ユー・イングリッシュ

?= $title; ?>

拙著のご感想


本日、関西方面にも拙著『特許翻訳 英文作成教本』が皆さまに届きはじめたようです(アマゾンでご注文くださった方です)。関東方面には、昨日、届きはじめたようです。

 

早速ですが、いくつかメールをいただきました。ご本人のご了承を得ましたので、ここに、掲載をさせていただきます。

 

書籍を「待っていただていた」方がいるということを、大変、幸せに思います。

 

 

*****

 

●O様(翻訳者様)のお声:

 

新刊の発売、おめでとうございます。実はずっと発売日を心待ちにしていまして、昨日、手元に届きました。

 

ページを開いた瞬間、先生の特許翻訳に対する取り組みが惜しみなく公開されていることに、文字通り感動しました。

 

私を含めて、世の中の特許翻訳者、特に独学している方々は、このような本を求めていたのではないでしょうか。

 

じっくり読ませていただいて、少しでも翻訳技術の向上に努めます。

 

私は和訳の場合に、非英語圏で翻訳された英文にイライラすることが多々あります。このご本が、世界中の特許翻訳者に読まれたら素晴らしいのにと思います。

 

p.397のメッセージの中で、Henry Fordと中山先生のメッセージがとても好きです。苦しくなったら、このページを読んで乗り切ろうと思います。

 

 

 

●T様(翻訳者様)のお声:

 

さっそく中身をスキムリーディングして見ました。私が受講した3年分のセミナーの内容もところどころ含まれていて、当時の先生の声が聞こえてくるようでした。

セミナーのテキストが凝縮されているようで、大変嬉しいです。

教わっても実際に出来てないことが沢山あり、冷や汗が出ます(笑)。(whether or notではなく、whether, as long asを使用しない等)読む度に先生の叱咤激励を受けているようで、大変刺激になります。常に手元において活用させていただきます。

 

本当に素晴らしい本です。四千数百円で先生の人生を垣間見れるなんて、本当に安いと思います!

 

出版まで、本当にお疲れ様でした。お陰で、何人もの特許翻訳者が恩恵に預かれるでしょう。本の力はパワフルですね。

 

 

 

●N様( 翻訳者様)のお声:

 

ただいま、ご著書を拝読いたしておりました。

 

スキルアップ読み物「分詞の疑問①分詞構文の活用方法を教えて」を読み終えたところです。

文末に置く分詞、大変参考になりました。

whichを使って全体を受けるべき?とも考えつつありましたが、先生の比較で一目瞭然でした。

2文に分ける、という選択肢もあるのですね。

流れを考えるべきこと、結論は自身で試行錯誤してたどり着くもの。

 

これまでぐるぐるしていた思考に光が差したようです!

 

 

*****

 

 

 

皆さま、書籍が届くやいなや、スキムリーディングしてくださったことに、感謝をしています。ありがとうございました。

「なぜ英語が好きなのですか」―拙著と誤記とお詫びと


「なぜ英語が好きなのですか」と尋ねられることが多くあります。ですから、その「想い」を、ここに英語で表してみます。

 

「想い」を伝えるためには、日本語よりも、英語のほうがストレートで簡単です。そのことこそが、私自身が、英語を好きになった理由です。

 

 

Afterword

I fell in love with English when I was 13. I liked the sound of English. I fell in love

with writing in English when I was 18. I liked the logical way of thinking and sequencing information in English. My shyness, hesitation, or reluctance to speak out, was replaced by my strong urge to convey information logically. I was a completely different person in English.

 

My initial passion for the logical way of thinking in English, in my teenage years, all came back to me when I started to work as a professional patent translator and learned Technical Writing in English, or writing correctly, clearly, and concisely.

 

My work as an instructor of Technical Writing is powered by my strong love for English. I want many people, including engineers and scientists, to find the beauty of English and love English. I want many English professionals, including translators of Japanese patent documents to English, to enjoy the beauty of English and deepen their love for English.

 

Keep writing and enjoy.

Yukiko Nakayama

 

 

 

拙著「外国出願のための特許翻訳英文作成教本」の原稿では、こんなAfterword(あとがき)を書きました。

 

「英語ライティングの楽しさを経験する人が、一人でも増えますように」、と願って書きました。

 

 

さて、本日ここに、このAfterword(あとがき)の原稿を共有させていただいたのは、拙著p401、このAfterwordに、誤記が生じてしまったためです。

 

2段落目で、…when I started to work as a professional patent translator and learned Technical Writing in English…としていたのですが、校正の最終段階で、私が余計な修正指示(learned→started to learnに修正)を出版社に出したことにより、修正指示が上手く伝わらず、不要語が入ってしまいました。(なお、著者である私ですが、今回、最後の修正後の原稿を、最終確認することが、許されませんでした。何度かお願いをしましたが許されず、その点、非常に残念に思っていました。)

 

 

実際の拙著で、次の誤記が生じています。著者である私の責任を重く感じ、ここに、お詫びと訂正をさせていただきたく、お願い申し上げます。

 

訂正:

P401, 2段落目

and started to learned technical writing(誤記)

→and learned technical writing(訂正)

 

 

 

出版社のホームページに、正誤表を掲載してまいります。

 

読者の皆様に、お詫び申し上げます。

 

大阪基礎セミナー第2回のその後


弊社開催大阪基礎セミナー(前5回)は、1ヶ月に1度の開催です。1ヶ月はあっと言う間。でも実は、結構、長いのです。

 

どのように長いかと言うと、1日は、当然ながら、「朝・昼・夜」、と3部構成です。3部構成の1日×31日で、1ヶ月は93の部分から構成されます。

93部もある!1部ずつ、乗り越えることが目白押しにたくさんあります。つまり、1ヶ月は短いようで、とても、長いのです。

 

さて、その1ヶ月を使って、皆さんそれぞれ、工夫して、英語ライティング力を伸ばして欲しい、ということをお伝えしました。

 

進捗状況のご報告を歓迎しているのですが、メールのご報告、どなたでも、くださいね。

 

次の方は、講座実施のの次の日に、ご報告を下さいました。(許可を得ましたので、ここに掲載します。)

 


大阪セミナーご受講者によるご報告:

 

先生のお話を伺うと、英語はもちろんですが、生き方が変わります。「時間が無い」は言い訳ですね。今朝から、犬の散歩中に「動詞集め」を始めました。


 

 

 

その後、どのような動詞が見つかったか、のご報告もいただきました。

ありがとうございました。

 

さらに引き続き、同じ方による、セミナーへの感想を掲載します。

 


セミナー中の英作は、体内の血が逆流する感じでした。

自分の頭の中がぐちゃぐちゃであることを思い知らされました。

また、短時間で紙に向かっての英作は、大変有意義と感じました。

・・・中略

11月の工業英検を受けることを目標にしようと決めました。


 

 

 

目標を定められたとのこと、素晴らしい!

大阪セミナーでは、その場の小手先テクニックの習得ではなく、皆さんの「今後の行動」につなげていただけることを、目指しています。

 

さて、9月6日の大阪セミナー第2回実施日に、ご受講者アンケートにご協力いただきました。

ご受講者の声をいくつか、ここに拾ってみます。適宜、抜粋して、簡略化しています。詳細なアンケート結果は、こちらをクリックしてご覧いただければ幸いです。

 

  •  2回受講させて頂きましたが、毎回分かりやすい説明、ありがとうございます。
  •  技術英文の指導だけでなく、英語の勉強法などもよく分かり、参考になりました。
  •  先生のセミナーを受けるともっと勉強しよう!もっといい英語が書けるようになりたいとモチベーションが上がります。
  •  私も朝の30分の勉強を頑張ります。
  •  自分の中でずっとあいまいなところが、少し明確に理解できるようになってきました。
  •  大変おもしろかったです。
  •  今まで何となくやっていたことが整理できて、とても勉強になります。
  •  英語のあたえる印象に、たくさん驚きました。正確な英語に迫っていく判断規準も印象深かったです。
  •  先生の勉強の仕方を教えていただけるのが嬉しく、生き方が変わります。
  •  なぜこの単語、表現がよいのかという理由説明があるのでわかりやすい。
  •  目的が明確で、それに沿った演習をしていただけるので、大へん勉強になります。
  •  毎回とても満足しています。
  •  中山先生の講座を受けると実力不足をひしひしと感じながらもやる気がアップします。
  •  講義の速度が刺激的に速く、家に帰って再度じっくりと復習したいと思います。
  •  冠詞の選択の仕方を頭の中で1つ1つ可能性を消していって、最終の冠詞にたどりつくことを瞬時にされていたことに、基本通りにされているのだと思いましたし、また日々の鍛錬がすごいのだとも思いました。
  •  参加して良かったです。
  •  動詞の選択の仕方、文章をいかにシンプルに分かりやすく書いていくか、どの文章もとても勉強になりました。
  •  他の方の訳文を拝見できるのも良かったです。発想や着眼点、参考になることがたくさんありました。
  •  テンポがとても良く、盛りだくさんのヒント、アイディアが盛り込まれ、新鮮でした。
  •  目からウロコが落ちました。
  •  盛りだくさんの内容でした。
  •  講座に出席するとやはり臨場感がありスリルを感じました。

 

 

皆様、誠にありがとうございます。

 

拙著への想い


さて、拙著の出版が近づいてきました。

 

特許翻訳の英語は、こんなに変わった英語でよいのか、法律の制約があるとはいえ、こんなに読みづらくてよいのか、と思いながら、10数年前にはじめた特許翻訳の仕事。

 

「特許英語は特殊なもの」、とある人は言いました。

 

「特殊」だから、理解しづらい英語でよい?

 

確かに、権利範囲を定義する請求項(クレーム)では、1ピリオドで、長い長い文章を記載しなければならない。でも、それを除けば、特許英語も、普通の自然に読める英語として書けないものか・・・、書くべきではないのか・・・、と考えてきました。

 

私自身が、2001年に工業英検1級試験で受けた質問は、次の通り。(なお、一受験者の立場から、振り返ります。そのような質問がなされる、という意味ではありませんし、模範解答があるわけでもありません。)

 

「あなた、特許翻訳してるの。特許翻訳は1ピリオドでクレームを記載するから、特殊ですね。そんな特許クレームにも、3Cは適応可能ですか。」

 

・・・、と、こんな感じの、質問でした。

 

私の即答:

「はい、どんな文書にも、3Cは適応可能です。特許クレームは確かに1ピリオドで長く書きますが、コロンとセミコロンと改行を使って、分かりやすく構成する手法があります。ですから、1つのセミコロンの部分をまるで1文のように捉えて、その中で、例えば「1文に1つの情報」「能動態」「SVO」などの、3Cテクニックを実現すればよいのです。」

 

こんなことを即答したところ、合格をいただきました。(これが模範、というわけではありません。一受験者として、振り返っています。)

 

そしてその後も、3C(正確・明確・簡潔)の手法が、特許翻訳でも使えることを確信しながら、特許翻訳の業務に、邁進していました。

 

いつしか、思うようになりました。

 

「3C(正確・明確・簡潔)を使って、特許翻訳の現状を変えることができないか・・・。」

 

「3Cを提案することが、他の翻訳者にとっても、役に立つのではないか・・・。」

 

「3Cテクニックを使って訳すことで、特許出願後に出されるオフィスアクション(拒絶通知)を減らすことは、できないだろうか。」

 

そんな折、お客さんから、とても嬉しい言葉をいただきました。

 

「拒絶を一度も受けることなく特許査定が下りた年間の案件中で、大半があなたの翻訳によるものでした」

 

恐れ多いことですが、3Cテクニックを使えば、お客様の益になるのではないか、翻訳者の独りよがりな満足を目的とした3Cではなく、本当にお客様の益になる3Cの生かし方があるのではないか・・・。

 

3Cと特許英語の融合について、本気で考えるようになりました。

 

そんなことで、3Cをテーマにした特許翻訳の書籍を書きたい、と思いました。

 

時間がかかりましたが、多くの方々に支えていただき、このたび、書籍を完成することが出来ました。

心より、感謝しています。

 

これからの私ですが、内容に関する色々なご指摘や、お叱りも含めて、すべて、引き受けていくつもりです。色々なご意見やご指摘にも耳を傾け、勉強して、進化したい、そして何とか実力を大幅レベルアップして、新たなステージで、特許翻訳業界の役に立つ仕事をしていくことを目指すつもりです。

 

 

そんな想いで、今、拙著を世の中に送り出す次第です。

 

外国出願のための

特許翻訳

英文作成教本

 

どうぞよろしくお願いいたします。

写真2(特許翻訳英文作成教本)

 

 

 

本日、今できる一歩を踏み出すこと


本日は、弊社大阪開催 技術英語基礎セミナー第2回でした。

 

大阪開催技術英語基礎セミナー:

http://www.u-english.co.jp/seminars/index.html#201408

 

第2回も無事に開催することができ、心より感謝しています。ご参加くださった方、お手伝いにご尽力くださった方、誠に、ありがとうございました。

 

さて、セミナーの冒頭で少し、「勉強時間の見つけ方」について、お話をしました。

 

一日の中で、何回くらい、勉強をするチャンスがあるか、ということについて、個人的な考えをお伝えしました。(内容は割愛します)

 

ここに、私の考えていることを、補足しておきます。

 

忙しくなると、どうやって勉強の時間を見つければよいか、と悩むことがあるかもしれません。

 

「誰にでも等しく24時間しかない一日」、これを私たちがどう使うかは、私たち次第です。

 

確かに、人によって、忙しさや、自分のためだけに使える時間、が物理的に違うことは、認めます。

 

では、「自分のために使える時間」が長い人は勉強がしやすくて、「自分のために使える時間」が少ない人は、勉強ができないか?

 

私はそのようには、考えていません。

少なくとも、そうではない、と思うことで、希望をつなげたいと思っています。

 

誰にでも平等の24時間、誰にだって、いろいろな事情があるのです。

 

仕事が忙しい人にはその人の事情、家庭が忙しい人にはその人の事情、子育て中の人も自分に裂ける時間は少ないかもしれません、そして子育て中でない人は、もしかするとペットのお世話が忙しいかもしれません。

子育てが終われば、親の介護?孫のお世話?そして自分自身の体調のこと・・・などなど、いろいろなことが、ずっと、続いていくのでしょう。

「落ち着いてから」、なんて考えていると、瞬く間に人生は終わってしまう・・・。

 

だから、「今」なんです、「今」。

今できることから、毎日、「一歩」を踏み出す。

 

無理はしなくてよい、でも、休んではいけない、つまり、毎日毎日、その日にできる「小さな一歩」を踏み出すことが、重要だと考えています。

 

 

実際、「小さな一歩」を踏み出すことで、驚くほど、心が落ち着きます。

たった一つだけれど、やってみた、そんな小さな積み重ねが自信となり、力となり、結果として大きなことが成し遂げられるのだと信じています。

 

 

さて、私は今日、これから翻訳をしますが、それが終わったら、小さな一歩を踏み出すつもりです。

10分でも、15分でも、次の目標に向える一歩を。

 

本日のセミナーで皆さんに最後に贈った言葉は、次のものです。

 

Push yourself. Physically, mentally, you’ve gotta push, push, push.      (David Gallo)

 

この言葉、成功への秘訣、だそうです。

 

 

 

学生達の声


2014年夏の学生アンケートを眺めていました。

「英語プレゼン」という高専生向けの授業で、英語ライティングの基礎から英語プレゼンまでを扱いました。

 

キラキラ輝く瞳、力強い瞳、そして懸命に苦悩する姿、そんな若い学生たちの心に何か残すことができていたら、とても嬉しいと思います。

 

一部、参加者のお声を掲載します。

 

● 同じ意味でも表現が次から次へと変わっていくところは、ただただ圧倒された。

● 簡単な知っている単語で、内容を伝える(直訳調ではなく)ということが少し はできるようになったかなと思いました。

● 本当に、英語に対する意識が変わりました。難しくて伝わらない言葉を使うよ りも、分かり易い表現を使った方が相手も自分も楽しく英語に接することができ ると感じました。

● 英語に対する見方がとても変わった。

● 中山先生の授業を初めて受けたとき、大きな衝撃をうけました。今まで持って いた英語への印象が大きく変わったと思います。英語=苦手なもの・嫌いなも の・分からないものだった半年前。しかし今は、英語は楽しいもの・もっと理解 したいもの・チャレンジしたいものに変わりました。ここまで英語について本気 でとりくめたのは、初めてでした。

● 毎回、先生の授業には驚かされました。自分たちの書いた文が、みるみるうち に、簡潔に、単純に、強く、そして分かりやすくなっていき、感動しました。

● 良いところを沢山ほめてくださったので、とても嬉しかったです。いつも楽し く、授業をうけることができ、沢山、英語の知識を得ることができました。英語 はもちろん、説明力、話の構成など、中山先生のスキルにすごくすごく感動しま した。本当にありがとうございました。

● 今まで英語にコンプレックスを持ち続けていたのですが、今回の講義で自分に 少し自信を持てるようになりました。

● 分からないことをいかに簡単な言い回しで相手に伝えるかということを強く考 えさせられました。

●とても楽しかったです。

 

みんな、私のほうこそ、2014年、すばらしい夏の思い出を ありがとう!

英英辞書Collins COBUILDの明快定義:Concise


前々回の記事で、英英辞書Collins COBUILDのCorrectの定義、Clearの定義を読みました。

 

定義をもう一度。

 

 

Correctの定義

If something is correct, it is in accordance with the facts, and has no mistakes.

 

 

Clearの定義

Something that is clear is easy to understand, see, or hear.

 

 

いずれも、分かりやすい定義です。

 

 

そして最後に、Conciseの定義を見てみましょう。

 

 

Conciseの定義

Something that is concise says everything that is necessary without using any unnecessary words.

 

 

 

もう一度。

 

Something that is concise (簡潔とは)

says everything that is necessary (必要なことすべてを言うこと)

without using any unnecessary words.(不要な言葉を一つも使わずに)

 

 

厳密で、明快な定義です。

簡潔、といってもただ短いことではない。「必要なことはすべてを言う」、つまり必要な語であれば、使ってよい、という点が重要です。

一方で、「不要な言葉」を一切削除することで、conciseを達成できます。

 

このように、英英辞書Collins COBUILDは、明快な定義により、英語の真の意味、微妙なニュアンスを伝えます。

(なお、収録語数の関係で、技術的な専門用語には弱いです。)

 

 

ちなみに、Oxford English Dictionaryでは、conciseは次のように定義されています。

 

Concise:

1. Of speech or writing: Expressed in few words; brief and comprehensive in statement; not diffuse.

(スピーチやライティングにおいて、少ない言葉で表現する。まわりくどくなく、簡潔で理解可能なように表現する)

 

理解はできますが・・・。

 

 

また、Longman Dictionary of Contemporary Englishでは、次のように定義されています。

 

Concise:

1. short, with no unnecessary words [= brief]:

(短く、不要な言葉がない。brief)

 

こちらも、普通の定義・・・。

 

 

これらと比較してみても、Collins COBUILDの明快さ、大胆さ、そして具体性、が理解できます。

 

 

なお、どの辞書がベスト、というわけではなく、上のOxford, Longmanともに、Collins COBUILDには無い利点がある辞書です。

 

大切なことは、各辞書の良い点を知り、目的に応じて組み合わせ、ツールとして使いこなすことです。当然ですが、辞書はあくまでツールです。「辞書に書かされる」のではなく、「辞書を駆使して、自ら考え理由付けをして書く」ことが大切、と考えています。

 

テクニカルライティングの3C


原点に戻ります。

テクニカルライティング(Technical writing in English)とは、情報を伝える英語、実務の英語、会社などの機関が作成するあらゆる文書(マニュアル、仕様書、提案書、報告書、論文、特許文書など)に使う英語のことです。

 

「伝える」ことが目的の文書、誤りはご法度、Correctが最も重要です。

技術文書に少しでも誤りがあると、文書全体の品位・質が落ち、文書の中身が疑われることになります。

 

そして次に大切なのが、ClearとConcise。

文書が複数の解釈を与えず、誰が読んでも「明確に」内容が伝わることが重要です。

そして、忙しい読み手に読んでもらうため、それから明確に内容を伝えるためには、「簡潔性」も必須の条件となります。

 

Clearであり、Conciseであることが、Correctになる可能性も高めます。

 

これが、テクニカルライティングの「3つのC」です。

 

  • Correct          正確に書く
  • Clear             明確に書く
  • Concise         簡潔に書く

 

 

今日は、原点に戻りました。次の記事では、1つ前の記事に続いて、Collins COBUILDの”Correct, Clear, Concise“の定義を読みます。

pagetop