ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

本日、今できる一歩を踏み出すこと


本日は、弊社大阪開催 技術英語基礎セミナー第2回でした。

 

大阪開催技術英語基礎セミナー:

http://www.u-english.co.jp/seminars/index.html#201408

 

第2回も無事に開催することができ、心より感謝しています。ご参加くださった方、お手伝いにご尽力くださった方、誠に、ありがとうございました。

 

さて、セミナーの冒頭で少し、「勉強時間の見つけ方」について、お話をしました。

 

一日の中で、何回くらい、勉強をするチャンスがあるか、ということについて、個人的な考えをお伝えしました。(内容は割愛します)

 

ここに、私の考えていることを、補足しておきます。

 

忙しくなると、どうやって勉強の時間を見つければよいか、と悩むことがあるかもしれません。

 

「誰にでも等しく24時間しかない一日」、これを私たちがどう使うかは、私たち次第です。

 

確かに、人によって、忙しさや、自分のためだけに使える時間、が物理的に違うことは、認めます。

 

では、「自分のために使える時間」が長い人は勉強がしやすくて、「自分のために使える時間」が少ない人は、勉強ができないか?

 

私はそのようには、考えていません。

少なくとも、そうではない、と思うことで、希望をつなげたいと思っています。

 

誰にでも平等の24時間、誰にだって、いろいろな事情があるのです。

 

仕事が忙しい人にはその人の事情、家庭が忙しい人にはその人の事情、子育て中の人も自分に裂ける時間は少ないかもしれません、そして子育て中でない人は、もしかするとペットのお世話が忙しいかもしれません。

子育てが終われば、親の介護?孫のお世話?そして自分自身の体調のこと・・・などなど、いろいろなことが、ずっと、続いていくのでしょう。

「落ち着いてから」、なんて考えていると、瞬く間に人生は終わってしまう・・・。

 

だから、「今」なんです、「今」。

今できることから、毎日、「一歩」を踏み出す。

 

無理はしなくてよい、でも、休んではいけない、つまり、毎日毎日、その日にできる「小さな一歩」を踏み出すことが、重要だと考えています。

 

 

実際、「小さな一歩」を踏み出すことで、驚くほど、心が落ち着きます。

たった一つだけれど、やってみた、そんな小さな積み重ねが自信となり、力となり、結果として大きなことが成し遂げられるのだと信じています。

 

 

さて、私は今日、これから翻訳をしますが、それが終わったら、小さな一歩を踏み出すつもりです。

10分でも、15分でも、次の目標に向える一歩を。

 

本日のセミナーで皆さんに最後に贈った言葉は、次のものです。

 

Push yourself. Physically, mentally, you’ve gotta push, push, push.      (David Gallo)

 

この言葉、成功への秘訣、だそうです。

 

 

 

pagetop