ユー・イングリッシュ

?= $title; ?>

年末年始の愉しみ


今年の年末は、講師業に加えて、いつもとはやや異なる業務に追われていましたため、これまでとは、少し異なる年末年始になるかな、と思っていました。

 

昨年末は、ひたすら、特許翻訳に追われていました。

 http://www.u-english.co.jp/blog/?p=1442(昨年末ブログ)

 

今年は、ユー・イングリッシュでは、翻訳チームの目処が、徐々に立ち始めました。

 

なお、ユー・イングリッシュの翻訳では、全件、私、中山にて、完全リライトを、しています。

 

一方、翻訳を手伝ってくださるスタッフが少しずつ増え、ユー・イングリッシュ設立当初にかかげていた、「工業英検1級レベルの英語ライティング力と、法律・技術を理解する(理解をするための努力をする)ハイレベル翻訳チームの構築」に関して、「明るい光」が見えてきました。

 

したがって、そのような協力者の方々に、第一ドラフトの翻訳をお願いすることが、最近は、増えてきていました。

 

その結果なのですが、ユー・イングリッシュの翻訳は、私が一人ではじめから終わりまで翻訳を担当していた頃よりも、品質が格段に上がっている、と感じています。

 

なお、リライトには相変わらず、時間を多くかけていまして、第一ドラフトの翻訳者による原稿がほとんど残らない場合も、結構多く、あります。

(翻訳者の方々には、申し訳ないと感じることもあるのですが、「リライト」を手放せない私は、相変わらず、ドラスティックな変更をしています。)

 

しかし、異なる翻訳者が、各段階(第一ドラフト、リライト、チェック、など)を担当する、ということには、思わぬ利点が、ありました。

 

それぞれの翻訳者の良いところを最大限に生かしていただいて、引き出していただいて、そして、それを集約してリライトしながら、安定した高品質へと、仕上げていく・・・。

 

担当翻訳者は皆さんそれぞれに、非常に良い点を、お持ちです。

 

「人」というのは、私も含め、誰でも、完璧、ということは、ありません。

 

No one is perfect.

 

特に私などは、仕事が早い結果、ざっくりと大ざっぱなところが多く、それを詳細に指摘してくれる他のスタッフにより、本当に多くを、助けていただいています。

 

 

そのように、チームそれぞれが、ご自分の良い点を最大化していただき、それを集約して、一つのもの(英文特許明細書)を、作り上げる・・・。

 

この結果、私自身が一人で翻訳すべてを担当していた頃よりも、結果物の品質は、確実に、上がっている、というように、感じています。

 

このことは、2016年のユー・イングリッシュの、大きな収穫です。

 

チームに協力いただいている方々に、心より、感謝しています。

(また、弊社翻訳チームに加わってみたいと思ってくださる方がいらっしゃれば、是非に、ご連絡をいただきたいとも、思います。)

 

 

さてさて、本日のブログは、「年末年始の愉しみ」、でした。

 

私自身は、特に過去のフリーランスの10年は、年末年始のお休み、お盆休み、といった概念が、全くありませんでした。

 

むしろフリーランスの頃は、年末年始こそ、仕事が重なる、大忙しの時期で、たくさん、翻訳していました。

没頭していたらいつのまにか大晦日の12時を超えていた、ということが、何度もありました。

 

 

そんなことを思い起こしながらも、しかし今年は、リライト案件が数件あるものの、年末年始のお休みを人並みにとってみようかと考えていたところ、年末に、思いがけないお客様から、翻訳案件を一件、いただきました。

 

 

さて、誰に第一ドラフトを担当いただくか、と思ったのですが、世間は、年末ムード。

弊社フリーランスの協力者の方々からは、「今年はお世話になりました。ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。」といったメールが届く中、世間は年末ムードへと数日前から移行していることを、感じていました・・・。

 

 

そのようなわけで、今回の案件、納期が比較的短いこともあり、自分で担当することにしたのですが、ああこれが、楽しすぎます!

 

訳し始めると止まらず、まずはざっと昨晩2000ワード程度を訳出・・・。

 

その後も、調子よく、訳出を続けています。

 

お仕事をくださったお客様、本当に、ありがとうございます。

 

今年も年末に一から翻訳ができる、という思わぬ幸せに、感謝しています。

(普段でしたら、ちょっと自分での翻訳を我慢して(?)、別の方にお渡しするのですが、世間のお正月ムードを理由に、訳出の機会を得ましたので。)

 

 

そして何度も自分で再確認をするのですが、私、特許翻訳、好きです

ワクワク、ドキドキ、この気持ちが薄れることが、まるでありません。

 

これからも「serve」の気持ちを持ち続け、大切な、大切な、特許翻訳のお客様に、お客様の価値となる仕事を提供できるよう、努力していきます。

 

2016年、皆様どうもありがとうございました。

 

2017年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

10年間 続けてきたこと


2016年はあと少し。

 

12月は少し遠方への出張が続いたり、新しい類のお仕事もありまして、少しペースを崩してしまっていましたが、なんとか乗り切りまして、ようやく、終わりが見えてきました。

IMG_7724   IMG_7864

 

年内の講義は、あと1日だけとなりました。

 

さて今年は、この10年続けてきたお仕事を、2つ程、終了することが決まりました。

Bittersweet goodbye(ほろ苦いお別れ)です。

少しだけ未練があるかもしれませんが、しかし、良い機会、ととらえています。

 

10年・・・、十分な、ひと区切り、だと思います。

 

そのようなこともあり、今年はめずらしく、2016年の終わりに、これまでを、振り返っていました。

 

この10年、まあまあ頑張った、と言えるかな・・・。

 

 

 

さて、2017年より、また一つ一つ、積み重ねて、歩んでゆきます。

 

これからは、向かい風に立ち向かうような「攻め」の姿勢を少し緩和しまして、背中を押してくださる「風」に少しは身を任せて、自由に仕事をしてみても良いかな、とも考えています。

 

今年も良い出会いが、いくつかありましたことに、感謝しています。

 

背中を押してくださる方々とも協力させていただきながら、

Now, it’s time to move on…

 

2017年。

I hope the year will treat us well.

英語の一般書いろいろ(+ACS, AMAのこと)

今回、英語の一般書を書いたため、英語の本って沢山 出ているなあ、と久しぶりに、少し「英語事情」を垣間見てみるようなことも、してみました。

多くの英語本が出ていることに、驚きました。

 

過去にはそのような英語関係の一般書も結構読んでいたのですが、最近はめっきり、愛読書が、偏っていました。

 

ここ数年の心トキメク愛読書は、変わらず、『ACSスタイルガイド(The ACS Style Guide)』です。

IMG_8242 acs

 

本当に、愛して、やみません。

 

とても細かいところが載っているところが、好きです。

 

●例えば、e.g.を私は、丸括弧の中だけで、使っています。つまり、本文中では、使いません。

特にACSにしたがっていたわけではないけれど、それが良いと自分で思って、そのようなスタイルに決めていたところ、ACSにも、次の記載がありました。

 

****

The ACS Style Guideより:

➤ Use “e.g.”, “i.e.”, “vs”, and “etc.” only in figure captions, in tables, and in parentheses in text. Elsewhere, spell out “for example”, “that is”, “versus”, and “and so forth”.

 

e.g., i.e., v.s, etc.などは、図面の説明(figure captions)、表(tables)、本文中の丸括弧( )でのみ使う。それ以外の箇所では、for example, that is, versus, and so forthなどとスペルアウトする。

****

 

●次に、結構多くの翻訳者の方々が、参照符号が2つある時に、systems 12, 13のように、符号を羅列しているのを目にします。それが正しいのかどうかの議論は避けて、私は、systems 12 and 13と、普通にandを使ってつないでいます。

なお、丸括弧を使う場合には、systems (12, 13)のように、andを省いてコンマでつないで、書いています。

これも、自分のスタイル(というか、納得のいく形)として、これまで採用してきましたが、このことに関連して、ACSには、次の記載があります。

 

****

The ACS Style Guideより:

➤ Use a comma between two reference callouts in parentheses or as superscripts.

Lewis (12, 13) found

Lewis12,13 found  (*12,13は上付き)

When the reference numbers are on the line, the comma is followed by a space;

when the numbers are superscripts, the comma is not followed by a space.

 

●丸括弧に入った場合に12, 13のようにandが不要になる。ちなみに、スペースは必要。12,13は×。12,13(スペース無し)は、上付き文字の場合。

****

 

丸括弧以外にも、上付き文字の場合も、andではなく、コンマでつなぐ、ということが記載されています。

また上付き文字の場合、符号同士の間には、スペースが不要です。

 

つまり、12, 13や12,13とandなしに書けるのは、上記の場合(つまり丸括弧に入った場合、および上付き文字の場合)、と理解をしています。

 

さらには、上記「丸括弧に入った場合のand不要」の前には、ダメ押しの、次の記載もあります。かなり丁寧なスタイルガイドです。

 

*****

➤ When two numbered items are cited in narrative, use “and”.
Figures 1 and 2
refs 23 and 24
compounds I and II

番号符号付きの要素を説明文で使う時、andを使ってください。

*****

 

このような、一見細かい点、にも「答え」があることを知ること、そして、自分が納得できる表現を探して翻訳スタイルを決めていくことが、翻訳者として気持ち良く仕事をすすめていくために、大切だと思っています。

 

 

個人的に、ACSの次に好きなのは、AMAスタイルガイド(AMA Manual of Style)です。

こちらも大変細かい「知りたいこと」が載っていると思います。

 

たとえば、私は、「簡単な単語」がより好ましいと思っているため、日本語に「利用する」とあっても、utilizeは通常は使いません。

より平易なuseを使います。

 

したがって、セミナーでは、次のことを、伝えてきました。

 

●utilizeはuseで代用しましょう。

●使うのは、utilization factor, utilization rate(利用率)の場合くらいです。

 

なお、utilization factor, utilization rateという表現には、やはりutilizationのほうが適切だなあ、と思って使ってきました。例えば「光利用効率」などといった文脈で、utilizationを使ってきました。

 

このことに対して、次の記載を見つけた時は、嬉しかったものです。

間違っていなかった、と自分のスタイルを後押ししてもらったようでした。

 

 

****

AMA Manual of Styleより:

Use is almost always preferable to utilize, which has the specific meaning “to find a profitable or practical use for,” suggesting the discovery of a new use for something. However, even where this meaning is intended, use would be acceptable.

 

– useはutilizeより通常好ましい

– utilizeはfind a profitable or practical use for it(有益または実用性を見出す)という意味

– その意味であっても、useが許容

(→つまりuseを使いましょう)

 

例文: utilizeが意味上正しい例

During an in-flight emergency, the surgeon utilized a coat hanger as a “trocer” during insertion of a chest tube.

 

Some urban survivors utilized plastic garbage cans as “lifeboats” to escape flooding in the aftermath of Hurricane Katrina.

 

Exception: Utilization review and utilization rate are acceptable terminology.

 

– 例外:utilization review, utilization rateはOK

****

 

 

とても良い、スタイルガイドです。

 

 

さてさて、本日の本題は、英語の一般書でした。

 

春から担当してきた技術英語研修がそろそろ終盤に向かっていますが、そこでは、「皆様の今後」→independent self-learnerまたはindependent self-editor of your Englishへ、ということを目指して、英語の勉強を続けていただくための色々な書籍を、紹介しています。

 

その中で、「英語の一般書も読んでみたい」、というご意見があったので、自宅の本棚から、一般書もいくつか、持参してみました。

またこの機会に、最近の書籍も少し買ってみましたら、結構、面白かったです。

 

IMG_6891

 

 

英語の一般書、色々あって、目移りするかもしれません。

IMG_8511

 

書籍は、当たりでもハズレ(?)でも、とても、良い買い物だと、思っています。

目に付くものなんでも、買ってみれば良いと考えています。

 

私も一応の著者として、本が一日で書けるものではないことを知っていますので、著者の人生をかけた産物を手の届く価格で購入できること、とても素晴らしいことだと思っています。

 

したがって、それぞれの著者に敬意を持って、知識をもらえることに感謝をしながら、本を開くようにしています。

pagetop