ユー・イングリッシュ

?= $title; ?>

拙著「英語は3語で伝わります」は、思っていたよりも多くの読者に手に取っていただいたようです。

本当に、有り難い限りです。

『英語は3語』紀伊國屋新宿本店

(東京の大きな書店の様子の写真をもらいました)

 

テクニカルライティングのコンセプトを、多くの人に手に取ってもらえたこと、そのことが、とても嬉しいです。

早速重版も出していただけたようで、読者の皆様、そして支えてくださった皆様に、本当に感謝しています。

 

 

 

さてさて、私のほうは、早々に、次のプロジェクトに向けて、いくつか、動いていました。

いくつかの立場を持っていますため、次から次へと、agenda(次に取り組むこと)、がやってきます。

 

そんな中、「どちらにしようかなあ」、と考えたことが一つ、ありました。

私は何でも、「まずはやってみる」「種をまいてみる」というせっかちな性分ですので、2つの相反することをはじめてしまい、運良く2つが重なる、なんていうことや、複数から道を選ばなければいけないことにも、比較的、よく遭遇しています。(なお、自分で勝手にはじめたことであって、道を自分で自由に選べる類の場合、のお話です。)

 

そんなときはいつも、初心に戻って、次のことをします。

 

「心に聞いてみること」

 

 

心を無にして、「どっち・・・?」、と聞いてみます。

 

理由を並べたり、背景を考えたり、また損得を考えたり、ということはせず、ただ心に、尋ねてみるのです。

 

すると驚くほど、心は、自分の選ぶべき道を、よく知っている。

 

答えが出ないということは、これまで一度も、ありませんでした。

「迷う」、ということが、まるで、無いのです。

 

私の「心」の位置は、具体的には、心臓より、少し下で、体の中心部分の、少し奥・・・(?)

 

その「心」の場所が「Yes」、と動くほうを、今回も、選択しました。

 

ワクワク、次のプロジェクトが、自分の中では、走り出しました。

高まる気持ちを仕事に込めて、世の中の役に立てることが少しでもできるように、努力します。

コメントは停止中です。

pagetop