ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

セミナー2件


中山が講師のセミナーはありますか?

と聞いていだだけることがありましたので、近い外部セミナー2つの情報を掲載させていただきます。

 

 

●京都商工会議所 開催 技術英語基礎セミナー

2018年6月21日(木)9時半~16時半(京都開催)

http://www.kyo.or.jp/jinzai/seminar/international/sm_109197.html

 

スタンダードな技術英語の基礎セミナーとなります。

拙著「技術英語ライティング教本」の内容も一部含めています。

直近ですが、まだ申し込みが出来るようです。

 

 

●日本翻訳連盟(大阪)開催 日英特許翻訳レッスン―読みやすくチェックしやすい英文を書く

2018年7月27日(金)14時~17時(大阪開催)

https://www.jtf.jp/west_seminar/index_w.do?fn=search

 

特許英語の基礎セミナーです。こちらも比較的スタンダードな基礎セミナーとなります。

拙著「外国出願のための特許翻訳英文作成教本」の内容も一部含めています。

こちらは懇親会も開催されるようです。

 

 

2件のセミナーにつきまして、どうぞよろしくお願いいたします。

心をオープンに聞くこと


最近心がけていることは、心をオープンにして、人の話を聞くこと。

 

ここ数年は、色々な方々のお話を聞く機会、つまり「仕事の打ち合わせ」の機会があります。

 

そこでは、色々なアイディアが出て、一生懸命、知恵を絞って、問題解決に取り組みます。

 

自分とは異なる分野の方々の話の中には、多くの発見、そして「イノベーション」が詰まっていることにも気づきます。

 

自分には関係がない、または自分は気が進まない、と思わずに、どのようなアイディアも、声をかけてもらった場合には、心をオープンにして、聞いてみています。

 

すると、色々なことが「つながって」きたり、全然違うと思っていた人の考えが、自分ととても似ていたり、または、自分の勘違い、誤りを発見できたりすることが、多くありました。

 

また、知恵を持っている人に、「教えてください」といって聞いてみると、皆さん驚くほど丁寧に、知恵をかしてくださることにも、気づきました。

 

蓄積された英知を、惜しみなく、教えてくださるというのは、とても素晴らしいことです。

 

そんな経験を通じて、肩肘張らず、分からないことは分からない、として「聞いてみる」ことが、少しずつ、出来るようになってきました。

 

さて、アイディアは、どんな方向へ、向かっていくのでしょう。

 

先日の打ち合わせで聞いた、いくつかのさりげない一言には、その方々の仕事への真摯な気持ちと情熱を感じました。

 

ビジネスの中に垣間見える人間らしさ、その人達の想い、それがあってこそ、仕事が正しい方向へと進んで行くのでしょう。

 

私に何ができるかは今の時点では分かりませんが、少しでも前に進むときがきているのかもしれない、ということを感じています。

 

 

知らないことを恐れず、心をオープンにして、英知を絞り、できる限り良い方向へと進むよう、工夫したいと思います。

pagetop