ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

2020年オリンピック開催に思ったこと:学生さんのご質問より


技術翻訳者/技術英語講師である中山さんの、これまでの「道」について、英語を勉強する大学生向けに、英語でプレゼンしてくれませんか?

 

大学の先生からのこんな一言に始まった、今回のお仕事。

 

私のこれまでの歩み、それから今学生さんに伝えたいこと、を15分の英語プレゼンテーションに、まとめました。

 

プレゼン後に、質疑応答がある、と聞いていました。

 

どんな質問が来るかな・・・?

私が英語プレゼン指導の授業でいつも言っていることを実行するため、ある程度の質問予想と、質問への答えを、考えて望みました。

 

そうしたら、全く、思いもよらない、質問が来ました。

(たいてい、プレゼンとは、準備していない質問が来るものですね。)

 

 

●「2020年オリンピック開催で産業翻訳が増えるかもしれない一方で、機械翻訳が発達して、翻訳の仕事はなくならないでしょうか。」

●「頑張って翻訳者を目指しても、翻訳の仕事は無いのでは?」

 

 

さて、私の答えは、次のとおりです。

(実際は、少し違うことも含めて答えましたが、以下は、私の極論です):

 

●機械翻訳が発達すると不安に思われるなら、今すぐハイレベル翻訳者になるのはどうでしょう。そうすれば、オリンピックの頃には、翻訳ソフトの開発に携われるかもしれません。

 

●7年先を見ているんですね。「今」のことを考えられてはどうでしょう。7年とは、果てしなく、先です。この世に居るかどうかさえ、全く分かりません。実際、オリンピックの開催地が東京に決まった時、日本中が喜び、皆が7年後の自分を、想像したといいます。対する私は、「7年先の自分」など、全く想像も出来ず、生きているのかどうかの自信すら、ありませんでした。

ただ、今頑張っていたら、7年後には、きっと、何らかの形で、関わることが出来ると思います。

 

 

さて、私自身は、ブレや悩みが無くなった今、10代を含む若い人たちに対して、断言することができます。

 

「すべての将来への心配事」は、「杞憂」です。

 

「今目の前にあること、目の前にあって、出来ること、に邁進して、努力していけば、将来・未来は、自然に、形作られていきます。」

 

これは私が、これからの若い人達、つまり学生さんたちに、伝えていきたいことでもあります。

 

英語の授業、という媒体を通じて、講師は、授業の中身以外にも、学生さんに、伝えていけることがあるのではないか、と、そんなことを、最近は思っています。

 

「知識」や「技術」を伝えることに加えて、その「知識」や「技術」を、日々の生活、または今後の人生において、どのように応用するか、そんなことまで伝えられる授業、それは、今後、私が目指していくものでもあります。

Henry Fordの言葉 と 日英翻訳の仕事 と 「言葉」の力


弊社のオンライン連載(http://www.u-english.co.jp/reading/)では、日英翻訳に役立つ様々な内容を取り上げています。

 

generallyやrespectivelyとの付き合い方にはじめ、日本語とニュアンスがずれる動詞、種々の前置詞、似通った英単語の選択方法など、日英翻訳で生じる疑問や問題を扱い、スキルアップを目指します。

 

これまで第1回から第11回まで、様々な内容を扱いましたが、結局、日英翻訳で最も大切なことは「しっかりと考えながら訳す」ことだと思います。

 

日本語を単純に英語に置きかえるのをやめ、日本語が意図している内容をその都度しっかりと考え、3C(Correct, Clear, Concise)に沿った英語で説明することが大切です。

 

日英翻訳は機械的な作業ではなく、いつも、「頭を使いながら」行う必要があります。

 

つまり、翻訳者は、学び続けなければいけない環境に自分を置き、そのことにより、ずっとスキルアップし続けることができるのです。

 

学び続け、ひいては次の言葉のように心を若く保つことができる、日英翻訳とは、素晴らしい仕事です。

 

********

Anyone who stops learning is old, whether at twenty or eighty.

Anyone who keeps learning stays young.

The greatest thing in life is to keep your mind young.                    Henry Ford

********

 

 

さて、オンライン連載の第12回から第14回『注意したい日本語』も、近日中に、アップ予定です。よろしくお願いいたします。

 

なお、弊社オンライン連載は、社団法人日本工業英語協会による機関紙『工業英語ジャーナル』に2009年6月から2014年6月にわたって連載した「日英翻訳スキルアップ」(中山裕木子著)を元に、加筆修正を加えたものです。

 

「書くこと」が大の苦手だった私ですが、書かなければならない状況、に自分を置き、とにかく継続してきたことで、少しずつ、苦手意識が薄れてきました。

 

今は、「書くこと」で頭の中の知識を整理し、人に伝えるまでの理解へと深めることができることに気付き、改めて、「言葉の持つ力」を実感しています。

 

英語にしても日本語にしても、「言葉」とは、人が人である証、これを自由に使いこなすことで、「考える力」、も深まるように感じています。



pagetop