ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

会社を設立して何が変わったか?と尋ねられることがあります。

 

個人事業で10年、翻訳業と講師業を行ってきましたので、それをそのまま引き継ぐ形で法人成りしました。したがって、実質は、何も、変わっていません。

 

講師業も翻訳業も、これまで通り、変わらずに、行っています。

 

もし変わったことがあるとすれば、「去っていく人」と「新たにお仕事を下さる方」、というように、「新しい出会い」と「少しの別れ」、があったようには思います。

私自身は何も変わらないけれど、「離れていく」ほんの少しの人、がいました。そして、それを埋めるかのように、「新しい出会い」があったように思います。

 

 

さて、もう一つだけ、変わったことがあります。

 

これまでの個人事業では、全くといっていいほど、「営業」、というものをしてきませんでした。ただただ、くださるご縁、舞い込むご縁、に対して、精一杯、邁進をしてきました。営業ゼロで10年間お仕事をいただいてこれたのは、大変、幸運なことでした。

 

さて、会社として自由度が高まった今、ほんの少しだけですが、私のほうから、「会いたい人」「お話をしてみたい企業様や大学様」に、働きかけをするようになりました。

 

そんな新しい出会いの中、思うことが、ありました。

 

企業や大学、その他の場所で活躍されてきたハイレベルの方々とお話すると、とてつもない、オーラを感じます。それぞれのお立場で、これまで多大なご苦労とご努力されてきたこと、それが短時間のお打ち合わせの中で、初対面でも、にじみ出てくる、ということです。

 

第一印象から、そしてお話の節々から、そのようなオーラや、人格や、ご実力、それらが見えてしまう、というのは、新しい発見であり、少し、恐ろしいことでもあります。

そのような方々と、ほんの少しの時間でも共有することができ、大変、勉強になります。

 

そんな中、先日お打ち合わせをした際の、ある方の言葉です。新しいお仕事を立ち上げられるかどうか、ということについて、同僚の方に対して、さらっと、言われた言葉ですが、私には、ストン、と腑に落ちました。

 

結局その時、やるか やらないかでしょう。

考えるか、考えないか。

頭で考えている時間って、1時間くらいじゃん。だから、考えるか 考えないかでしょう。

 

 

そのとおり、と思いました。

日々、後回しにしたり、「時間が無いから」、と言ってしまいがちな様々なことに関して、結局、「その時、実際にするかどうか」「実際に考えるかどうか」、ということだけ、のように、思います。

 

大そうに考えなくても、何でも、たいてい、1時間も考えれば、できてしまう、または、完全にはできなくても、1時間あれば、少なくとも、新しい道へ進む準備が、できてしまうのだと思います。

 

「考えるか 考えないか」「1時間使って 行うか 行わないか」、その決断こそが、このハイレベルの方々の「今」を作っているのでしょう。

 

ご自分を信じ、新しいことをどんどん進めていかれる方々に、尊敬の念を抱きました。

コメントは受け付けていません。

pagetop