ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

2014年法人化の振り返り


まだまだ仕事納めには程遠い状態ですが、2014年を、少しだけ、振り返っていました。
 
法人格を取得した2014年の4月を振り返ります。

少し戻って今年2014年の3月、社団法人日本工業英語協会の表彰式に、参列しました。
工業英検1級などの首位合格者に文部大臣賞が授与されるもの。
 
2002年に私自身が受賞して以来、一度も足を運びませんでしたが、今回、ご縁も
あり、上京しました。
 
「乾杯の音頭を」、ということになったので、何か一言、何を言おうかなあ?
、と考えました。

一言、受賞者に向けて、一言・・・。


受賞者へのお祝いのために頭をめぐらせ、口から出た言葉は、次の言葉・・・。



「この10年、幸せでした。」    
030
 



私自身が受賞の後、幸せな巡り合わせが、沢山あったことに触れ、
「受賞者の皆さんに幸あれ」、といったメッセージにつなぎました。
032 



そう、私は2002年の受賞から10年と少し、本当に、幸せだったんです。
もちろん、それはそれは、苦しい、苦しい、険しい、険しい、道のりでした。
でも、本当に、幸せでした。
 


表彰式の会場では、前著『技術系英文ライティング』でお世話になった編集者の方にも、出版以来久しぶりに、お会いしました。
 
初めての本を出した時の気持ちも、よみがえってきました。
 writing


色々と波乱に満ちていたあの時期、苦しい、苦しい、道のりでした。
でも、その時も、私は、本当に幸福でした。
 


また、3月はちょうど、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』の原稿を
納品した時期でもありました。

無題
 

こちらもまた、けっこうな厳しさの中、書き上げました。
 

本執筆のために翻訳実務の受注ペースを緩めればよかったのかもしれませんが、
とにかく実務を行いながら、本を書きたかった。
 
実務のペースを緩めた瞬間、実務に関連した本を書く資格が、無くなって
しまうように感じたためです。
 
そこで、翻訳業・講師業ともに、ペースを緩めるどころか、ペースを強め
ながら、お客様も増やしながら、書籍を執筆しました。


苦しかった。 ところが、執筆中も、平行して行う特許翻訳業務の中でも、
とてつもない幸福を、感じていました。

		 
book2          (セミナーで記念写真を撮ってくださいました)


どんなに苦しくても、幸福を感じる仕事、これは私が一生続けていくものに違いない、そんなことを、
確信していました。
 


「一生続けていくだろう」と心が決まった時、それが法人化の時だ、と個人的には、考えていました。
損得は関係ない、「一生続けていく」「心が決まる」、これが私のキーワードでした。
 
 

そんなとき、3月末、フリーランスになってから10年途絶えたことのなかった翻訳案件の受注が、プツリ、と途絶えました。
まさに1週間、仕事スケジュールに穴が開いたのです。
 
あれ? 仕事に、時間的余裕ができた。
 
 
あとから考えると、4月からの消費税の増税のため、前倒し案件が多く、そのあたりの納期設定が、減っていたのだと思います。
 
 
「今だ!」
 
・・・というわけで、法人化、しました。

4月2日(大安)

 
jimusyo無題
               (事務所のネームプレート) 





こんな風に、計画性があるような、無いような、そんな風に、これまでも、歩んできました。

 
鍵は、目の前にやって来ることに邁進すること。
極力「No.」と言わずに、そのまま受け入れ、邁進する。
 

そうすれば、バラバラだったこれまでの自分の軌跡が、自然に収束し、一つの道へと、つながっていくのだと思います。
 
converge

という英単語のイメージです。
 
 
さて、2014年は、色々な新しいことを始められたこと、そして法人格を取得したことで、これまで以上に自由に、社会の益になる
と心の底から考えていることに邁進できたことを、とてもありがたく思っています。
 
 
支えてくださる弊社のお客様、講座のご受講者、それから本ブログの読者の方々にも、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
2014年、本当に、ありがとうございました。
2015年も、沢山のアイディアが湧き出ていて、弊社の翻訳サービス・教育サービスともに、大幅グレードアップ
できるよう、準備中です。
 
日本の皆様の益になる仕事を提供できるよう、邁進するつもりです。
株式会社ユー・イングリッシュ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
								 				中山 裕木子
ロゴ

大阪セミナー ご受講者の声


大阪開催技術英語基礎セミナーを終え、アンケートに記載いただいた、皆様の声を、読ませていただいていました。

 

色々なご意見が、ありました。

 

●アンケート結果の全貌は、明日以降、弊社ホームページにアップする予定ですが、一足お先に、「声」を整理したものを、ここに記載いたします。

 

*全員文の声を拾いますが、読みやすいよう文言を簡略化する(適宜、~します。→~する。に変更)とともに、概ねの内容別に、見出しをつけます。

 

<講座の全体的な感想>

•とても勉強になる良い講座でした。英訳作成を、リライト練習を通じて向上させていくというユニークな講座だったと思います。

•簡単そうに見える文でも、読みやすさや簡潔さを重視すると訳すのが難しかったり、先生のリライティングを見て「あー、そんなにシンプルな文章になるのか!」と驚いたり、とても学ぶことが多いセミナーだった。一方、従事している特許翻訳関連の仕事ではまだ直訳、ミラートランスレーションの傾向が強く、またクライアントがその傾向を強く望んでいる現状もあり、なかなか実務に直結させるのは難しいようにも思えた。

•全5回を受講して、テクニカルライティングの基礎、概要はつかめたと思う。あとは繰り返し実践することが必要だと痛感している。その背中を押していただける何かを頂けたらさらに嬉しい。

•翻訳の仕事では和訳が多いため、今回のような機会はブラッシュアップによかったです。

•英訳の基本勉強をしてこず、さまざまな教本ですべて独学してきたに過ぎませんで、五里霧中だった。基本のキから分かり、非常にありがたかった。結論として、3Cの決まりごと、短い文章、主語をそろえるなど、重要かつ必要なテクニックがわかった。

•非常に役に立つ情報、コツを惜しみなく教えていただいてありがとうございました。演習があったことも大変良かった。

•分野的には難しかったですが、英訳のスキルの面で勉強になった。

•毎回、目からウロコポイントやヤル気注入ポイントが山盛りで大感謝です。

•EPWINGの辞書に依存していますのでこれを使えない教室での日英はハードルが高かった。

•簡潔な英文を書くことの重要性がよく分かった。そのための方法や勉強のやり方はとても参考になった。

•講義の度に、勇気を頂きました。

•いつもmotivationを高めていただいております。ありがとうございます。

•英語のことだけでなく、勉強する姿勢について、色々と励まして頂き、本当に感謝しています。

 

<弱点が見えた>

•2回しか受講しておりませんが、自分の訳の弱点が見えてきた気がします。

•日本語に引きずられる癖を今回も認識。視点を揃える!=主語を意識して、一貫性を持たせることをもっと意識していきたい。

•視点の揺れが課題です。また、流れを受ける、がよく理解できた。

•自分の課題が明確になった、良いセミナーだった。自費で参加した価値があると思う。

•自分の中でもやもやとしていたことが、何がもやもやしていたのかが分かってきたような気がする。

•語の選び方など細かな部分まで、全てが参考になりました。いただいたテキストやアドバイスを、今後何度も復習して実力を付けたいと思います。ありがとうございました。

•自分は文法ができないと言われてきました。でも短い文をクリアにかこうとすることは良いと言われてきました。この講義を受けて、言われてきたことがよくわかった。

 

<難しかった・スピードが早かった・習得できなかった>

•今の私には難しすぎましたが、理解できる部分は勉強させていただき、また、翻訳にあたっての向き合い方のイメージが見えてきた気がする。

•スピードが早く時々ついていくのが大変でしたが、毎回密度の濃い内容だった。しっかり復習したい。

•私の英語力不足のせいですが、スピード(説明やリライト)が速くてちょっとついていけなかった。

•英語を訳す量をこなしていないため大それたことは言えませんが 洗練された文章を書く技術(コツ)が把握できなかった。

 

<講座の改善案>

•3C英訳のための役立つ表現を具体的にもっと教えて頂けたらより良かったかとも思った。

•冠詞や単複など、単文の文法エクセサイズ(?)ドリル(?)のようなコーナーがあるとうれしい。

•月1回のペースだと連続性がとぎれてしまうので、隔週くらいのペースがよかった。

•最後の回のように課題にしていただけるとありがたかった。

 

<今後の決意表明>

•日本語にひきずられない訳し方を意識していきたい。

•学んだことを活かして、最初から3Cの英訳ができるよう努力する。

•トライアル挑戦しつつ、スキルアップしていきたい。

•特許ならコレ、マニュアルならコレ、お客様/ユーザ向けにはコレ、というように自分でスタイルを変えて、多種多様な文書に対応できる翻訳者にならねば、と改めて思った。

•セミナーに出席したことにだけ満足して終わるのではなく、これから自分でいかに勉強して練習を重ねていくことが大事なのかが分かった。

日本人的な英訳をしてしまうのですが、先生の講義を受けて、少しですがコツがわかった。通常仕事では和訳しかしないので、忘れないよう英訳を引き続き勉強したい。

•今後、これを礎に、さにNative English情報を蓄積し、引き出しが増やせればと思う。心から感謝いたします。

•勉強の方法は少し分かったような気がするので、いつも心がけながら努力したいと思う。

•先生のような方でも細切れの時間を使って自分に課した勉強をなさっていることに大きな刺激を受けた。道は遠いですが、少しずつでも前進してゆきます。

 

 

色々なお声をくださいまして、ありがとうございました。

講座の改善や、今後の講座企画に、皆様の声を反映できるよう、努力します。

2014年 大阪開催技術英語基礎セミナー ありがとうございました


弊社大阪開催技術英語基礎セミナー(第1回~第5回)を、無事終えることができました。

ご参加いただいた皆様、ご支援くださった皆様、誠にありがとうございました。

 

最終回のテーマは、それぞれの道、そしてindependent self-editorへ。

 

3Cの基礎(動詞主義)などの復習から、引き続く英訳練習、そして最後は、破綻しがちな英文中と英文同士の「つながり」について、扱いました。

 

最後の英語メッセージも経て、すべて、終了しました。

 

IMG_0551

 

IMG_0488

 

ここまで、ご受講してくださった方々、そしてご支援くださった方々に、心より、感謝申し上げます。

 

 

今回は、弊社開催の初めてのセミナーでしたので、ご受講者と交流をしたくて(そしてお礼が言いたくて)、講座の後に、懇親会も、開催させていただきました。

20名程度のご参加者と、特別な交流ができたと思っています。

 

皆様それぞれにとって、本セミナーが少しでも実務に役立つ内容であったことを、願っています。

 

ありがとうございました。

 

 

平野先生の中級セミナー、大阪で開催します


公益社団法人日本工業英語協会の理事である平野信輔先生を、ご縁あって、東京からお招きすることにいたしました。

 

平野先生は、私・中山裕木子の、日本工業英語協会での10年先輩です。協会に入って間もない頃、平野先生が大学や企業で教鞭を振るっておられることを見聞きし、すごいなあ、と思っていました。

 

協会で少しお会いすると、「毎日セミナーです、今週など、すごいスケジュールです」、などとおっしゃりながら、さわやかに駆け抜けられる姿が、印象的でした。日本全国を駆け回っておられるご様子でした。

 

協会の担当者に、「中山さんも、平野先生に続いて、今後、大学などでも教えてくださいね」、と言われた当時、全く、何のことか、分かりませんでした。私には、とても無縁のことのように感じました。

(のちに、私自身も、大学で教えるようになりました。まあ、私もなんとか、限界はありますが、関西地区を中心に、少し駆け回れるようになってきたでしょうか・・・。)

 

さて、協会の専任講師として、ある程度、自分の講義スタイルが確立してから、初めて、平野先生の講座を受講しました。

 

そのスピード感とスマートな応答に、圧倒されました。自分の講義はだめだ、もっと、もっと、がんばらなくてはならない。具体的には、講義の内容を構成するとき、もっと、「前後の資料のつながり」や「講義のテーマ」を明確にしなければならない、と強く感じ、その後は、資料作りに、さらに執念を燃やすようになりました。

 

また、私が受講した平野先生の講義では、どんな質問が来ても、即座の切り返しにより、応答されている姿に、頭の切れる方だなあ、と敬服いたしました。細かい英単語のニュアンスに関する質問に、即座に、的確に、答えておられました。

 

そんな平野先生を、東京から、お招きすることになりました。

 

技術英語中級特別セミナー:http://www.u-english.co.jp/seminars/2015_1.html

  • 3Cの基礎を踏まえて、日本語を元に各種文書(マニュアル・仕様書など)作成していく例
  • 図面から、パラグラフライティング(空間順、時間順など)を使って技術を説明していく例

 

などをご教示くださいます。

 

質疑応答の時間も取りたいと思っています。技術翻訳実務のことや、また工業英検のことなども、平野先生に聞いてみられるのも、良いと思います。

 

当日は、私も楽しみに、参ります。

皆様のご参加を、お待ちいたします。

 

 

******

弊社セミナーページより、お申し込みを受付中です。

セミナーページ:http://www.u-english.co.jp/seminars/

 

pagetop