ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

少し振り返って、2017年の中ほど、弊社「翻訳チーム」の構築に、躍起になっているときがありました。

I was so desperate…

 

どんな人事が必要?

工業英検1級?

特許翻訳歴5年? 明細書翻訳100件?

ネイティブ翻訳者?日本人翻訳者?

 

試行錯誤をした後で、私が選択したのは、次の人材像でした。

 

「やる気がある人」

 

とにかくこれを重視、特許翻訳をやりたいという気持ち、ユー・イングリッシュで働きたいという気持ち。

細かいことは、問いません。とにかくあなたの、まっすぐな「瞳」が欲しい。

 

そのような目線で、2017年半ばから後半にかけて、人材確保に取り組みました。

 

そして現在の事務所内の風景・・・

 

「シーン」

 

翻訳者は、ひたすら、翻訳をしています。

 

私が特許事務所に勤め始めた2000年のころと、同じ「空気」が漂っていると思います。

 

集中して、パソコンを打っている。考えてこんでいる。

 

必死で仕事をしていたら、もう、終わり?

もう数時間! もう、1日終わった、という毎日・・・?

 

 

(ここからは、2000年当時の私の特許事務所 入所体験)

毎日誰とも、話さなくていいの? 誰に気遣いもしなくていいの?

えー、自分で好きな勉強をするみたいに、ただパソコンに向かって、英語に訳していたらいいの?

丸一日、本当に、これでいいの?

しかも、これで報酬まで、いただけるの?

パラダイス・・・。ここは、本当に、パラダイス・・・。とにかくすごい・・・。こんな場所があるとは・・・仕事って、少しくらいは嫌なこと、あるんじゃないの?

何一つとして、嫌な要素がない。翻訳だけしてたらいいの? ほんとに、いいの?!

マンデーブルー、はなくって、翻訳原稿から離れる週末ブルー、そして翻訳原稿に再会できるハッピーマンデー。

 

(・・・当時20代の私の回想。もちろん、嬉しい、楽しい、と同じくらいに、難しい、苦しい、という現実もあったのですけれど・・・しかし人はうまく出来ている。苦しいことなんてすべて、忘れてしまいました。貴重だった翻訳原稿との時間、楽しかったパソコンと過ごすだんまりの毎日、週末に恋しかった和文原稿、事務所勤務時代はそんな思い出しか、残っていません。)

 

 

 

さて、現在の弊社事務所に戻って・・・。

 

私が雑務で話しかけた時も、言葉が終わるやいなや、さっさと、いそいそと、翻訳に戻るスタッフたち・・・

話しかけられても後ろ、向きたくない? 移動、したくない?(ポットのお湯のお世話も面倒?!)。PCのほうを向きたい。PCにひきつけられている・・・。

 

私の若いころを思い出す・・・、と心の中で思いながら(失礼かもしれません。全然違うかもしれないし)、がんばって!と心ではエールを送っています。

 

彼らにとって、魅力ある会社であり続けたいと、願っています。

そのためにも、真摯に、世の中に役立つ良い仕事をしていきたい。

 

 

ユー・イングリッシュが社会の役に立つように、弊社のお世話役でもあり、案内人でもある私、2018年度、一層の努力をしていきたいと考えています。

 

今年も無事、決算期を終えられそうです。今年もきちんと税金を収められそうで、企業活動が継続できること、ありがたい限りです。

お客様に感謝をし、弊社業務に関わってくれたみんなに心より感謝をしています。

コメントは受け付けていません。

pagetop