ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

小さな一歩でした(TEDxトーク)

Ideas worth spreading(広めるべきアイディア)を持った人が集うTED(Technology, Entertainment, Designの各分野のスピーカーが集う)では、アイディアがあれば、それを広めてしまおう、というもの。

 

自分のアイディアは、公開しても、減らない。

アイディアがもし他の人の役に立つのであれば、短い人生においてアイディアやノウハウを隠しておくのではなく、公開するのが良い、というように私も考えています。

 

 

そんなTEDからライセンスを受けて運営されるTEDxに、少しの出来心から、参加をしてきました。

 

TEDxKyotoUniversity(http://www.tedxkyotouniversity.com/speaker.html

 

小さな、一歩でした。

 

技術英語、テクニカルライティング、特許英語、と考えると、関係者以外には理解しづらかったり、他人事のように聞こえますので、”Simple English for Everyone”と題して、広く一般の人にも、このような分野を、少しでも知っていただきたいと、思いました。

 

 

さて、トークが、YouTubeで公開されはじめました。

 

My message is here(私のメッセージ):

Simple English will change your communication, and your entire career.

 

つたないトークですが、もしよろしければ、ご覧ください↓

 

Simple English for Everyone | Yukiko Nakayama | TEDxKyotoUniversity

https://www.youtube.com/watch?v=24Tzq9sdTas

1513268_471479149685337_6008784966991172697_n

理系卵さんへの尊敬の念


今期も大学の授業が終盤に差し掛かっています。結構、頑張りました。

今期は授業数が多かった。府県をまたがり、行ったり、来たり、していました。府県に加えて、道(どう)、にも行きました。

 

さてさて、終盤の今、各種大学の最後のレポートチェックにも、追われています。

 

「自分の研究について、分野外の人にもわかるように、What you are doing. Why it is important. について説明してください」、というレポート課題です。

 

 

毎年思うことですが、今年もやはり、レポートをチェックしながら、次のことに、感銘を受けました。

 

理系卵さんたち、本当にすごいです。こんなに多岐にわたることを、一人一人が、研究していて、その人たちが、一クラスに、集まっている。

誰一人として、研究内容がほぼ同じ、という人はいません。分野自体も、色々です。

 

世間で見聞きする最新テクノロジーが、盛りだくさん。

本当に、素晴らしいです。

 

 

理系研究者の方のお仕事といえば、先日TEDxKyotoUniversityで、京都大学の先生方の研究について、TEDxトークを通じて、垣間見ました。

 

その中で、「研究とは、誰もしていないことをするもの」、と、ある先生が、おっしゃっていました。

 

******

研究とは、

人がやらないことをやること。

わからないことをやること。

思いついたことをやること。

それが研究だ。                                           京都大学   酒井敏  教授

 

Do what people don’t do.

Do what people don’t understand.

Do what you have in mind.

That is the research.                                  by Professor Satoshi Sakai at Kyoto University

 

2015年6月7日 TEDxKyotoUniversityトークより

 ******

 

 

 

理系研究者さん、理系卵の学生さんたち、本当に、かっこいい。

女性も男性も、若い方もベテランの方も、みんな、素晴らしい。

 

みな、ご自身の研究について書かれるとき、話されるとき、キラキラ、生き生き、とても幸せそうに見受けられます。

 

今チェックしている課題レポートの英語も、キラキラ、生き生き、光っています。

 

そんな理系卵の学生さんたちを、英語の面で手助けできれば、私の仕事も、この上なく、幸せな仕事です。

 

 



pagetop