ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

直訳はいけません(従来技術より)


英文特許明細書のどこをチェックすれば、英文を書いた方(翻訳者)の力量が分かるか・・・。

それは冒頭の「従来技術」の箇所だと思います。

 

特許明細書では、従来技術、サマリー、図面の説明、実施形態、クレーム、アブストラクト、と構成される中、もちろん、最も大切なのは、「クレーム」。

 

クレームでは求める権利範囲を定義しますので、もちろん、最も重要で、最も気合いを入れて訳出し、チェックする箇所です。

 

正直、「従来技術」は、ひとたび出願されたら、あまり、読まれることがないでしょう。引用する文書の引用番号さえ正しければよい、なんていうことを聞いたことすら、あります。

 

しかしこの「従来技術」、翻訳者の力量を判定するためには、最高の部分だと思います。

 

「従来技術」がすらすら読めて、問題無く訳出できていれば、その先の実施例、そして最後のクレームも、上手くいっていることが多いように思います。

 

逆に、「従来技術」が読みづらく、苦戦してしまえば、その後の「実施例」、は「なんとか訳出された文章」、そして「クレーム」が、「力尽きている文章」になってしまい、最も大切なはずの「クレーム」が破綻してしまう、といったことに、なりかねないようにも思います。

 

なお、たまたまそのクレームが上手くいくことがあっても、和文のスタイルや状態によって品質が落ちてしまう、といったように、不安定感が出てしまうように思います。

 

 

  • さて、本日、他の人が書いた英文をチェックしていて思ったこと。

 

「従来の技術」は、直訳ではいけない、ということ。

 

「特許翻訳には直訳が必要なのでは?」という意見を聞くこともありますが、これだけは、断言できる。「従来の技術を直訳(=一言一句、和文と対応させて、和文に似せて訳すこと)する必要は無い」、と考えています。

 

和文が伝えている内容を、ただ自然に読めるように英語で表現すればよいと思います。

 

どなたがどのような状況で英語に訳されるにしろ、もっと、もっと、頑張りませんか。

私も、頑張ります。

 

翻訳業界の現状を比較的多く見せていただけるようになった今、大変恐れながら、改めて、まだまだ、翻訳業界の品質の底上げ、が重要であるように、感じています。

 

または、新しい翻訳者層(海外からも含めて?)の参入により、新たな品質低下や不安定感が生じているのかもしれません。

 

日英特許翻訳業界は、大きな変化の時が来ているように、思っています。

 

何を目指すのか。

 

一体どのような料金で、どのような方法で、どのような翻訳を提供するのか。

 

私も模索中ではありますが、弊社としては、ある一本の道が、見えてきています。

 

日本の企業様、特許事務所様が、無駄なコストを省き、翻訳者・企業様、皆が一丸となって、「権利化」という一つの目的を目指す。そしてそれぞれが、自分の仕事に対して適正な対価を得る。そのための道、そのための方法を、模索中です。

 

話がそれましたが、個々の翻訳者としては、せっかく日英特許翻訳という素晴らしい仕事に関われるのですから、お客様の価値になれるよう、そして日本の英文特許明細書の品質向上に寄与することを目指して、仕事をすることが大切と考えています。

増刷に関して(4月に第二刷が出ています)


拙著「外国出願のための特許翻訳英文作成教本」の増刷はどうなっていますか?、と先日のセミナーご受講者に、お尋ねいただきました。

 

無題

 

 

第二刷は、2015年4月10日付けにて、出ています。

 

そろそろAmazonにも、入荷が始まっていると思われます。

 

Amazonサイト:

(もし在庫が切れたら、ユー・イングリッシュからもご購入いただけます。「お問い合わせ」ください。)

 

9月に上梓してから、こんなに早くに増刷していただけるとは思っていませんでしたので、ありがたい限りです。

読者の方々に、深く感謝いたします。

 

 

日本の企業様の英文特許明細書の品質改善を目指して、引き続き、努力いたします。

 

ユー・イングリッシュのセミナーご報告


5月9日(土)大阪開催、「極基礎」セミナーと工業英検1級演習講座が終了しました。

各15名程の熱心で素晴らしいご受講者に恵まれ、丸1日、良い時間を過ごすことができました。

 

P1000356

 

  • 「極基礎」セミナーでは、文法の基礎を中心に、各項目の極基礎~応用までを、ダイジェストで、ご紹介しました。途中、短文英訳演習も交えて、皆様の英訳をリライトしました。

9時半から12時40分まで、主な休憩は1回5分のみ。朝から少し、ハードだったでしょうか。

 

  • 工業英検1級演習講座では、忙しい、忙しい、時間。

【ライティング(タイマー8分)→リライト→解説】を、幾度となく、繰り返しました。

 

2級の最新問題(2015年1月)を使った初見英訳から、1級の英訳過去問題、1級を想定した要約問題、さらに1級の英訳、へとすすみました。

 

 

「皆さんの1分1秒を大切にしたい。(Every second counts.)」

 

そんな思いでセミナーを進めてしまうのは、私のいつもの癖で、年々、その思いが、強くなっています。

 

なぜなら、皆様とお会いできるのは、いつも、最後かもしれない、という気持ちでいるためです。

 

さて、ユー・イングリッシュのセミナー、昨年から走ってきましたが、これを最後に、一度、検討の時期に入りたい、と思っています。

 

 

しかし、セミナーの終わりに受講者から「次の講座は?」と聞かれたり、「講座に参加をし始めてから、実務の仕事が楽になりました。ほんと、助かっています。」、などと声をかけていただくと、また次を企画しようか、という気持ちになってしまう、単純な私でもあります。

 

 

ご要望があれば、開催したいと思っています。

ただ、いつも進化したいと思っていますので、同じセミナーを繰り返すのではなく、少し進化してから、また戻ってきたい、とも思っています。

 

またご受講生の方々も、次にお会いできるまでに、是非に進化を!

 

進化の速度がどちらが早いか、またまた、競争ですね。Push, Push, Push!!

各種ご報告も、楽しみに、お待ちいたします。

 

 

ご受講くださった皆様、いつもユー・イングリッシュを支えてくださる皆様に、心より、感謝いたします。

 

英文を読んで、内容を書いてみる練習のすすめ


多くの人が、マクロや翻訳メモリを利用しながら英文を書く仕事をする時代になってきました。

 

「機械と人の融合」による翻訳、それは、理想的でしょうから、異論は全くありません。

 

そこで「人」の側が行うべきと思うことは、真のライティング力の習得と維持であり、チェック力とリライト力の強化だと考えています。

 

そのために、本当に自分で書けるか?、を時折確認しておくことは、大切なのではないか、と思っています。

 

「ある部分は、たまたまとてもよい訳文」「他の部分で極端に精度が落ちる」といったことがないように、です。

(そのような「不安定感」が出てしまうと、発注側からすると、とても危険で、とても不安。)

 

したがって、機械を利用しているとしても、「素の自分」で英語を書く時間も、持ってみても良いのでは、と思うのです。

 

さて、例えば工業英検1級を想定した「英文要約」は、身近な資料で、どんどん、練習ができます。

 

●とにかく身近な英文を、読んでみる。

そして、読むだけでは、「ふーん」で終わってしまい、習得ができないので、●その内容を、自分で書いてみる。

書く時、できるだけ3Cテクニック(正確・明確・簡潔)を使って、伝わるように心がける。

 

英語に不安定感が出そうになったり、表現に迷ったら、●読んだ本文に戻って、本文から表現を少し真似る。

 

これを繰り返せば、「何が書いてあったかを考え、ストーリーを組み立てる」「伝わる英語で書く」「ついでに原文の3C英語も真似て習得する」といった練習が、一度のライティングで、できてしまいます。

 

単純な英訳とは違って、複数の効果がある英語の練習方法です。

 

さて、例えば5月9日(土)に予定している1級演習講座用に作ったのは、次の練習問題。(事前資料の中にお送りしています。)

 

*****

Gyroscopeに関する英文:

images

 

 

In early times, people discovered the spinning top, a toy with a unique ability to balance upright while rotating rapidly. Ancient Greek, Chinese and Roman societies built tops for games and entertainment.

 

The Maori in New Zealand have used humming tops, with specially-crafted holes, in mourning ceremonies. In 14th century England, some villages had a large top constructed for a warming-up exercise in cold weather. Tops were even used in place of dice, like the die in the contemporary fantasy game Dungeons & Dragons.

 

It was not until the late 18th and early 19th centuries that scientists and sailors began attempting to use spinning tops as a scientific tool.

中略

 

・・・

Foucault named his spinning wheel a “gyroscope”, from the Greek words “gyros” (revolution) and “skopein” (to see); he had seen the revolution of the Earth with his gyroscope.

 

Fifty years later (1898) Austrian Ludwig Obry patented a torpedo steering mechanism based on gyroscopic inertia. It consisted of a little bronze wheel weighing less than 1.5 pounds that was spun by an air jet (like Fleuriais’).

 

In the early 20th Century, Elmer A. Sperry developed the first automatic pilot for airplanes using a gyroscope, and installed the first gyrostabilizer to reduce roll on ships.

 

While gyroscopes were not initially very successful at navigating ocean travel, navigation is their predominant use today. They can be found in ships, missiles, airplanes, the Space Shuttle, and satellites.

 

****

英語を読んで、内容を書いてみる。

なかなか良い勉強法だと、思いませんか。

 

私自身は、仕事の合間に、結構、行っています。例えば技術の下調べをしたついでに、10分弱の時間を使って、Wikipediaの1ページから3, 4行にまとめる、とか・・・。

 

ポイントは、とにかく頭を使いながら、書いてみること。はじめは本文から抜き書きするようになっても、別に良いと思うのです。自信が付くにつれて、本文を一旦飲み込んだ上で、自分の英語で、出してみる。その際、素のライティング力が、露呈します。

 

工業英検1級の受験の有無、保有の有無に関わらず、今後も続けたいと思う、自分のライティング力のチューニング方法です。

 

******

5月9日(土)、午前に①技術英語「極基礎」セミナー、午後に②工業英検1級 演習講座、を予定しています。

 

①「極基礎」セミナーでは、普段じっくり考えることをおろそかにしてしまいがちな「名詞」「動詞」にまつわることから、比較や関係代名詞、その他の文法事項について、極基礎からその先の応用までを、ダイジェストで習得していただきます。

こちらのセミナーは、時間効率のこともあり、結構作り込んだ内容となっています。

 

②「工業英検1級 演習講座」、では、2級、1級レベルの英訳・要約の練習をします。こちらは、時間内での英訳・要約の数をこなしていただきたいと思っています。

pagetop