ユー・イングリッシュ

?= $title; ?>

素晴らしい学生たち


今期も大学の授業を無事終えることができました。

 

今期、私、精一杯、頑張りました。(自分で言って、すみません。)

 

それに精一杯、応じてくれるのが、若い学生達・・・。

 

●2つの大学で、ライティングコースの締めくくりである最終英語プレゼン大会、をしましたが、いずれも、素晴らしかった。

 

1つは、修士2年生。

 

2年間のコースの集大成。最後まで残ったのは非常に少ない人数でしたが、各人が、本当に素晴らしいプレゼンターでした。

 

難しい各自の修士課程の研究内容を、ゆっくり、丁寧に、説明してくださいました。

 

原稿も暗記されていて、本当に、素晴らしい。

 

この大学では、10年前、プレゼン大会が、全く、成り立ちませんでした。あのときは、苦しかった。私も苦しかったですし、学生達も、苦しそうだった。

 

しかし、こんな日が来ることは、本当に、夢のようです。

 

素晴らしい・・・。

 

本当に、素晴らしい・・・。

 

彼らはどのように、日本の将来を背負っていくのでしょう。

 

若い現時点で素晴らしい英語プレゼン力を持っているのですから、きっと、日本を引っ張っていってくれることでしょう。

 

日本の技術を、海外に、しっかりと、伝えていってくれることでしょう。

 

また、そんな人材を、育てていってくれることでしょう。

 

これからもずっと、頑張ることでしょう。

 

そして彼らが、彼らを上手く「後押し」push, push, push!!!してくれる、良い大人達に、巡り会えますように・・・。

 

彼らの才能を認め、尊敬し、後押しする、そのような良い環境に、恵まれますように・・・。

(学生との年齢が広がった今、すっかり、親心、です。)

 

 

●さて、もう一つの大学は、学部2年生。

 

少し前まで高校生だった彼らは、英語プレゼンどころか、プレゼン自体が、はじめて。

 

パワーポイントもはじめて、PCのケーブルのつなぎ方、にも、不安があるご様子。

 

(私: 心配。どうかな?大丈夫かな?1年間頑張ってきたけれど、みんな、大丈夫・・・?)

 

ところがところが、始まるやいなや、彼らのプレゼンに、引き込まれました。

本当に、素晴らしかったのです。

 

5分間きっちり、原稿見ないで、話す!話す!

 

しかも、ゆっくり、はっきり、綺麗な英語発音!

 

アイコンタクトもgood!!!

 

笑顔もgood!!!

 

輝いている!

 

もちろんプレゼン内容も、選んだテーマとそのテーマの「山場」の出し方も、それぞれが個性的で、素晴らしい。

 

質疑応答でも、質問、する!する! 答える!答える!みんな、頑張る!!!

 

5分間のプレゼンを終えた彼らの顔は、本当に、素敵でした。

 

素直に、各人それぞれの良さ、それぞれのパフォーマンスが、本当に、素晴らしい、と思いました。

 

そして、クラスメート同士も、お互いの良いところを認め合い、尊敬しあったようでした。

 

クラスメートからの尊敬のまなざしと、褒め言葉のコメントが、みんな、一番嬉しかったと思います。

 

 

「頑張った!」

「そうしたら、出来た!」

「自分、so cool!(自分、カッコイイ)!」

 

そんな成功体験が、自信につながり、みんなの「これから」、につながってくれることと願っています。

 

みんな、ありがとう!!!

書くことが好きだということ


syogatsu2016

2016年が始まっています。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、しばらくブログをお休みいたしましたが、早くも、戻ってきました。(I am back now.)

 

ブログを休止しようかな? と思っていました。

 

理由は、単純に、ブログを書くことで、業務の時間が取られることがあるかもしれない、と思ったためです。

 

なお、ブログ記事は、時間をかけなくても、すぐに、書くことができます。

 

しかし、なんとなく、ブログを書くことで、業務中に休憩をしているようで、自分の中で、少し、煮詰まってしまいました。

 

私自身は、実はかなり、ストイックです。

例えば、講師の仕事が終われば、ちょっとゆっくり、などということは全く無く、「走って帰る」、勢いです。

翻訳業も、待っていますから。

 

走って電車を乗り換え、そして、自宅最寄りの駅からも、講師のはじめの10年、本当に、走っていました。(今はその体力が、あまりありません)。

 

またフリーランスで自宅で翻訳していた10年間、自分のためにコーヒーを入れたことが、ただの一度も、ありません。

コーヒーを入れる、という行為(=休憩時間)、またコーヒーを飲みながら仕事、という「ながら行為」(=優雅)に、自分への甘さ、を感じてしまっていたためです。(年を重ねて自分に甘くなり、今は自由にしています。)

 

したがって、こうしてブログを書いていることで、なんとなく、業務中に休憩しているようで、お客様に対して、申し訳無いような感じが、していたのです。

 

したがって、「どうしても書きたい」という必要性が生じるまで、しばらく、厳しく休んでみよう、と思いました。

少なくとも、1月いっぱいは、休もうと考えていました。

 

ところがところが、ブログを書かないつもりが、業務の中で出てくる考えを、整理するために、ついつい、ブログのようなもの、を書き溜めて、しまいました。

 

私、書くこと、好きなようです。(今年の発見です)

 

 

ところで、「書く」ということに、とても、人間らしさを感じる時があります。

 

なぜなら、人は、「言葉」を使って考えるから。

その、頭の中に飛び交っている「言葉」を、文字化することが、「書くこと」です。(あたり前ですが)

 

そのように、文字化することで、自分はこのように考えていた、や、先ほど理解した内容は、このようなことだった、のように、「書くこと」で、頭の中が、綺麗に整理できるのです。

 

書くこと

 

これは、もしかすると、私のライフワークになっていくのかもしれません。

 

翻訳も、英語や日本語を書いて表すことですし、英語も日本語も、書くこと、これこそが、私自身の仕事なのかも・・・。

 

私自身のことはよそにおいても、「書くこと」が、人だけに出来る、人間らしい行為である、ということは、確かです。

 

書くことにより、言葉が整理できて、そのことにより、「言葉を使って考える」私たちは、「考える力」、までも高めることができるのでは?

究極的には、そんなことを、思いはじめています。

 

そういうわけで、ブログ、再開します。

 

不定期ですが、随時、ブログをアップしてまいります。

(ただ、Facebookのほうは、休止させていただきたいな、と考えています。これまでFacebookでご支援をくださった方々、誠にありがとうございました。)

 

また、書くことの代表例である「執筆活動」も、そろそろ再開をしたいと思っています。

 

あともう少し、私には、仕事があります。

 

特許の分野ではないけれど、特許翻訳と同じだけの力を入れて、私がこれまで行ってきたもう一つの側面(英語講師関係)、についても、執筆活動を、行う準備をしなければいけません。

 

人生は、何年あっても、足りない。

 

急がなければ・・・。

 

pagetop