ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

苦しい時に、少しだけ、見上げてみたこと


少し苦しい翻訳案件を、担当していました。

何年たっても、時に、このようなことが、あります。

「この案件、苦しい」、と思う日英特許翻訳の案件。

 

机にかじりついて訳して、訳しても、訳しても、自分の中で、矛盾が生じてきて・・・。

(和文を書いた人の思考や癖を理解するのに、時間がかかることがあります)。

 

時間との闘いでもあり、品質との戦いであり、それはもう、自分との、戦いです。

 

「もっと頑張れ、自分!理解しなさい、自分!」「頭を使いなさい、自分!」

「書いた人に寄り添うこと、その人の和文の癖、思考回路、書きたい内容、表して欲しいと思っているであろう内容に、しっかりと、寄り添うこと。」

 

自分を鼓舞して追い詰めながら、slow, but steadilyに、理解を深め、英語を改善する。

 

時に、極限の状態に入ってきます。

 

気がつくと、「下」ばかりを向いている自分。翻訳原稿とパソコン画面に張り付いて、脇目をふれずに戦っている自分。夢中で、必死・・・。確実に「黒い」オーラが出ていると思います。

 

今回、「もうダメだ・・・」、と思った瞬間に、ふと少しだけ、上を見上げました。

 

そうしたら目に入った、次の言葉。

 

 

「基本に忠実に」そして「既成概念の枠を超えた仕事を目指す」

 

 

この言葉に、あるとき私は共感して、自筆で書いて、目の前のカレンダーに、貼り付けていたのです。

 

この言葉を見た瞬間、すーっと、平常心に、戻りました。

 

心が、軽くなりました。

 

そう、「基本に忠実に」

 

これまで通り、「基本に忠実に」行えば良いんだ。

 

 

気を張ることはない、自分を忘れることもない。

 

必死すぎて我を忘れそうになっていた自分に、平常心が、戻ってきました。

 

その後、とても落ち着いて、冷静に、仕事ができました。

 

そうすれば、分からないと思っていたことが「すーっ」と理解できるようになり、いつもの仕事が、できました。

 

ふと上を見上げてみた。そうしたら、冷静な自分がいた。

本当に、「光」が差したような、気持ちになりました。

 

(翻訳業は、本当に、いつまでたっても、修行・・・。その修行には終わりがあるのか・・・?日々進歩する技術を扱う以上、終わりはないのでしょう。)

 

 

さてあとは、「既成概念の枠を超えた仕事を目指す」こと。

 

これは私一人ではなくて、一緒に同じ方向を目指せる方々と、一丸となって、成し遂げたいものです。

pagetop