ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

Describe!


今日は 翻訳について、書きます。

 

日本語に引きずられてしまう場合の、私の対処法。

 

英訳する際、どうしても、原文の日本語に引きずられてしまうことがあると思います。

 

頭の中を日本語から引きはがして、「英語の頭」になって、英語で「技術を単純描写」する。

 

これが、なかなか難しい。

 

なお、自分で訳す時は上手くできても、人が訳したものをチェック&リライトするとき、これが、結構難しい時があることも、実感しています。

 

それはおそらく、「技術を理解し」「英語で描写する」ことと平行して、「他人の訳抜けや誤りがないかをチェックし」「和文作成者の癖や気持ちに寄り添い」「それを訳した第1訳者の思考回路を理解し」また「その第1訳者の癖を把握しようとする」といった複数の検討事項が入るため、頭の中を日本語から「引きはがす」ことが難しい時があるのだと思います。

 

 

いずれにしても、日本語から頭が上手く離れないとき、いつも、私が心で叫ぶ言葉(自分で自分に命令する言葉)。

 

Describe.

 

Describe!

 

Describe!!!

 

 

そう、技術を「説明」するのは、explain = 「説明」=give reasons、ではなく、describe = 「描写する」=「説明する」です。

 

特許明細書の「実施の形態」でも、表題にdescriptionという言葉を使っていますね。

 

Description of Embodiments=実施の形態の説明

 

 

 

Describe!  Describe!  Describe!

 

真剣に心で叫びながら、日本語から頭を引きはがし、英語で技術、発明の内容、を描写する。

(もちろん和文に書いてある内容を)

 

 

そして、英語での分かりやすい描写文ができあがったら、日本語とのずれがないかを確認して、さらにリライト、訳文が完成します。

 

 

本日少し頭を悩ませた一つに、「考慮する」という日本語がありました。

 

この日本語、随分前から、注意して、工夫して、英訳しています。

 

処理法はかなりのパターンを用意しているつもりでしたが、まだ悩むかー、自分。

いつまでたっても、成長がないなあ・・・

 

と思った一方で、この日本語の使われている背景が、あまりに多様に富んでいるために、一つの紋切り型な解決法がないのだとも思います。

 

 

翻訳者は、いつまでも、勉強。いつまでも、思考錯誤。

 

 

和文が伝える意図を、適切な英語で、読みやすい英語で、伝える。

しかも日本語の内容を足さず、引かず、英語で適切に伝える仕事。

 

 

何年たっても、進化しなければならない。

これは、翻訳者の醍醐味なのだと思います。

 

さて、今からもうひと頑張り、describe!

 

 

心に響いた言葉: 講義は1つのショー(Every lecture is an event.)


大学の授業がそろそろお休みに入ります。

秋期が、終了へ。

 

今期も、思考錯誤しました。

押して、引いて、押して、引いて・・・。

 

押して、押して、押して・・・。

 

講師の仕事は、誰か一人の心に響けば良い、と思っています。

 

押しが強すぎると、引いていってしまう学生さんも、いると思います。

 

そして、強く押すためには、講師側に、もっと、もっと、努力が必要です。

 

強く押しても、引いていかずに、ついて来てくれるようにするためには、ついて来られるように、導いていかないと、いけない。

 

目標(英語で書ける、英語で伝えられる)に対して、足りない部分は、何か。

目標に到達するために、scaffolding(彼らの足場を組み立てること)が、とっても、大切。

 

2006年から、何度と繰り返す授業において、今期は久しぶりに、思考錯誤しました。

 

来年度は、もっと良い授業ができるよう、頑張ります。

 

そう、初心に戻ろう。

 

MIT(マサチューセッツ工科大学)の先生の言葉を引用します。以前に公開インタビューを見ていて、心に残った言葉です。

FOR THE LOVE OF PHYSICS(邦題「これが物理学だ」)の著者、MITのWalter Lewin先生の言葉です。

 

 

Every lecture is an event.                                                        By Walter Lewin

 

 

そう、分刻みで90分のEvery lecture を企画し、まるで1つのショーのように魅せることに、真剣に取り組んでいた頃の、初心に、戻ろう。

(今も真剣ではあるのですが、「必死」だった頃の初心、はとても大切です。少しの経験を積んだ今よりも、初心の必死さ・抜け目ない準備が、良い授業を作るのではないか、と感じます。)

 

 

さて、秋期が終わると、今から春まで、集中講義や遠方の講義が入っています。

また、来年度は、結構な数の非常勤講師の予定が入っています。

 

 

Every lecture is an event.(毎回の講義は1つのショー)

 

 

一つ一つのlectureを、大切に、進めていきたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします


2015年に入り、慌ただしく時間が過ぎてしまいました。

新年のご挨拶には遅すぎますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

syogatsu

 

新しい年の抱負、というのを皆さん考えられたでしょうか。

私個人的には、あまり先のことを計画しませんが、今年は翻訳サービス・教育サービスともにグレードアップできるよう、色々と考えています。

 

まずは2015年1月、2月、3月に予定しているセミナー開催に、尽力したいと思っています。

 

●平野信輔先生の中級特別セミナー(1月31日開催)

 

このセミナーでは、私、中山とは異なるアプローチ、異なる雰囲気の中、実務の技術文書の書き方を学んでいただけると思います。

「読み手のイライラを無くす!」というテーマにより、3つのCの基礎から応用までを、丁寧に教えてくださると思います。

講座終了後、講師の先生とお話できる簡単な機会も設けてみようかと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

●工業英検1級対策講座 第1回、第2回(2月28日、3月28日開催)

 

こちらは、私、中山が講師を務めます。1カ月に1度、合計2回の開催です。

この2回の講座を、勉強のペースを整える機会としていただければと思っています。

 

つまり、2月の講座の前から勉強を開始いただいて、第1回から第2回の間も継続、そして第2回終了後は、5月、11月のの1級試験に向けて、具体的に、進めて欲しいと思っています。

短期間で、一気に勉強をしていただき、ライティング力を一気に伸ばして、また1級に合格する力をつけていただきたいと思っています。そのお手伝いを、最大限、させていただきます。

 

検定試験は一つの目安に過ぎませんが、資格は邪魔にはなりません。

工業英検1級の検定料金が高い、という意見を聞くこともありましたが、どうでしょう、高いけれど、場所をとらない買い物であり、困った時に自分を支えてくれる買い物でもあります。

資格試験の勉強がライフワークとなってしまってはいけません。さっさと取得し、指針を持った上で、実務のご実力をさらに磨いていかれると良いと考えています。

 

1級対策講座の残席は、第1回 3席、第2回 2席(2015年1月7日現在)です。ご受講者が最終確定し次第、さらに具体的に内容を詰めていくつもりです。

 

なお、2015年度は例年と異なり、工業英検の2級の試験が5月にはありませんので、2級受験をご検討の方は、ご注意いただければ幸いです。詳しい試験の日程などは、社団法人日本工業英語協会へお問い合わせいただければ幸いです。

 

 

●技術英語「極」基礎セミナー 第1回、第2回(2月28日、3月28日開催)

 

こちらは、技術英語の基本から、特に必須の文法事項を練習していただく予定をしています。

基礎文法の総復習と、必須文法の深い理解を目指していただくセミナーです。

比較的少人数のセミナーとなっていますので、ご参加ご予定の方は、事前にご質問や特に学びたい内容などがあれば、お寄せいただければ幸いです。

現在の残席は、第1回 1席、第2回 4席、となっています。

 

 

いずれのセミナーも、ユー・イングリッシュのセミナーページからお申し込みいただけます。

http://www.u-english.co.jp/seminars/

 

 

これらのセミナーを無事終えることができたら、少し異なる観点から、次のグレードアップしたセミナーのご提供を考えています。

 

2015年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

pagetop