ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

2017年は、ありがたく特許翻訳受注を増やしていただける中、翻訳チーム作り、に尽力しました。

 

2017年4月、まあそのうち協力者が集まればよい・・・や、チームはそのうち自然に作られていく・・・または結局自分が翻訳を手放せず、いざとなれば自分でやるから大丈夫・・・などと思いながら、創業から3年たっても、重い腰を上げてこなかった。

 

これでは、いけない。

 

目の前のこととなると、「持論」をすっかり忘れていた。

 

何ごとも、「自然になるようになるさ」や「強く求めなくても、なんとかなるさ」「必死にならなくても、いつかそのうち自然に・・・」などと考えていると、「そのうち」は決してやってこないのです。

 

そう、「強く求め」「行動」をしなくては、何ごとも決して前には進まない。そのことを思い出し、痛感した。

 

チームが定まらない中、方向性の定まらない英文の膨大なリライト量に、苦戦していました。

 

「いざとなれば自分でやるから大丈夫」はもはや成り立たず、講師業・翻訳業ともに、自分一人のキャパを超える仕事量に対して、もがいていました。

 

これでは、いけない。

今時間がかかったとしても、とにかく今、やらなければならない。

 

今、必死で、求めなければならない。

 

今しなくて、いつするか。

 

そのようなことで、ユー・イングリッシュ翻訳チーム作りを、開始しました。具体的には、弊社に協力して欲しい人材像をはっきりと定め、そのような方に、呼びかけました。

 

そして、英文1文1文を、毎日徹底的にリライトをして、フィードバックしました。方向性を定めて提示することで、それに賛同してくれる、本当の意味での協力者が、弊社の翻訳チームに加わってくれるのではないか、と考えました。

 

少しずつ、少しずつですが、しかし着実に、推し進めてきました。

 

2017年、このことは、ユー・イングリッシュにとっての進歩でした。

 

おかげで、若い方も、ベテランの方も、バランスよく、弊社のチームメンバーに、加わってくださいました。

 

若い方のご参加、とても、嬉しい。

弊社に勤務したい、と言ってくれること、とても、嬉しい。

 

中堅ベテランのスタッフ、とても、心強い。

弊社に勤務したい、と言ってくれること、とても、嬉しい。

 

 

若い方々には、夢がある。夢中になれる、力がある。そして、体力もある。

 

少し年上の私たちにも、夢がある。夢中になりたい、心がある。そして年上の私たちには、これまでに蓄えた、少しの英知がある。

 

それぞれの力が合わさって、ユー・イングリッシュという法人を、支えていくことができることを願います。

 

私、中山は、ユー・イングリッシュという「格」のお世話役として、皆が気持ちよく仕事をし、同じ方向へと向かっていけるよう、努力していきたいと考えています。

 

ユー・イングリッシュ。

法人とは、「格」である。

人格のような、「格」である。

 

これは私がはじめに会社を作るときに、学んだことでした。

 

その頃はいまいちピンとこなかったのですが、4年目に入り、少しずつ、分かってきました。

 

ユー・イングリッシュという「格」のお世話役として、ユー・イングリッシュがその目的を果たすことができるように、率先して、支えていきたいと思っています。

 

社内・社外の協力者に、心より、感謝しています。

 

良い1年でした。

2017年、ありがとうございました。

 

(年末ではありますが、少しセミナーの情報を、掲載させていただきます。年始1月5日より、受付を承ってまいります。どうかよろしくお願いいたします。)

コメントは受け付けていません。

pagetop