ユー・イングリッシュ

?= $title; ?>

パイプライン方式でアイディアを投入・実現(Some thoughts on what I do)


仕事の中で生まれる様々なアイディア、それをどのように実行に移していくか。

私の場合、たいへん横着ではあるのですが、思いついたらとりあえずやってみる。特に、「~が終わってから」や「~の時期が来てから」ではなく、思いついたその日に、少なくとも、「種をまく」ことをします。

 

あらゆる「思いつき」は、それほどバラバラしたものではなく、一つの大きなテーマにすべてが関連していて、一つのゴールに、向かっていますので、その「種まき」にかかる時間が、他の仕事の大きな邪魔をする、ということは、ありません。

 

そして、それが失敗したとしても、別に何かを失うことはなく、ただ単にまた一からやりなおすだけ、といった、イメージです。

 

「失敗」に関しては、ある方の言葉が、最近、参考になりました。

 

「成功すれば、ヒーローになれる。

失敗したら、(        )になれる。」

 

 

下の括弧に入るのは何か。

日本人的感覚ですと、もしかすると「敗者」はイメージが悪く、一度失敗したら、もう二度と日の目を見られないような気がするのかもしれません。

 

さて、括弧内の言葉。

「失敗したら、チャレンジャーになれる。」

 

そんなわけで、私自身は、何か新しいことを始めるとき、失敗が怖い、ということは全く考えません。もちろん、お客様への対応や、お客様あっての仕事の場合、失敗は、迷惑をかけて損失を出しますので、いけませんが、ここで言っているのは、「他の人に迷惑をかけずに、自ら新しいことを始める」場合の、成功や失敗のお話です。(なお、お客様あって、の場合は、とにかくご要望を満たせるよう、最大限の努力をします。)

 

さて、私の「種まき」イメージは、次の下の段、「パイプライン処理」のイメージ。

 

pipeline 1

 

(パイプライン処理とは、コンピュータ等において、処理要素を直列に連結し、ある要素の出力が次の要素の入力となるようにして、並行(必ずしも並列とは限らない)に処理させるという利用技術である。Wiki)

 

ちなみに、特許翻訳を初めて2件目くらいに英訳したのが上のような「パイプライン処理」でしたけれど、その当時、「1つめのジョブをパイプラインに投入する」といった日本語があり、どうしても「投入する」が訳せなくて、困っていました。

今思えば、日本語に縛られていたのでしょう。

 

さてさて、このように、仕事をするときにいつも頭になんとなく描くのが、「パイプライン処理」のイメージ。

 

1つのアイディアに対してアクションをおこし、パイプライン1に「投入」。

そのアクションがこちらに働きかけてくるまでは、結構、時間がかかるのです。それも、1日や2日ではなく、短気な私には待てないくらい、例えば1ヵ月や、数ヶ月、時には1年、など。

 

次のアイディア、や次の仕事が出てくれば、それもとにかく、次のパイプラインに投入。

 

そういったパラレル処理をしておけば、自動的に、前に投入しておいたパイプラインの仕事ができあがってきたり、その仕事の答えが実際に出て、そして、自動的に、自分はそれに取り組むことになり、自動的に、仕事が進んでいきます。

 

対して、上の図の「ノンパイプライン」にあるように、一つのアイディアが終わってから、次のアイディア、というように進む方法には、私にとっては、次の欠点があるように思っています。

 

ノンパイプラインの欠点:

一つのアイディアが実を結ぶまでに時間がかかるため、待っている時間が、苦しい。(すぐに応答が無く、長く待たされることが多いため)

 

その苦しさゆえに、または逆に、すぐに応答が来て、仕事を開始しないといけなくなった時に、自分に可能か、時間が割けるか、などを考えると、なかなか、一つのアイディアを実行することに踏み出せず、自分で、ブレーキがかかってしまいそう。

 

逆に、パイプライン方式のアイディア実現方法(勝手にイメージだけで当てはめて、名付けています)では、「今すぐ実質的なことをしないといけないわけではない」「とりあえず、アクションを起こしておけば、わき出たアイディアを忘れなくて済むし、一歩足を踏み出しておけば、心が落ち着く」という安心感から、本当に気軽に、アクションを起こすことができます。

 

私はちょっと横着すぎるところがあるのですけれど、そんな方式で、いつも仕事アイディアを、実現に向けて、気軽に(?)、実行しているわけです。

 

昨日夜中も、一つアイディアを、実行投入、しておきました(具体的には、一つ、企画書を出しました)。そのアイディアに対する応答が来るまでは、自分は他のことに、邁進できるわけです。そしてもしそのアイディアが実を結べば、その応答が来たら、自分は、即座にそれに向かって、邁進するわけです。

そんなパラレル仕事が、いつも私には、いくつか、平行して進行しています。失敗もある、成功もある、その中でいくつかでも、自分の思うことが実現すれば良いと思っています。

そしてそれらがつながり、一つのまとまった仕事が成し遂げられるといいな、と思います。

クレームが固まると、他は自ずと決まってくる(特許翻訳)


「どんな順序で、明細書を翻訳しますか?」

 

と、先の名古屋セミナーの懇親会で、聞かれました。

 

この質問は、これまでもたまに聞かれることがあったのですが、これまでに、「みんな順序は一緒でしょ」、と思っていた時期が、ありました。

 

なお、拙著にも書いていますが、私は基本的には、普通に、「タイトル」→「従来技術」と訳して、そして当然のことながら「サマリー」を飛ばし、「実施例」を丁寧に訳し、そして最後に「クレーム」→「アブストラクト」→「サマリー」と訳します。

 

「これ以外の訳し方があるのか?」、と疑問に思う時代もあったのですが、ここ最近、私がやっと、重要視できるようになったのは、つまり、浅はかな自分から、ほんの少しだけ進歩したのは、これらの一連の作業の中に、「クレーム英訳」を、同時進行で、挟んでいくこと(?)、です。

 

明細書をゼロから執筆する方は、「クレーム」から書くそうですから、私たち翻訳者も、それをほんの少しだけ、取り入れることが、できると思うのです。

 

なお、拙著にはそのあたりは詳しく書いていませんが、翻訳に入る前に、必ず「クレーム」(と、理解のために「図面」)を見る、ということだけは、書いています。

 

ちなみに、この「クレーム」を明細書翻訳の際に必ず見る、という作業は、なかなか、翻訳者には、面倒なことがあるようです。

 

私は、これを日常的に義務づけるためにも、わざと、「タイトル」と「独立クレーム」の主題の関係を確認するよう、自分に義務づけています。

 

もしも翻訳に急いでいて、クレームをじっくり読んでから明細書の翻訳に入りづらい時であっても、「タイトル」は必ずはじめに訳しますから、そのときに、クレームと対応付けて確認する癖をつけておけば、そのついでに、クレームも、読んでおくことができます。

 

実際は、「少し読む」ことに加えて、「クレーム英訳に少しトライしてみる」といったことも、全訳の前に、しています。ところが、クレームすべてを英訳するのはやはりはじめは難しく、従来技術から入って技術を理解しながら、そして実施例の内容も理解できた上で、結局は、「クレーム」を、訳すことになります。

 

さて、「クレーム英訳を挟む」、というのはどういうことかというと、ある程度、その案件の技術や発明のポイントが理解できた時点で、気が向いたところで、「クレーム」をざっと訳す、という段階を加えています。(案件によりますが)。

 

ところが、この段階では、たいてい、クレーム内でつながりにくいところや、まだ表現が確定していないところがあり、明細書との対応を確認しながらなんとか訳す、という作業で、終わることになります。

 

そして、しばらくしてから(つまり、実施例やその他の部分の英訳が概ね確定してきた時点で)、クレームを再度、「じっくり」訳します。

 

その際、名詞の単複から、あらゆる表現まで、実施例を頭に描きながら、和文が意図している権利範囲を頭に描きながら、じっくりと、「クレーム内」と「クレーム間」がつながるように、書きます。

 

さて、「クレーム」が決まった!(・・・本日の実際の翻訳です)

 

そうすれば、後は実は、とっても簡単。

 

それに合わせて、実施例を調整してリライトしていけば、良いだけです。実施例で「あれ?」「ん?」「一体何?」と確信が持てなかった点や、または和文のゆらぎなどに苦戦していた点についても、「クレーム」が決まれば、重要箇所とそうでない箇所も見えますし、とても楽に、「指針」を持って、英訳できます。明細書のサポート要件、といったところも、自然に、確認ができます。

 

本日の翻訳案件は少し難しいものでしたので、この「クレームを決める」というところが、実際に、「実施例」のリライトに、とても効果的に、働いています。

 

 

・・・と、こんな感じで、ケースバイケースではあるのですが、私もほんの少しずつ、進化しているかもしれません。

 

つまり、「誰がやっても同じ順序でしょ」と思っていた浅はかな自分から、自分なりに、少しのアレンジを加えて、「クレーム」が翻訳手順のはじめと真ん中と最後に位置するよう、つまりは、「クレーム」に重きを置いた、「クレームがすべて!」という本来の翻訳へと、ほんの少しですが、近づけることが、できつつあるように思います。

 

 

最後に、今、拙著「外国出願のための特許翻訳英文作成教本」を出版して、丁度1年となりました。

 

読者の方々に感謝をするとともに、書籍をヒントとして翻訳してくださる皆様、どうかご自身で各種アレンジを加えていただいて、よりご自身で納得される、より良い英文明細書へと、進化させていただきたい、と思っています。

 

この1年、私自身は、拙著に書いていた内容を、各種、アレンジしています。

翻訳の方法も、少しずつ、変わってきていることもあります。(「核」は変わっていませんが)

 

「Faberみたいに毎年アップデートを出せば?」、などども、先日の名古屋セミナーで言っていただきましたが、さてさて、私自身はそれほどの体力がなく、地道に自分自身をアップデートしながら歩むので精一杯です。

 

1年、経ちました。

ここに自分が元気に特許翻訳できていることに、感謝の気持ちが湧き出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

名古屋セミナー:私の収穫


Nakanishi IP Associates LLC (NIPA)社とユー・イングリッシュの共催で、先日、名古屋でセミナーを開催させていただきました。

 

強い米国特許を取得するために-米国における権利化実務の重要ポイント-
【第1部】 日米間における特許実務の違いを知ることの重要性
【第2部】 英文特許明細書のチェックポイント

 

 

第2部の私の担当部分の資料↓

seminar

 

seminar 2

 

米国代理人であるNIPA社の中西先生とは、ここ一年ほど(正確には半年ほど、かな・・・)、お仕事を、ご一緒させていただいています。

日本人による、日本人のための、丁寧で高品質なサービスが提供できないか、といったことを、一緒に模索させていただいています。

 

無駄なコストを省き、業界のすべてが一つの方向を向いて、仕事をする。そして、日本企業の適切な特許権利化、というゴールを目指す。

そのための、業界におけるそれぞれの協力関係、といったことをテーマとして(恐れ多く壮大なテーマ)、お話をさせていただきました。

 

名古屋での開催でしたが、東京や、関西や、また他の地域からも、27名の方々がお集まりくださいました。

ご参加者の皆様に、心より、感謝申し上げます。

そして共催のお声をおかけくださって、あらゆるご準備をしてくださった中西先生に、深く感謝しています。

 

ご参加者の皆様にとって、何か一つでも、有益な情報をご提供できたことを、またはせめて、楽しい時間をご提供できたことを、望むばかりです。

 

 

さて、私の方にも、とても嬉しい、セミナーの収穫が、ありました。

 

それは、ただの一翻訳者である、私の考え方、私の仕事の方法に、共感してくださる方が、いてくださったこと。

 

翻訳者、という、とてもちっぽけな存在ですが、思っていることを、話してみた。

そうしたら、「翻訳者」と「明細書作成者」、という、立場が全然違う、いわば目上の方々が、ある点において、共感してくださった、ということが、ありました。

 

これは私にとって、本当に、嬉しい出来事でした。

なんとなくではありますが、未来に向けて、明るい世界が、描けてきました。

 

皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

大人の学び


最近少しだけ、思いはじめたこと。もっと自由に、翻訳したいなあ。もっと自由に、英語を書きたいなあ。

 

「日本語から英語への翻訳」という枠組みを超えて、「技術をdescribe」したいと感じることが、あります。

 

特許翻訳は大好きで、心がドキドキ、ワクワク、本当にときめく仕事です。これを一生続けていくだろう、そのように心が決まったために、法人化しました。

 

しかし、ここにきて、もっと自由に書けると、より良いだろうなあ、と思うことが、たまにあります。

 

恐れ多いことですが、発明者の方に寄り添い、出願人企業様に寄り添い、技術を描写し、権利範囲を定義する英語を書けるといいなあ、というように、感じることがあります。

そんな力を、付けたいなあ。

 

しかしそのためには、自分には、全く、欠落していることがあります。

そう、知的財産に関する知識、技術に関する知識、これが足りない。

 

これらを埋めるために、現在、勉強中。

大人になってからの勉強というのは、目の前に必要になってきたことを、意味を見出しながらできるため、楽しいです。

何かの資格を取ることが目的でもなく、自分を大きく見せることが目的でもなく、ただ理解したい、ただ心が欲するままに、自由に勉強する。

 

得た知識を元に、ユー・イングリッシュとして、良いサービスが提供できるよう、努力します。

pagetop