ユー・イングリッシュ

お問合わせ:075-604-5670(月~金 9:00~17:00)」

アンケート結果 - 書籍・セミナー情報

セミナー情報

参加者アンケート結果

3. 添削講座(工業英検の問題を解いてみよう!)
参加者 アンケート結果

①講座はいかがでしたか。

A. 非常に有意義だった
7名
B. 有意義だった
1名
C. 普通
0名
D. あまり有意義ではなかった
0名
E. 有意義ではなかった
0名

(ご意見・ご要望)

  • 講座の内容(JSTCの指針)を理解するには、自分の回答のどの点がどういう理由で不適切であるか、および適切な部分と不適切な部分との整合を取るにはどのように修正すればよいか、の2点が理解できなければ厳しい(ドミノ倒しという表現を使用)。この点、本講座はこれらの2点で非常に役立った。
  • ご解説が詳細でとても参考になりました。
  • 英訳問題のみ取り上げられていたことで、英訳問題への対処法を効率的に学べたと感じています。

②講座の難しさはいかがでしたか。

A. 難しすぎた
0名
B. やや難しかった
4名
C. 丁度良かった
4名
D. やや簡単であった
0名
E. 簡単すぎた
0名

(ご意見・ご要望)

  • 試験は何回も受けているため、試験対策にはちょうどよかった。
  • 自分にとっては、どの「激難しい」レベルだったのですが、工業英検1級の試験そのものが課題だったり、いかにも出題されそうな内容と難易度の課題だったりで、講座の目的にはピッタリだと思いました。機会があれば、技術内容、英語表現ともに、すこし簡単な課題のリライトや見比べなどに挑戦して、3Cを見極める目を養いたいです。課題を解いているうちに(ネットや辞書から使えそうな表現を見つけて、切ったり貼ったりしているうちに)、いくつか候補として作った訳文のどちら/どこが良いか、悪いかわからなくなってしまうので・・・
  • 主に2級問題に取り組ませていただきました。1級を目指しますが、2級問題がステップアップの鍵となるように思いました。
  • まだ私には難しく感じられました。試験の準備のための講座としてちょうどいい難しさだったと思います。

③講座の内容はいかがでしたか。

A. 非常に良かった
6名
B. 良かった
1名
C. 普通
1名
D. あまり良くなかった
0名
E. 良くなかった
0名

(ご意見・ご要望)

  • 本質問は下記第4質問と内容が概ね重複する。回答は講座の内容が悪いことを意味しない。マテリアルが過去問であり、JSTCの添削と同じであるため、第4質問との差異上「普通」とした。
  • 英文作成の添削は、もう少し問題数があってもよかったかと思います。
  • 1回目の添削と、2回目の添削で、課題の焦点が変えてあって、よかったです。
  • 実際の過去問題でしたので、とても実践的でした。
  • 全問題が同形式であり、かつたくさんのフィードバックがもらえることから、その形式に対する自分の弱みをとらえやすいのがよかったです。英訳と同時にリライトに関しても学べるのがとてもよかったです。

④講師の添削はいかがでしたか。

A. 非常に良かった
7名
B. 良かった
1名
C. 普通
0名
D. あまり良くなかった
0名
E. 良くなかった
0名

(ご意見・ご要望)

  • 上記第1・第3質問に関連。今回の講座の魅力はここ。理解できたところ、わからないところはメモ書きしていたところ、全然わからなかった点(特にJSTCの指針)を現実に即した形である程度理解できた(質問しそこねたところもある、という意味で「ある程度」。質問した点は理解できました)のが非常にありがたい。
  • すみずみまで丁寧に添削していただいて、感謝です。苦手としているライティングスタイルの問題の出題の主旨、勉強方法のアドバイスをいただいて、参考になりました。また、同じ問題を何度も繰り返し解くという勉強方法のアドバイスも、参考になりました。新しい問題にどんどん取り組まないと意味がないと思い込んでいたので・・・。 今回の添削でも、以前受けた他の講座等でも、「訳文にバランスが悪い短文が含まれることが多い。前後の文とうまく関連づけるとよい」という趣旨の指摘をいただきました。が、そのあたりの感覚は、まだ掴めていません。自分の今後の課題です。第2回の課題で改善に取り組んでみたのですが、ファーストドラフトよりもわかりにくい訳になってしまったようで・・・
  • 質問に全てお答えいただき、モヤモヤが解消されました。ありがとうございました。
  • 何に焦点を当てて学習していけばよいか教えてもらえる形でフィードバックをいただけたのが大変ありがたかったです。

⑤講座全体を通じて感じられたこと、印象に残ったことなど、ご感想をお聞かせください。

  • 1回目も2回目もじっくり課題に取り組む時間が取れず、あまり深いところまで考えずに提出してしまったのが反省点です。時間配分だけは意識して解いたので、今何も対策せずに受験したらこの程度のレベルなのだろう、ということがよく分かりました。こんな答案であっても細かいところまでひとつひとつ解説していただき、しかもいずれも納得できる内容でしたので、この講座を受講できたのは本当にラッキーでした。いただいた解説を完全に自分のものにするため、基礎からしっかり勉強し直そうと思います。
  • 試験に限らず、実務は、失敗を重ねてどうすればよいかを体で覚えることが早道であると信じる。模範解答のみの提示ではなく、「受講者等の回答のどこがまずいのかを指摘し、かつ、指針に即した形に修正したもの」の失敗事例集が必要であると確信する。(注記:私が特許実務を学べたのは、明細書そのもの(特許事務所のお仕着せ)からではなく、特許庁等からの拒絶理由通知(Office Action)の詳細な指摘から)上記失敗事例集は、たとえば、私の回答・質問に対する先生のコメントで必要十分。あれば即買い。
  • 非常にご丁寧に見ていただき、試験準備に大変役に立ちました。2回に分けた提出方法も自分にはよかったです。表記法には一通り目を通したつもりでいましたが、忘れているところが多々あるとわかったのも収穫でした。3Cを心がけていたつもりでしたが、なかなか難しいです。特に冠詞の問題は、ネットを使っても自分で結論が出せないことがあります。過去の試験問題を書写?して感覚をつかもうと思います。どうもありがとうございました。
  • これまで自分では気づいていなかったクセ(悪癖)を指摘してもらって有難かった.(例えば,口語表現が混じること,副詞の位置がよくないこと)(受動態を減らそうと言う気持ちはあるのですが)受動態がまだまだ多いことを指摘してもらって良かった。料金が良心的。
  • 第2回の課題で、「ファーストドラフト」「セカンドドラフト」に取り組んで、目指す時間や精度を少し意識できました。ふだんから、翻訳時の取り組み方にメリハリをつける必要があるなと実感しました。また、やはり手書きで解いてみないといけないなと実感しました。今回の講座の課題以外に勉強をしていないことが一番の問題です・・・ まずは、今回の課題をもう一度、解いてみるところからはじめます。
  • 2回の講座を受講させていただきました。第1回、第2回ともに、とても丁寧に添削して下さったことに感謝申し上げます。誠にありがとうございました。改善点と、その理由を明記下さっていたことで、なぜ、好ましくないのか、という点がよく理解できました。そしてどのように改善できるのか、というポイントまでご解説下さったことが大変参考になっています。また、よかった点をほめてくださったことがとても励みになっております。good, very goodのコメントがとても嬉しく思いました。全体を通してvery good!と評価していただけるような、correct, clear, conciseな英文を目指します。反省点としては、基本的な文法事項のミス(主語と動詞の不一致など)をまずなくすことです。実務ではもちろんですが、試験でも目立つミスですので、なくすよう心がけます。見直し時間さえ取れれば防げるものと思います。そのためにも早期に仕上げ、見直しの時間を持つことが課題と感じています。また、文章全体の流れが悪い、次の文章への展開が上手くいっていない、という点も今回よく見えてきました。具体的な動詞を使用することも課題としていきたいと思います。リライトして下さった文章をお手本に、冗長をなくし、読み手の負担とならない3C英文を目指します。この度は、ご指導を誠にありがとうございました。
  • 冠詞や単復、懸垂分詞など、ごく基本的なところで改善の必要性がありということがよく分かり、しっかり定着するまで練習を続けていこうと思いました。また今回、読み手の視点に立つ、という点が特に自分には欠けているということが新たな発見でした。自分が書いた英文と、リライトしていただいた英文を比較すると、当たり前ですがリライト後の方がすっきり読みやすく、「元は同じ和文なのになぁ…」とショックを受けるとともに、自分が書いた文章の駄目な部分がよく分かり、非常に勉強になりました。3Cを意識して、読み手にとって負担の無い英文が書けるように心がけでいきたいです。こちらも練習量が全く足りていないと思うので、工業英検の過去問だけでは無く、ネット上など様々な媒体の文章を使って練習を積み重ねていきたいです。
  • 特定の形式の問題に対して手厚いフィードバックがもらえることから、その形式への苦手意識を克服したり 対策法を学んだりするためにとても効果のある講座だと感じました(問題形式別に添削講座があったなら、 扱う形式の数と比例して受講したい人も増えると思いました)。ありがとうございました。
  • 中山 裕木子著 外国出願のための特許翻訳英文作成教本
  • 英語論文ライティング教本
  • シンプルイングリッシュのススメ
  • シンプルイングリッシュのススメ
  • オンライン読み物
  • ブログ
    • 書籍・セミナー情報
    • 採用情報
    • お問合わせ

pagetop