いけないとも理解しています。)

 

 

私は「種(species)」の勉強をしたことがありませんが、「人」という「種類(species)」は、所詮「人」なのです。

 

他の動物のように「優れた耳」を持つこともできないし、他の動物のように「早い足」をも持つことも、できない。

 

限りある「誤差範囲」の中で、互いに背を比べ、互いに能力を競い合う。

 

その中で、ある部分に優れた能力を発揮する人がいたり、他の人はまた違う能力を発揮したり・・・。

 

つまりその「誤差範囲」の中での能力を、ある特定の分野で、(まるで誤差範囲を超えるかと思えるように)発揮する人は、やはり本気で、そのことを欲し、そのことに「心を向けて」いるのでしょう。

 

そしてその「心を向ける」内容が、たまたま(または本人の意志により)「仕事」と一致すれば、「仕事」は一日のうちで多くの時間を占めるために、どんどんそれが、上手になる・・・。

 

どんどん出来るようになり、そしてその分野で、exponentiallyな成果を上げるのでしょう・・・。

 

 

さて、本題です。

特許翻訳に「心」が向いている人、もしいらっしゃれば、弊社にご協力を、いただけませんか。

 

工業英検2級以上を持っている人が好ましいのですが、応募時のご実力は、特には問いません。

一日数時間の不定期アルバイトから、じっくり腰を据えた翻訳、まで、色々な形態が考えられます。

 

最終目標を「日英特許翻訳」および「英英リライタ」としていただき、個人のご事情やご実力に応じて、翻訳から他の色々な業務(資料の収集や図面の処理やファイル整理など)まで、色々な可能性があります。(どのようにしていただきたいかは、丁寧に、お伝えいたします。)

 

特許翻訳に「心」が決まっている方で、もし弊社に協力したいと思ってくださる方がいらっしゃれば、是非に、ご連絡をいただきたいです。

 

http://www.u-english.co.jp/recruit/に掲載していますメールアドレスに、まずはご連絡をください。

募集要項には色々書いていますが、まずは気軽にメールをいただければと思います。

またご希望の条件と勤務形態も、メール本文内にお書きください。

pagetop