ユー・イングリッシュ

ユー・イングリッシュ 中山裕木子 ブログ

前置詞を探る-untilの答えを探して


さて、先のブログに続いて、「untilの答え探し」、について、記載しておきます。

 

今から10年以上前、私のはじめての講師業の題目は、「冠詞」と「前置詞」でした。2時間半のセミナー、周到に準備をして、望みました。

 

前置詞のin, at, on, under, over, above, below…, before, after, between, from, toなんでも聞いて、という完璧な準備のもとに挑んだ始めてのセミナーでの、忘れもしない、受講者からの質問。

 

講師を値踏みするかのような、経験のありそうな男性からの質問でした。

 

 

「untilは、その時点を含みますか?」

 

 

その時点を含むかどうかの議論について、between, from, to, そしてbeforeとafterについては、答えられるけど、untilは? until??????

 

頭の中が、真っ白になりました。

満足のいく答えが、出せませんでした。

 

 

さて、セミナー終了後、冷静になって考えました。

なぜ、頭が真っ白になったのか?

なぜ、答えが出ないのか?

 

 

「~まで~する」というとき、untilはその時点を含むのか?

 

例えば

I work until 5:00 o’clock.

(5時まで働く)

 

5時になったら帰ってよい、ということは、5時は含むの?含まないの?

 

さて、この質問に、答えられなかった理由を、当時(10年余前)、自分なりに、納得しました。

 

理由は、untilがその時点を含むか、について、これまで考えもしなかったため、と理解しました。

 

つまり、before, after, from, to, betweenは、その時点に焦点が置かれることが多くありますが、untilについては、「~までずっと~する」、という「動作」のほうに文章の焦点がおかれ、その「時点」については、あまり、焦点が当たることが少ない、と思ったのです。

 

例えば、I have to submit the paper by 5 o’clock.(5時までに論文を出さないといけない)やI have to be here by 5 o’clock.(5時までにそこに到着していなければならない)、といった「期限」を表すものならともかく、I have to be here until 5 o’clock.(5時までずっとそこにいなければならない)という時、「5時を含むかどうか?」には、あまり、焦点が置かれることがありません。

 

含むのかなあ?含まないのかな?

 

少しだけ含む?「その時点」に触れる感じ? ←中途半端な答え。

 

さて、そんなことを心に引っかけながら、時が経ちました。

 

 

長くかかり、先のブログで書いたような考えに到達しました。

 

ヒントをくださったのは、京都のラジオ番組のDJ、佐藤弘樹さん

 

京都の「αステーション」、というラジオ番組のDJで、ワンポイント・イングリッシュ、という時間を、長年、持っておられます。

 

英語と日本語の両方の言葉と文化を愛し、深く知り、微妙な差異に迫られるところが魅力的な方です。

 

ラジオ番組の中で、先の例文、つまりThe shop is closed until Monday.について、触れられました。

 

答えは、「お店は月曜日に開く。」(通常の解釈)

 

運転しながらラジオを聴きながら、はっとして、メモを取っていました。

 

詳しく聞きたかった私は、質問をするために、数年後、佐藤弘樹さんに、会える機会をこじつけました。

 

ここまでくると、執念、ですね。

 

ダンディな声が素敵な、佐藤弘樹さん、丁寧に、説明をしてくださって、私の10年来の悩みに、答えが出ました。

 

さて、今日の雑談のまとめです。

 

疑問が生じたら、忘れてしまわないで、常に答えを探して「アンテナ」を張っていると、思わぬところで、納得できる答えが得られることが、あります。

 

納得できたら、前に進める、そうして一つ一つ、課題をクリアしていきたいと思います。

前置詞を探る—untilはその時点を含むのか?


11月の大阪開催基礎セミナーで、講義内の雑談で、前置詞に触れることがありました。話しかけたまま終わってしまいましたので、気になっている方がいらっしゃるかもしれませんので、ここに、記載しておきます。

 

お店の掲示例:

The shop is closed until Monday.

 

 

この場合、お店はいつ、開きますか?

月曜日でしょうか?火曜日でしょうか?

 

 

複数の方からいただいた予測:

「お店は火曜日に開く。つまり、月曜日まで、閉まっている。」

 

さて、このお店が実際に開いたのは:

「月曜日。」

 

 

「え?」・・・という感じでしょうか?

 

そう、前置詞は、その前置詞が表すイメージを、理解することが、大切です。一つ一つの前置詞を正しくとらえ、理解することが必須です。

 

個人的には、前置詞at, in, onにはじまり、of, by, with, over, under, above, below, それからacross, throughなどと、前置詞の深い理解が、比較的スムーズに、進みました(これらの技術英語で大切な代表前置詞については、拙著や各セミナーでもよく扱うため、説明を割愛します)。

 

そんな中、私が理解するのに時間がかかったものは、「untilはその時点を含むか」です。

 

私のuntilの結論です。

 

*****

untilの結論:

– 「継続の終了時」を示す。

– 「その時点自体は含むけれど、すべて突き通すほどは含まない」、と解釈するとよい(場合がある)。

–  解釈に悩む場合には、untilを使わず、より明確な表現を選択する。

 

 *****

 

上の例(The shop is closed until Monday.)の場合、「月曜日になる時点」は含むけれど、「月曜日すべてを突き通す」ほどは含まない、つまり月曜日ずっと休みである訳ではない。したがって、月曜日の、例えば朝10時、などには、「開店」している、ということになります。

(なお、別の文脈では、別の解釈がある場合もあるので、注意が必要です。)

 

 

 

加えて、技術英語の観点からは、曖昧に解釈が揺れる表現は使わない、ことが重要でしょう。

 

たとえば技術英語では、次のように具体的に書けば、明快でしょう。

 

The closedown period starts on XX(日付) and
ends on YY(日付). The shop will be open on ZZ(日付).

 

 

または、先の例であれば、次のように書くことができるでしょう。

The shop is closed now. It will reopen on Monday.

 

(このようなことを考えることになったきっかけについて、次のブログに記載しておきます。)

 

pagetop