ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

集中講義に行っていました②


さて、今度は3時間×2件、本年度、最後の2日間の授業が終わりました。

 

授業、といっても、何度かおじゃましている教育機関において、今回は教員の方向けに、講義を担当させていただく、という機会でした。

教員の方々の授業はこれまでにも何度か担当したことがありますが、皆様、実践で英語を書く立場にいらっしゃいますので、学生さんに比べて、非常に実践的な点について、一生懸命、お話を聞いてくださることが多いです。

 

そして教員の方々、普段は教えるお立場にいらっしゃる皆様が、辞書を片手に、一生懸命ライティング。

「失礼の無いように」、と思いつつも、いつものように、言いたい放題に授業をさせていただき、バッサリ、ざっくり、と英文をリライトさせていただきました。

 

アンケートには「学生よりも教員が先にもっと学ぶべき。若手教員に勧めたい」などと書いてくださって、ありがたい限りでした。

 

しかし、いつも授業時間よりも余分に資料を準備してしまうのが、私の悪い癖です。

次の機会がある可能性を考えず、1回完結の内容を、いつもご提供したいと思ってしまいます。

 

今回も、資料がちょっと多かった点を反省。

まだまだ試行錯誤は続きますが、ご受講くださった先生方の少しでもお役に立てたことを、心より、願っています。

 

 

・・・その後は宿泊場所で、地道な執筆活動を開始(「まえがき」「あとがき」そして「目次」が、おおむね書けた)。

 

 

そして次の日は、同じ県での、全く別の対象者向けの、セミナーでした。

30数名、と比較的人数が多かったですが、お一人お一人、熱心に、取り組んでくださいました。

お仕事の貴重な時間をさいてくださったご受講者の方々。

帰り際に、「楽しかった!」、とお声をかけてくださったのが、私はとても嬉しかったです。

 

暖かい、「県」の魅力に触れた、2日間でした。

ありがとうございました。

 

さて、本年度の研修がすべて終わった、と思ったら、3月が終わりました。

 

明日から4月、心機一転、今年は新しいユー・イングリッシュとして、また一年、歩んでゆきます。

 

pagetop