ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

道が間違っていなかったこと


知財関係のセミナーに、参加してきました。

どうしてもお会いしたい方がそのセミナーにいらしたのと、セミナーのテーマに、興味があったためです。

なかなか最近はセミナーなどに足を運ぶことができていませんでしたが、今回、行けてほんとに良かった。

 

3つ、「良いこと」がありました。

 

●1つは、セミナーの内容が素晴らしかった。

これまで何度か同じテーマのお話やセミナー・勉強会の機会がありましたが(また通学中の大学でも毎週話題を見聞きしますが)、今回は、それらが結びつくとともに、具体例と一緒に学べて、とても分かりやすい内容でした。

 

講師の先生(米国人特許弁護士)のお話がとても分かりやすく、また日本人弁理士の先生の解説や質問も、理解を助け、定着させてくれる助けとなりました。

セミナーに参加させていただけて、感謝の気持ちで一杯です。

 

●2つ目は、セミナーの内容に、必死でしたが(かなり集中しました)、なんとかついて行けたことで、これまで自分が行ってきたことや学んできたことが間違っていなかったことを知り、勇気をもらいました。

うん、私、(多分)成長(?)している!

おそらく数年前の自分には理解できなかったであろう内容でしたが、今回、大筋が理解出来たこと、そして自分の翻訳手法やこれまで持っていた知識が、今回のセミナーと一致していたことに、大きな勇気をもらいました。

 

また、いつも、私は翻訳者だから、、、と、知財関係のセミナーでは、コソコソしていました。

学んでいることを知られるのが恥ずかしいような、コソコソと講座に出て、コソコソと帰る・・・。

しかし今回、まだまだ分からないことはあるものの、以前より、少しは知財のことが、分かるようになってきたことを実感。

 

そしてセミナーに出たら、1つは必ず、質問を。

講師の先生にも、講座終了後に、しっかりと質問をしてきました。

(そうしたら、後で講師の先生に、「知財担当者ではなく翻訳者っていうから、networking(コネ作り?)のために講座に来ているのかなとはじめ思ったけれど、きちんと内容を学びにきていたんだね」、とメールをもらいました・・・。

私、networking=人脈作り、のために行動したこと、まだ一度も、無いです。

人脈というのは、「想い」さえあれば、結果として自然に形成されると考えていますので、今はただ、「想って」います(笑)。

しかし昨年は、「この人会ってみたいなあ」とぼんやり思っていた人が会いに来てくださったり、各所に呼んでくださったり、「こんな分野の方と知り合いたいな」と思っていたら、そんな方がセミナーに足を運んでくださったり、ということが多くありましたので、考えは、間違っていなかったと思っています。)

 

さて、これからは、引け目を感じたりせずに、堂々と学ばせていただこうと決意し、ようやく、学びのスタート地点に立った気持ちになりました。

 

●最後の良いこと。

3つ目は、10年間 気になっていた「お礼」が言えたこと。

なかなか機会がなくてお会いできなかったその方に、当時のことについて、ありがとうございました、と言うことができましたので、胸の中が、スッキリしました。

仕事の中でも色々な出会いがあるわけですが、少しの出会いやその方のお話などが、その後の方向性に影響を与えることがあります。

そんなわけで、10年越しのお礼が言えて、良かった。

 

さてさて、また明日から、前を向いて歩いて行けそう。

 

走って帰ろう。。。

(帰路にて書き留めました)

翻訳文を送り出す時(翻訳実務より)


なかなか難しい、案件でした。

 

機械の構造が複雑で、和文の意図の理解に、少し、時間がかかりました。

 

かなり作り込んである和文でしたが、ちょっとした漢字使いなどにより、理解するのに時間がかかる表現がありました。

 

また、図面が複雑で、参照番号が見つかりにくい場合や、また図示されていないような場合も、ありました。

関連技術から想像したり、関連案件でより見やすい図面を探したり・・・。

 

 

リライト1段階目は、かなり、言葉を増やし、文章を区切って、まずは関係を明確にしました。

その後、切ったり、つないだり、を繰り返しました。

リライト複数回を経て、自分の内容理解が、進みますと、それほど、難しくは、無くなってきました。

その後、最終リライトでは、区切っていた文章を、結構な割合で、元に戻しました。(リライトしているうちに、自然に、戻りました。)

また、加えていた言葉も、少しの工夫で、消すことができました。

 

時間をかけすぎたかな、という感じも、ありました。

(あまり時間をかけすぎると、かえって考えすぎてしまい、ベスト英訳からずれてしまうことが、あります。)

 

また、時間をかけた結果、納品が、納期の前日(しかも休日)、になってしまいました。(申し訳無い限りです。)

 

さてさて、お客様の意図に合う翻訳に、仕上げられていると良いのですが・・・。

後は、送り出すだけです。

 

十分なリライトを(自分なりに)した明細書、さあ、頑張って、その目的を、果たしてくれますように。

 

本英文明細書が、お客様の意図にかなう仕事を、してくれますように。

 

まずは目の前のお客様、そして発明者様、それから審査官、それから・・・。

 

●英文明細書、頑張って!

 

心を込めて、送り出します。(=納品)

 

 

納品は、いつも、大切な翻訳文との、bittersweet goodbye(ほろ苦いお別れ、心痛むお別れ)、です。

 

ああ、私、この仕事、好き。

 

リライトに時間をかけてしまうため、お引き受け出来る案件がごく少ない今の状況・・・。

 

心苦しい限りなのですが、今はこのように、丁寧に、仕上げていきたいと思っています。

 

さて、一息つく間もなく、次の案件に取りかかります。

目の前に来たらNoと言わないこと


これまで、目の前に来る新しいことに対して、Noと言わないで、仕事をしてきました。

少し難しそうでも、また果てしなく難しそうな仕事でも、また少し時間的に厳しそうな仕事でも、よほどのことが無い限り、新しい仕事に対して、Noとは言わない。

 

目の前に来たら、とにかく受け入れ、その後、最大限の努力をすることで、なんとか形を作る・・・。

すると、帳尻合わせのように(?)、なぜか、出来そうにないと思っていたことも、なんとか、出来るようでした。

 

しかし最近、それでは自分の体がもちそうにないことに気づきはじめ、少しだけ、自分をコントロールするように、なっていました。

 

いくつかの基準を自分の中で決め、その基準に照らして、YesかNoかを、最近は、決めるようにしています。

 

その基準は主に、「その仕事の目的」と「時間的な余裕度」です。

 

今、1つ、オファーがありました。Noと言おうかなあ、Yesと言えば、なんとか出来るのだろうけれど、少し色々と難しそうで、時間的にも無理があるなあ、と思う、オファーでした。

 

しかし、私は、一瞬の迷いもなく、Yesを、言ってしまいました。

無理をせずに、プランBを選ぶこともできたと言うのに、プランAで即答のOKを出し、詰め込んでしまいました。

 

自分というのは、芯の部分が、10年前と、15年前と、少しも変わっていないことに、驚いてしまいます。

 

なお、即答した理由は、その仕事を行う「目的」が、自分の今後の目的に合致していたためです。

 

「目的」、これがきっと、私にとっては、一番の原動力になるのだと思います。

 

さて、また必死で頑張らなければいけないと思うのですが、何かに押されて(自分で自分を押しているかな)、前に進んでいきたいと思います。

2月6日開催セミナー(午前・午後)ありがとうございました

先の土曜日(2月6日)、2件のユー・イングリッシュセミナーを、開催いたしました。

 

午前:【工業英検1級・2級 演習コース(2回+添削講座1回)】第1回

午後:【平野信輔先生のテクニカルライティング実務講座】

 

ご参加くださった皆さま、誠にありがとうございました。

 

 

●午前の【工業英検1級・2級演習コース】では、私・中山裕木子が講師を担当しました。

 

P1000587

 

今回は、事前アンケート、と称して、皆さまのセミナーへのご要望を把握するとともに、英訳スキルチェック課題を1題、お願いしました。

 

皆さんが一体どのような方向を目指されるのか、そして、その方向に対して、現時点で足りない力は何か、どのようにして、その力をご自身で付けていかれるか、ということを、共に考える、といったことを、目指したつもりです。

 

今回の工業英検セミナーは、これまでと少し趣向を変えました。

 

セミナー中に扱える英文や表現は限られているため、どうやって勉強し、自力でどうやって 「自分」を合格へと導くか、ということを、扱いました。

 

そんなことに焦点をあて、私も一受験者の気持ちで、自宅で最新問題に取り組んだり、新しい問題を作って取り組んだりして、資料を準備しました。

 

そして、「自分でどんどん勉強していく方法」を、ご提案しました。

また、試験会場を再現する緊迫した雰囲気(を作ったつもりです)の中で、英訳・要約練習もしました。

P1000603

 

私にとっても、受講者の皆さんにとっても、2時間半の、戦い(?)であったのではないかな、と思っています。

 

戦い・・・。

 

それは、「時間」との戦いであり、「自分」との、戦いです。

 

工業英検を受験する方々は、皆さん、真剣、だと思います。

 

私も2001年の受験時にそうでしたが、自分の仕事を変えたい、自分の仕事の方向性を一気に定めたい、というような、強い気持ちのもと、受験される方が多いように思います。

 

単なる検定試験というより、自分の仕事を見つめ直し、一気にレベルアップし、そして1級を取得したら、その後、そのまままっすぐに修行へと進んでいく・・・、と、そんなイメージです。

 

工業英検対策は、そのまま直接、実務の対策であり、工業英検の問題の随所には、実務とつながる工夫がなされている、と個人的に、思っています。

 

したがって、受験者の皆様には、一気に、1級へと進んで欲しいと思っています。足踏みせず、一気に勉強をして、できれば1回での合格を・・・。

 

そうすれば、その後の修行、さらなるスキルアップ、という点で、上手くいくのではないか、と思っています。

 

 

さてさて、そんな工業英検セミナーの第一回をなんとか無事終えまして、午後は、平野先生に、バトンタッチ。

 

●平野先生のセミナーは、軽快な話し口調と、テキパキした進行で、楽しく、すすめてくださいました。

 

P1000619

 

ユーモアに満ちた小話を交えながら、「英語」と「日本語」の違いについて、丁寧で適格に、教えてくださいました。

 

多くの英語表現や翻訳テクニック、それから仕事のコツを、教えてくださいました。

 

平野先生のセミナーで心に残ったのは、「様々なバリエーションで書けること、そしてその中でベストを読み手のために選択することが重要であること。」

 

私も午前に工業英検セミナーで、「答えはひとつではない、様々な表現で書けることが大切です、その中で、状況に応じたベストを自分で選択していく」、と強調していましたので、恐れ多いですが、先生の内容とのシンクロも感じられ、やっぱり平野先生にお願いしてよかった、と思いました。

(先生、ありがとうございました)

 

 

さらに、平野先生のセミナーは、受講生のご質問や疑問点について、その表現はダメ、といった「切り捨て」ではなく、「暖かく受け入れ」、そして「具体的な解決法を提示され」、そして「受講者の納得を得る」、という方法で、行われていました。

P1000622

 

ご受講者からの質問も、沢山、いただきました。

積極的なご参加に、感謝しています。

 

 

●セミナーにご参加くださった皆さま、あらためて、ありがとうございました。

工業英検対策にご参加の皆さまは、引き続き、課題のご提出と第2回(3月19日開催)まで、よろしくお願いいたします。

 

●それからブログを読んでくださっています皆さま、いつも誠にありがとうございます。

 

仕事だから・・・のうしろに続く言葉


仕事だから・・・

 

という言葉の後ろに、何の意味が続くでしょうか。

それによって、その人の、仕事に対する気持ちが分かるように思うのですが、この後には、2つの相反する考えのうちのいずれかが、続くということを、最近、見受けました。

 

仕事だから

→しっかりとやるのは当たり前。仕事なのですから、当然、勢力込めて、全力で、頑張ってやります。

 

仕事だから

→やらなきゃいけないのは、仕方がないんです。したがって、好む好まざる関係なく、仕方が無いからとりあえず、やりすごします。

 

 

こんな風に、相反する状況、に出会いました。

 

もちろん私は、前者です。

 

つまり、次の通りです。

 

仕事だから

→勢力込めて、全力で、頑張って、やります。それが私の選択であり、歩んできた道であり、これからも私の歩んでいく道です。

 

 

前者以外、つまり、後者であるように感じていたのは、遙か昔、学生時代のアルバイトの頃のみです。(当時は、様々なアルバイトを経験しましたが、やりたくない仕事をしながら、時間が経つのを待っている。電話の応対から居酒屋やレストラン、結婚式場、国際会議の片付け、喫茶店、ファーストフード、カバン屋さん、服屋さん、郵便仕分け、家庭教師、ありとあらゆるアルバイトを経験する中、そんなとき、「仕事だから仕方が無い」、と思っていました。)

 

 

 

仕事だから・・・?

 

みなさんにとって、「仕事」とは、どのようなものなのかな、と素朴な疑問が起こりました。

 

お金を稼ぐ手段?

生活の手段?

 

それはもちろんのことなのでしょうけれど、仕事の「種類」を選ぶのは、自分自身。

その仕事を選んで、全うするのは、自分自身の選択。

 

つまり、仕事とは、「完全にやらされている」ということは決してなく、自分で選択をして、その仕事をしているのだと、思います。

 

 

つまり、上の前者と後者のうち、「前者」、であるのが本来の姿だと思うのです。

 

そんな風に考えていたところ、先日、上級翻訳者から耳にした、次の言葉・・・。

 

 

「仕事だから・・・」

 

この発言の後ろに来る言葉は、何?

私、本当に、理解できない・・・。頭の中が、多少、パニックになりました。

 

 

「仕事だから」、仕方がない

「仕事だから」、我慢する

「仕事だから」、それはそれで、それなりに、行う

 

 

このような言葉が、省略されていたような、感じを受けました。

 

 

私は今の仕事(特許翻訳・講師業)をはじめてから、仕事を、そのようにとらえたことが、一度も無かったですので、あらためて、この発言に、違和感を抱き、なんだかとても、驚きました。

 

また、正直、ショックを、受けていました。

 

大好きな特許翻訳を、自らの選択のもとにされている上級翻訳者であっても、こんな風に、仕事をとらえることがあるんだ・・・

 

実力もあって、お立場も素晴らしく、ご自身の仕事に誇りを持って、日々、精進されている方にとって、「仕事」が、そういうもの・・・?

 

仕事だから・・・?

 

 

仕事だからこそ、頑張る

仕事だからこそ、本気で行う

仕事だからこそ、愛し、添い遂げる

 

 

このように感じられなくなった時、つまり、

 

「仕事だから」、仕方がない

「仕事だから」、我慢する

「仕事だから」、それはそれで、それなりに、行う

 

 

・・・とこのように感じはじめてしまった時には、何か状況が、おかしくなってしまっているのだと、思います。

 

つまり、例えば、「組織の中で制約が多く、自分の思う仕事が出来ていない」「組織の中でなくても、自分の中で、納得のいく仕事が出来ていない」「誰かに気を使っている」「本来の自分の仕事ではないことを引き受けてしまっている」などなど。

 

私は、少しでもこのように感じてしまうことがあったとしたら、そしてそれが、長期に及んで続くようであれば、その原因を探り、その状況から脱するように、対処するつもりでいます。

 

必ず、原因があると思うのです。それを、取り除くつもりでいます。

 

ですから、「仕事だから」という言葉のうしろにある自分の感情をチェックすることは、自分自身の仕事の健康状態(健全さ)をチェックするのに、役に立つと思います。

 

(時にこのようなことを考え、自分を見つめ直します。)

pagetop