ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

私の履歴書


些細なことからご縁がつながり、履歴書を書いていました。

大学関係のお仕事には履歴書が必須ですが、私がいつも頭を悩ませるのが、「研究暦」。実務経験は比較的多くありますが、私の履歴書は、研究暦に弱い。

 

「研究か、実務か」と、悩むところです。

 

なぜなら、修士論文を書いたときに実感しましたが、研究(私の場合は英語教育、テーマは「自立した英語ライタの育成」)には、本当に時間がかかる!

 

修士論文用の先行研究から実験(大学授業で実験しました)にデータ収集と解析、英語論文執筆には、本当に、時間がかかりました。毎日「瞬く間」に時が過ぎ、何も進んでいないのに机に向かったまま一日が過ぎることもしばしばでした。

 

実務の時間は、無くなります。

 

翻訳の仕事を並行して続けながら行っていましたが、翻訳すれば同じ時間で5000ワード進むところが、論文執筆は1ページ、といったありさまでした。

 

研究はそれはそれで、楽しかったですが、私には、修士号をとるための「期間限定」で、十分でした。

早く実務100%に戻りたい、そんな風に考えながら、それでも修士論文350ページ超(8万ワード超)を書き上げました。(何事も「やりすぎ」てしまう私)。

 

もし英語講師がこんな具合に研究ばかりをしているとすれば、実務のために英語を書く時間、自分の英語力や英語指導力を改善する時間、というのは、激減すると思うのです。

長い目で見ると授業改善につながるのでしょうが、日々、目前の授業の準備を十分に行う時間が、取れなくなるかもしれません。

 

そんなことを結論付けて、「研究か、実務か」の中、私は実務を選ぶことを、正当化しました。

 

実務を選んだことで、肩書きや地位はなくても、本当に学生のためになる良い授業を、若い学生に届けられるように・・・。

私の次の「もくろみ」


本書を書こうと思ったきっかけは、ある研究者の次の言葉です。今から数年前、「英語の冠詞が苦手」という研究者の方に出会いました。

 

「英語ネイティブに、ここの冠詞、どうすればよい?と尋ねたら、どっちでもいい、と言われたんです。どっちでもいいようなシステム(冠詞)は、無くしてしまえ!」

 

いつも冷静な研究者の方のこの時の剣幕を、今でも鮮明に覚えています。その時以来、理工系の研究者にとって、英語がもっと分かりやすいものにならないかと考えてきました。「どっちでもよい」とネイティブに言われても戸惑わないように、ノンネイティブはノンネイティブとして、自信をもって英語表現を選択していく道はないものか、と考えてきました。

 

本書では、日々英語を書く必要性に迫られる実務者を対象として、技術系英文作成の基礎から応用までを解説します。本書が、英語に関して憤りを感じている理工系研究者の方々、または研究者の技術を伝える役割を担う技術翻訳者の方々の手助けとなることを願っています。ひいては本書が、日本の技術を世界の人々に正しく伝えることに役に立つことを願っています。

 

・・・・・

続きは、工業英語協会による機関紙「工業英語ジャーナル」に、9月号以降、執筆していく予定です。

 

 

私の次の「もくろみ」です。

「本」を書くのは、命がけです。今回の特許翻訳の本で生死をさまよったのですが、それでもまだ、懲りていないようです。

 

ちなみに特許翻訳の書籍は、amazonにタイトル「外国出願のための特許翻訳英文作成教本(中山裕木子著)」としてすでに掲載されていると知りましたが、発売日は、実はまだ確定していません。その点、申し訳ありません。

英文リライト②


技術英語講座(全4回)にご出席くださったある大学の先生に、講座終了後、「マグロの解体ショー」みたいだった・・・と言われました。

 

私「マ、マグロ・・・?」

 

バサバサ切りつける感じがするのかしら・・・?

 

次は別の授業で、お若い学生に「英文マジシャン」と呼ばれたとのこと。

 

私「マ、マジシャン・・・?」

 

クルクルと英文を動かす感じ・・・?

 

リライト例です:

                                                                          (原文から、一部変更しています)

 

若い学生による原文:

It is possible to take photos at any time by wearing the wearable camera, so anyone can take sneak shots easily.

 

→Wearing the wearable camera can take photos at any time, so anyone can take sneak shots easily.

(リライト中。未完成)

 

→Wearing the wearable camera allows us to take photos at any time, so anyone can take sneak shots easily.

(無生物主語を使ってIt is…to構文を避ける)

 

→Anyone wearing the wearable camera can take photos at any time, and thus can take sneak shots easily.

(主語をそろえて視点をそろえる。allowなどを使わない原文に近い形に戻す。自然に戻る。発想を変えてリライトし、自然に読める文章を心がける)

 

 

いつも思っていること:

英文リライトは、原文への尊敬の念と愛情を持って行うことが大切であること。原文を大切に、最大限に生かしながら、そして最小限の変更で、大幅な品質アップを目指したいと思っています。

pagetop