ユー・イングリッシュ

?= $title; ?>

私の履歴書


些細なことからご縁がつながり、履歴書を書いていました。

大学関係のお仕事には履歴書が必須ですが、私がいつも頭を悩ませるのが、「研究暦」。実務経験は比較的多くありますが、私の履歴書は、研究暦に弱い。

 

「研究か、実務か」と、悩むところです。

 

なぜなら、修士論文を書いたときに実感しましたが、研究(私の場合は英語教育、テーマは「自立した英語ライタの育成」)には、本当に時間がかかる!

 

修士論文用の先行研究から実験(大学授業で実験しました)にデータ収集と解析、英語論文執筆には、本当に、時間がかかりました。毎日「瞬く間」に時が過ぎ、何も進んでいないのに机に向かったまま一日が過ぎることもしばしばでした。

 

実務の時間は、無くなります。

 

翻訳の仕事を並行して続けながら行っていましたが、翻訳すれば同じ時間で5000ワード進むところが、論文執筆は1ページ、といったありさまでした。

 

研究はそれはそれで、楽しかったですが、私には、修士号をとるための「期間限定」で、十分でした。

早く実務100%に戻りたい、そんな風に考えながら、それでも修士論文350ページ超(8万ワード超)を書き上げました。(何事も「やりすぎ」てしまう私)。

 

もし英語講師がこんな具合に研究ばかりをしているとすれば、実務のために英語を書く時間、自分の英語力や英語指導力を改善する時間、というのは、激減すると思うのです。

長い目で見ると授業改善につながるのでしょうが、日々、目前の授業の準備を十分に行う時間が、取れなくなるかもしれません。

 

そんなことを結論付けて、「研究か、実務か」の中、私は実務を選ぶことを、正当化しました。

 

実務を選んだことで、肩書きや地位はなくても、本当に学生のためになる良い授業を、若い学生に届けられるように・・・。

私の次の「もくろみ」


本書を書こうと思ったきっかけは、ある研究者の次の言葉です。今から数年前、「英語の冠詞が苦手」という研究者の方に出会いました。

 

「英語ネイティブに、ここの冠詞、どうすればよい?と尋ねたら、どっちでもいい、と言われたんです。どっちでもいいようなシステム(冠詞)は、無くしてしまえ!」

 

いつも冷静な研究者の方のこの時の剣幕を、今でも鮮明に覚えています。その時以来、理工系の研究者にとって、英語がもっと分かりやすいものにならないかと考えてきました。「どっちでもよい」とネイティブに言われても戸惑わないように、ノンネイティブはノンネイティブとして、自信をもって英語表現を選択していく道はないものか、と考えてきました。

 

本書では、日々英語を書く必要性に迫られる実務者を対象として、技術系英文作成の基礎から応用までを解説します。本書が、英語に関して憤りを感じている理工系研究者の方々、または研究者の技術を伝える役割を担う技術翻訳者の方々の手助けとなることを願っています。ひいては本書が、日本の技術を世界の人々に正しく伝えることに役に立つことを願っています。

 

・・・・・

続きは、工業英語協会による機関紙「工業英語ジャーナル」に、9月号以降、執筆していく予定です。

 

 

私の次の「もくろみ」です。

「本」を書くのは、命がけです。今回の特許翻訳の本で生死をさまよったのですが、それでもまだ、懲りていないようです。

 

ちなみに特許翻訳の書籍は、amazonにタイトル「外国出願のための特許翻訳英文作成教本(中山裕木子著)」としてすでに掲載されていると知りましたが、発売日は、実はまだ確定していません。その点、申し訳ありません。

英文リライト②


技術英語講座(全4回)にご出席くださったある大学の先生に、講座終了後、「マグロの解体ショー」みたいだった・・・と言われました。

 

私「マ、マグロ・・・?」

 

バサバサ切りつける感じがするのかしら・・・?

 

次は別の授業で、お若い学生に「英文マジシャン」と呼ばれたとのこと。

 

私「マ、マジシャン・・・?」

 

クルクルと英文を動かす感じ・・・?

 

リライト例です:

                                                                          (原文から、一部変更しています)

 

若い学生による原文:

It is possible to take photos at any time by wearing the wearable camera, so anyone can take sneak shots easily.

 

→Wearing the wearable camera can take photos at any time, so anyone can take sneak shots easily.

(リライト中。未完成)

 

→Wearing the wearable camera allows us to take photos at any time, so anyone can take sneak shots easily.

(無生物主語を使ってIt is…to構文を避ける)

 

→Anyone wearing the wearable camera can take photos at any time, and thus can take sneak shots easily.

(主語をそろえて視点をそろえる。allowなどを使わない原文に近い形に戻す。自然に戻る。発想を変えてリライトし、自然に読める文章を心がける)

 

 

いつも思っていること:

英文リライトは、原文への尊敬の念と愛情を持って行うことが大切であること。原文を大切に、最大限に生かしながら、そして最小限の変更で、大幅な品質アップを目指したいと思っています。

英文リライトの効能


日本語から英語に訳す作業は、日本語と英語の2つの言語が大きく違うため、とても頭を使う作業です。ところが、一生懸命頭を使って表現しても、良い英文が書けるかというと、そうでない場合が多いです。

理由は、どうしても和文に引きずられて英語を書いてしまうためです。

 

翻訳段階では、いくら頭を使っても、次の3つの作業を同時に行っているため、負担が大きく、良い英文が書けないことが多くあります。

 

● 和文を理解する

● 英語を組み立てること(英語に翻訳すること)

● 英語をタイプすること

 

少なくともこの3つの作業を同時に行うため、これが阻害要因になり、自然な英語を組み立てるのが、難しい場合があります。

 

そこで役に立つのが、完成した英文のリライト作業(ブラッシュアップ)です。

書きあがった英語だけを見て、ブラッシュアップしていきます。

 

ブラッシュアップは短時間で終えることができ、大幅な英文品質の向上が見込めます。リライトにかかる時間は、はじめの翻訳にかかる時間に比べると、10分の1やそれ以下など、非常に短い時間でしょう。一方、リライトをした文章と、ただ訳し上げただけの文章では、読みやすさが格段に変わります。

 

まずは各文章を正しくリライトし、その後、完成した文章同士を、適宜つないでいきます。

 

理系学生英文のリライト(授業より):

 

●学生による英文(一部変更しています)

In the summer, foodborne illness increase. First, bacteria which is cause of food poisoning is grow faster in hot and humid. Second, more people go outside leisure.

 

●リライト第1段階(各文章を正確に)

 

ポイント:名詞の扱いと動詞を正しく。表現を正しく。

 

第1文:

In the summer, foodborne illness increase.

→In summer, foodborne illnesses increase.

 

第2文:

First, bacteria which is cause of food poisoning is grow faster in hot and humid.

→First, bacteria that cause food poisoning grow faster in hot and humid areas.

 

第3文:

Second, more people do outside leisure.

→Second, more people enjoy outside activities.

 

●リライト第2段階(各文章をつなぐ)

 

第1段階を終えた英文(正確)

In summer, foodborne illnesses increase. First, bacteria that cause food poisoning grow faster in hot and humid areas. Second, more people enjoy outside activities.

 

→In summer, foodborne illnesses increase, because bacteria that cause food poisoning grow faster in hot and humid areas and more people enjoy outside activities.

(接続を表すFirst, Secondなどをやめて、文章同士をつなぐ)

 

→Foodborne illnesses increase in hot and humid summer when bacteria that cause food poisoning grow faster and more people enjoy outside activities.

( より自然に読める描写表現に変更する。完成。)

 

 

英文リライトは、慣れてくると、ごく短時間で可能です。

テクニックを習得すれば、読んだそばから、即座にリライトしていくことが可能になります。

理系学生の実験の日々


実践科学技術英語Ⅰでは、毎回、短文の暗記テストをしています。英文法に不安がある様子なので、とにかく、手を動かして書いて、覚えていただく。

 

さて、静かなテスト時間の中、変な音がした。

 

「カチャカチャカチャ」

 

???

 

しばらくしてもう一度、

「カチャカチャカチャ」

 

???

 

特定した生徒をじっと見てみると、

「あ、カバンの中からビーカーを二つ、とり出した。」

「液体が入ったビーカーを、混ぜた。」

「あ、カバンに戻した。」

 

そして、そ知らぬ顔をして、テストを続けた。

 

ビーカーの中は、何のsolutionでしょう?

 

実験タイマーの時間がきたから、混ぜたのね。

大切そうにビーカーを守る理系卵の学生さん、研究者としての素敵な一面が見えます。

 

英語も研究も、是非頑張ってください。

講師業と翻訳業と


7月の前半は、富山、大阪、東京、と講師業が続いていました。そして後半もまだ、名古屋、兵庫、広島、とさらに続きます。

 

特許翻訳のあるお客様は、「中山さん、講師業を控えて、翻訳業だけに徹してくれないかな」、と、過去にそんな風におっしゃいました。

確かに、講師業で一日外に出ている日、翻訳するのは夜中だけです。ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。

 

昼間に講師、夜に翻訳、と2足のわらじでそれぞれ実労7時間をきっちり確保していた時期もあります(今もそのようにしている日も多くあります)が、最近は、続くと、少し体力的に、厳しくなることがあります。

 

翻訳だけに集中して時間を割くことができたら、もっと、納品も早くなるし、処理量も増えるのに・・・。(申し訳ありません)

 

過去にお断りする案件が増えてしまった時期などには、「中山さん、ほんと翻訳だけにしてくれないかな・・・」、ということになります。(本当に申し訳ありません。)

 

でも今は、そんなお客様たちも、私のこの2本立てのスタイルを、許してくださっているご様子です。

 

– Teaching is learning.  教えることで、翻訳者自身が学ぶことができるため、スキルアップしていけるのではないか。

– 翻訳と講師と、どちらも続けてください。

 

そんな風におっしゃってくださりご理解くださるお客様に、本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私自身は、弊社設立時、翻訳業と講師業の2本立てを、心に決めました。

講師業と翻訳業、どちらも平等にお客様の満足度を高められるよう、精一杯努力していくことを、心に決めています。

 

 

 

 

次世代の学生


大学院総合理工学研究科で実践科学技術英語ⅠⅡⅢⅣという授業を担当しています。

そろそろ、前期授業も終わりに近づいています。

実践科学技術英語Ⅰでは、修士1年生を対象に、英語の基礎の基礎から学びます。

今期は、短文の暗記テストと文法強化、工業英検3級練習、短文英語ライティングからパラグラフライティング、また各種リスニングと、色々と、がんばっていただきました。

 

このクラスの私の目標は、「とにかく彼らを寝させないこと」(笑)。

 

毎日 実験とアルバイトに追われている彼らは、目を離すと(?)、すぐに寝てしまうのです(笑)。

 

うん、今期は彼らを寝させないことに、比較的、成功していたと思います。

 

さて、最終プレゼンの時期がやってきました。

自分の研究や好きな技術について、希望者に3~5分間の英語プレゼンテーションをしていただきます。

 

このコース、2006年に開始しましたが、当時は「プレゼン大会」が成り立たない状態でした。

 

プレゼンができない、がんばって前に出ても、話せなくて黙りこんでしまう、質疑応答も、できない・・・。

講師が助けても、プレゼン大会が、成り立たない・・・。

 

当時愕然とした私は、指導が悪いことに気づき、順を追って、少しずつ、彼らをプレゼンへと誘導するよう、指導を試みました。

 

随分、思考錯誤しました。

上手く学生をその気にさせること。上手く誘導して、自然に練習を重ねてもらい、色々な側面からアプローチし、そしていつのまにか、プレゼンが少しでも、できるようになるように。

 

さて、今日は、ある学生のプレゼンに、私は感動しました。

十分に練習を重ねた、流暢な英語。

チャレンジ精神。

自信を持ったプレゼンタとしての、魅力ある態度。

 

ああ、あなた、ここまで、できるようになったのね。

 

一人でも二人でも、このクラスからこんな生徒が出てくることは、8年前には想像もできなかったことです。

 

嬉しいなあ。

 

最近の若い人たち、吸収が早くて、すばらしいです。

そして彼らの英語力、全体的に、確実に、上がってきていると思います。

色々なメディアのおかげで世界が一つになりつつある今、日本の英語力について、それほど懸念する必要はないのかもしれません。

心配しなくても、当たり前のように英語を使いこなす若い世代が、現れるのかもしれません。

 

私はテクニカルライティングの指導を通じて、そんな彼らの背中を押していきたいと思っています。

 

 

根拠を探して②


私の次の転換期は、大手企業(XX社)の知的財産部への特許英語講座でした。工業英語協会で私が講師を務めた英文ライティング基礎セミナーに来てくださったその企業の方が、社内での特許英語の講座を企画くださったのです。

個人へのご依頼をご希望ということで、お打ち合わせから、すべて一人で行いました。講座の対象者は、XX社の知的財産部の方々60名程度、とのことでした。

 

「よく一人でXX社に立ち向かうね」、と知人は言いました。

 

私の考えとしては、「目の前に来た仕事は拒まない」こと。スケジュール的に可能でさえあれば、即答でよい返事をして、お引き受けします。難しい仕事には、返事をしてから、大いに、悩みます(笑)。

「できない仕事は自分のところにこない」、と信じて、即答したら、あとは最大限の努力をして、なんとか形を作っていきます。自分に負荷をかけることで、力がでることがあります。(“Push yourself. Physically, mentally, you’ve gotta push, push, push.” David Gallo)

 

さて、この講座、はじめは明細書の英語全般(特許英語)が中心だったのでよかったのですが、その年の5回コースを終えたのち、次は「クレーム編」と「明細書編」に分けて実施しよう、と中身が深まりました。「クレーム編」、となってくると、大勢の知的財産部のクレーム作成実務経験者を前にして、「一翻訳者」である私は、一体、何を話せばよいのでしょう。

 

そのようなこともあり、根拠を探して、「武装」をしはじめたのです。

 

毎日毎日、MPEP(米国特許審査便覧)を読み込みました。そして、関連する判例を、徹底的に読みました。さらに、Faber on Mechanics of Patent Claim Draftingという良書に出合い、実務の上での答えも、どんどん見えてきました。

 

これまでぼんやりと思っていたこと、表現を迷っていたことに、理由付けができるようになりました。

実務と理論がつながり、これまでバラバラだった知識が、一つにまとまって、理解できるようになりました。また文字通り、英語と特許が融合し、本当の意味で、「特許英語」というものが理解できるようになりました。

 

この頃から、翻訳者であっても、英語だけでなく、そしてもちろん技術だけでなく、特許の法律や特許の実務も学ぶべきだ、と考えるようになりました。

 

根拠を見つけながら、納得しながら仕事をすることは、とても楽しいことですから。

 

XX社さま、2年間にわたる特許英語講座のご依頼、本当に、ありがとうございました。またいつか、お仕事でご一緒できる機会があればよいと願うばかりです。

根拠を探して


今から10年前、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師になりました。きっかけは、工業英検1級の首位合格による文部科学大臣奨励賞 受賞。受賞後に声をかけていただいて、協会で1, 2回、講義をしました。その後、専任講師へのお声がかかりました。

 

それから間もなく、京都大学大学院の工学部で教える機会に恵まれました。以来9年間、一度も休むことなく、技術英語ライティングコース(実践的科学技術演習)を京都大学で担当させていただいています。

 

当時の私の感想は、「え、いきなり京都大学?」「しかも大学院?」

 

確かにハイランク大学、それはそれは、頭のよい、素晴らしい学生さんばかりです。

 

でも教え始めて気づいたことは、ハイランク大学であっても、英語を書いてきた経験が、極少ない、ということです。

実務で大量に英文を書いてきた私個人の経験は、知識に申し分のないハイランクの学生さんにとっても、お伝えできること十分に多くがある、ということは、嬉しい発見でした。

 

さて、この試練(?)を乗り越えるために、武装しはじめたのが、「根拠を探す」ことでした。「経験」だけではいけない、「経験則」を裏付ける「理論」「根拠」が必要だ、とそんな風に思ったのです。

 

そのことは、すぐに功を奏し始めました。京大生は、「理論」が大好きだったのです。

 

冠詞ひとつにしても、

「~という理由で、このように特定できるため、ここは定冠詞です。」

「ここの名詞の単複は、書き手が決めましょう。このように表したいなら単数無冠詞、このように表したいなら複数形、そしてこのように表すと、こんな意味になります。」

「そしてその根拠は、○○です。」

「~です。なぜなら~、だからです。」

 

徹底的に、理詰めで、技術英語を説明をしました。根拠としたのは、主に、スタイルガイド、テクニカルライティングの洋書、英英辞書、です。講師の英文ライティングの経験則を全面に出さずに、「理由付け」を組み合わせました。

 

また、徹底的に避けた言葉は、

「どっちでもよいと思います。」

「なんとなく○○と思います。」「感覚的には・・・です。」

さらには

「私の経験によると○○です。」

 

「言語」という、一見理由付けしづらいものに対して、徹底的に、理由付けを行いました。

なお、実際は、「言語」は人が作ったものです。言葉ができた背景などを考えると、不思議と、色々な英語表現を簡単に理由付けることができました。

 

「覚えておこう」「そういうものだ」

ではなく、

「~という理由で~です」

「~を表したいなら、~です」

「書き手が、自信を持って、決めてください」

と伝えることで、代表的な表現に縛られず、英語って自由なんだ、ということを伝えたかったのです。

 

仮にどちらでも良い表現があったとしても、本当にどちらでも良いのではなく、微妙なニュアンスの違いまでを理解した上で、自分の意図に近い方を選択するべきだと思うのです。

 

このような指導を心がけたのち、京大生の反応が、みるみるうちに、変わり始めました。   真剣な眼差しで、納得しながら、英語を学ぶ姿が見られました。

 

京大生は、頭がいいんです。京大生に限らず、理工系の学生は、本当に、頭がいい、頭が切れる。そんな彼らが、「英語ができない」とか、「英語が苦手」、というはずがないのです。

 

問題は、英語を教える側にあります。英語が「雲をつかむ」ようにぼんやり、ふんわりとした世界だったから、彼らは英語嫌いになってしまったのではないでしょうか。

 

そんな彼らにもう一度、英語を面白いと思っていただけるよう、そしてさらには英語を自由に使いこなし、自分の技術を堂々と世界に発信していけるよう、そして英語を少しでも好きになっていただけるよう、私はこれからも、最大限の努力をしていきたいと思います。

 

講師をはじめて10年経った今、1回の講義でも、次のようなお声をいただけるようになりました。感謝。

 

●私がもう一度英語も好きになる方法もあるかも知れないという自信が出てきました(O大学 教授)

●私の英語に、一筋の光明を見いだせたような気がしています。(F高等専門学校 教授)

値段によって仕事の品質を下方へ調整する?―No!


「値段によって翻訳品質を調整するべきか?」

「安い案件には品質を下げるのか?」

 

今から10年前、こんな疑問を打ち出した翻訳セミナーに出ました。京都から東京まで足を運びましたが、講師の方から疑問の答えは得られませんでした。それ以来、なんとなく、頭に残っていたテーマでした。

 

あの講師の方(信頼している方です)は、どう答えるつもりだったのだろう?一度聞いてみたい、と思っていました。

 

そんな折、先日お客様に同類の質問をされ、自分はもう、答えを持っていることに気付きました。

 

翻訳品質のお話をするためにお客様のところへ伺った際、一連の議論の中で、次のことをお尋ねになられました。

「案件によっては、品質落として、値段下げることって、できますか?」

 

驚くほど迷いなく、お客様に即答していました。

 

「品質を落として値段を落とすことは、できないです。値段を落としたとしても、品質は保ちたいと思います。」

 

 

品質を落とすことが顧客の真の要望や戦略であるならまだしも(それはあり得ませんが)、料金のために品質を下方調整するなんて、できません。

 

「適正価格で高品質」、を目指して、お顧客様の満足度を高められるよう、努力します。

 

翻訳料金がいくらだったか、和文がどのような状態だったか、納期がどうだったか、などは一切関係なく、完成した英文だけが後に残り、読まれ続けるのですから。

pagetop