ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

技術のワクワクを見つけよう


社内で開催している電子・電気講座は、はや3周年が近づいてきます。

 

模索が続きましたが、やめてしまわずに続けてきたことで、正しい講座の形が見えてきました。

 

多忙な業務の時間を使って開催しますので、やはり、翻訳の業務に直接生きる、業務に直接反映できる、ということを目指したいと願う気持ちがあります。

 

一方で、いつも頑張って脇目もふらずに仕事に励んでくれているスタッフのみんなが、単純に、少しリラックスした時間を過ごせるといいな、というようにも、思っています。

そして、皆が知的好奇心を高めることができれば、必ず「より良い仕事」につながっていく、という風にも考えています。

 

さて、本日の講座では、「混色」を体験しました。

フルカラーLED、の回路を体験しました。

 

ブレッドボードを使います。

本日は、「透明」のブレッドボードを準備していただいたので、裏からみると、どこがつながっているかがよく分かって良かったです。

 

先生にサポートいただき、回路図を見ながら、LEDが点灯する回路を作ります。

 

これまで、LEDが点灯しただけでも感動していた私たちですが、スイッチを、間に入れます。

(なお、ほとんど先生がしてくださいます。技術者の方は、素晴らしいです)。

 

赤色を点灯。

 

緑色を点灯。

 

青色を点灯すると・・・。

 

白色になりました!!!

 

 

赤・緑・青の三原色で、すべての色が出せる・・・。

 

そして、白色LEDを作るために、青色LEDの開発が待たれていたこと、とてもよく、理解ができました。

 

また、LEDのカバーが乳白色であることで、乱反射により、色を混ぜている、といった知識もいただき、確かに赤色と緑色と青色が混ざって白色になっていることを、確認しました。

 

面白い!

 

講座にご協力くださる先生、そしてこれまで運営してきたスタッフにも、感謝。

 

 

 

それから、本日の私の個人的なヒットは、次のこと。

抵抗器の電圧(the voltage across the resistor)を測ります。

 

LEDの電圧(the voltage across the LED)を測ります。

 

 

電圧を測るときって、本当に見たまま、the voltage across the resistorとthe voltage across the diode・・・。

両端に、プラスとマイナスを接触させて、電圧を、計る・・・。

 

the voltage across the circuit element

= the voltage between the two terminals of the circuit element

 

前置詞across(電圧は、両端の差なので、端から端までを表すacross)とthrough(電流は、流れて通過するので、through)を感じる、ということは、これまで英語の授業でよく取り上げてきましたが、こうして視覚的に見るのは、とてもいい、と思いました。

 

 

電流の場合・・・

the current through the circuit element

 

電流を計るためには、その電気の流れの中に、電流計を直列に入れなければならないから、一つの線の端を外して、このように、入れるとのことで・・・。

 

確かに、電流が通過して流れる、測定器を含めた閉じた直列回路ができました。

 

 

 

 

 

個人的には、先のフルカラーLEDと同じくらい、こちらにも、感動をします。

 

 

さて、次回はこのフルカラーLEDを復習してから、次の項目へと、進みましょう。

 

 

*****

一歩、一歩、また一歩。

 

「知らない」と「知る」では世界が180度変わることがあること、色々な場面において、個人的には、これまでも多く、経験してきました。

 

使える時間は限られていますから、取捨選択をして、focusしなくてはならない。

これからも、一歩ずつではありますが、学び、前に進んでいきたいと思います。

 

Learning is a gift!(仕事のワクワク、見つけよう!)

理系の英語


これまで、多く理系の学生達に、英語を教えてきました。

学生への講義は毎週あります。

大学の非常勤講師を続けながら10年以上がたちましたので、理系の彼らの思考を探る機会は、随分と、積み重なりました。

また、大学の理系の先生方との交流を通じても、理系の研究者の方々がどのように説明をすれば、「英語が腑に落ちる」と思ってくださるか、逆にどのようなところに、英語の疑問を残して困っておられるか、ということが、比較的、よく分かるようになりました。

 

ところが、未だ皆目わからないのが、文系の方々に英語を教えるとき。

自分も文系なのに、いつのまにか、すでに文系の方々の英語に関する思考が分からなくなっていることがあります。

現実に、文系の方々には、私の英語の説明が腑に落ちないことが多い、ということを、セミナーを通じて、これまで多く体感してきました。

 

ですから今回も、その受講者が「文系の方」であるとわかったとき、おそらく私の説明が腑に落ちていないだろうな、と思っていたのです。

 

おそらく「単語が馴染みがなくてわからなかった」や、「スライドの扱いの速さに、困惑した」(←データをタイプして講義をすすめますが、理系の方々への授業ではテンポがよくて丁度良い、と言われる一方で、文系の方々には、手元が早くてわかりづらかったと不平が出ます。)、または「自身の英語のほうが講師のシンプル英語よりも良い」、といったフィードバックを、予測していたのです。

 

ところが、文系の仕事の中でトップの類かと思われるその職業(法律系)の受講者の方が、丁寧に、フィードバックをくださったのです。

 

「理系の英語の考え方が、とても新鮮でした」

「半田付け、など、分からない単語もあったが、興味深かった」

「これからは、時代が理系ですよ。ですから、英語もきっと、理系英語がスタンダードになる」

「きっと、理系英語はブレイクします、頑張ってください」

 

 

ありがとうございます!

 

とても、勇気づけられました。

 

 

時代が理系です?・・・興味深い。

理系英語がスタンダードになる・・・?

あまり考えなかったことですが、シンプル英語への波は、確かに進んでいるように思います。

 

 

週末には久しぶりに工業英語協会の基礎セミナーを担当させていただきます。

冠詞の基礎、そして文の組み立ての基礎です。

名古屋の方々にお会いできますこと、楽しみにしています。

 

 

pagetop